CATEGORY

POSTED BY 料理家、レシピライター taki 掲載日: FEB 5TH, 2022.

炊飯器レシピ【5】記念日ディナーに作りたい!「ローストビーフ」

忙しい日や洗いものが面倒な日は、炊飯器レシピに頼ってみませんか? 具材を入れてボタンを押せば、あっという間にできあがります。炊飯器といえど、侮るなかれ。メイン料理からスイーツまで、そのバリエーションの幅広さにびっくり。全11回でさまざまなレシピをご紹介します。水分量や使い方のコツをおさえれば、あなたもきっと炊飯器マスターになれるはず!? 第4回目は記念日ディナーやおもてなしにも使える「ローストビーフ」をご紹介。炊飯器の保温機能を使う裏技です。

>>>炊飯器レシピ【4】ホロホロやわらか。「豚の角煮」

「ローストビーフ」のレシピ

※炊飯器での低温調理は一般的に炊飯器メーカーからは推奨されておりません。ご家庭での衛生管理とご責任の上、調理してください。
※炊飯器の種類によって、米以外の炊飯調理ができない機種があります。ご家庭の製品を確認の上、調理を行ってください。
※調理機能がある場合は、レシピに合う調理モードをお使いください。
※蒸気での火傷に十分に注意してください。

ローストビーフとサラダ

大事な日のディナーに作りたい「ローストビーフ」のレシピ。フライパンで焼いたり、オーブンで焼く方法もありますが、実は炊飯器でも作れるんです。

このレシピでは安全に食べていただけるように、レアすぎず硬すぎずちょうどよい火入れに。おうちの炊飯器の保温機能を活用して、おいしいローストビーフを作る裏技をご紹介します。

材料

  • 牛もも肉ブロック・・・350〜400g(厚さ3〜4cm)
  • 塩・・・牛肉の重量の1%
  • ブラックペッパー・・・適量
  • にんにくチューブ・・・5cm(すりおろしでも可)

※筆者は5.5合炊きのマイコン炊飯器を使用しています。
※牛肉の厚さや部位によって調理時間が変わるため、火入れ時間は適宜調整して下さい。

作り方

1. 牛もも肉ブロックは使う前に常温に戻しておきます。

2. 表面にフォークで穴をあけ、ポリ袋に入れます。そこに塩・ブラックペッパー・にんにくを入れてもみこみ、15分ほどおきます。

3. 熱したフライパンにサラダ油(分量外)をひき、強火で表面を焼きます。表面に火が入り、少し焦げ目がつくくらいが目安です。

4. 焼いた牛もも肉のブロックにラップをぴったり巻きます。さらに耐熱の食品用保存袋に入れます。

5. 炊飯器に保存袋に入れた牛もも肉を入れ、沸騰させたお湯を浸るくらい入れます。

6. 保存袋の上に耐熱皿をおき、浮かないようにしたら、炊飯器の保温モードを使って、2時間ほど保温します。

※保温モードの温度設定があるものでは、「高め」を選んでください。
※炊飯器の保温機能は60〜75℃に設定されているものが多いですが、機種によって違うため保温時間は適宜調整してください。

7. 炊飯器から出したら、真っ赤な汁が出ないか、やわらかすぎないかをチェックします。できれば中心温度計を用いて調理するのが好ましいです。

※食肉の食中毒予防の観点から、中心部を75℃1分以上の加熱する必要があります。したがって、それと同等の加熱時間(中心部の温度が69°C4 分・68°C5 分・67°C8 分・66°C11 分・65°C15 分)が必要です。

8. 火が入っていたら薄くスライスしてできあがり!

サラダと一緒に盛ると、華やかな一皿になりますよ。お好みのソースをかけて召し上がれ。

おすすめのソース「わさびじょうゆソース」

そのままでもおいしいローストビーフですが、ソースやマスタードをかけて食べるのがおすすめ。その中でも簡単かつ間違いない味の「わさびじょうゆソース」をご紹介します。ささっと混ぜるだけなので、すぐ作れますよ。

レシピと作り方

  • しょうゆ・・・大さじ1杯
  • わさびチューブ・・・4~5cm
  • オリーブオイル・・・大さじ1杯

材料をすべてボウルに入れて、ホイッパーでしっかり混ぜればできあがり。

あっというまにできあがるので、食べる直前でも作れるレシピです。鼻にツンとくるわさびがアクセントになって、ローストビーフが何枚でも食べれそう!

【参考文献】
・食品安全委員会, 肉を低温で安全においしく調理するコツをお教えします!, 閲覧日2022-1-31, https://www.fsc.go.jp/foodsafetyinfo_map/shokuhniku_teionchouri.html
・厚生労働省, 食肉の加熱条件に関するQ&A ,閲覧日2022-1-31, https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000365043.pdf

[All photos and recipes by taki unless otherwise noted.]

>>>材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【41】なぜかエスニックな焼うどん!

>>>【食のプロが食べ比べ】タレの進化に期待!業務スーパーの冷凍焼鳥5袋を比較

>>>小松菜は栄養豊富! 選び方や冷凍・冷蔵保存方法は?【専門家監修】

taki

taki/料理家、レシピライター

製薬会社を退職し、飲食業界へ。様々な店で修行しながら調理師資格を取得し、おべんとう屋"takiben"を創業。その後はレシピ開発やデザイン、レシピライターとして活動中。Web媒体へ多数のレシピ掲載実績を持つ。 「おうちの料理人のみなさんに、作る喜びを味わってもらえるような記事を目指します。」

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事