CATEGORY

POSTED BY ライター・エディター・ディレクター たい 掲載日: OCT 30TH, 2021.

47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権!【41】「1300年カレー」|奈良県

みなさんどんなカレーが好きですか? ビーフ? ポーク? チキン? 日本全国にはご当地食材を使ったクマやトマト、サクランボなど、ご当地カレーが目白押し! インパクトが強すぎてその味まで舌が追い付けないこともありますが!? お家で楽しめるお取り寄せご当地カレーの第41回目は、奈良県の「1300年カレー」を紹介します。

お取り寄せご当地カレー奈良県1300年カレー

奈良時代の食材だけで作られた創作薬膳カレー

ブラックパッケージに黄金色に光り輝く“1300年カレー”の文字。なんともインパクトたっぷりなカレーですが、今から約1300年前、奈良時代の食材だけで作られたカレーなのです!

カレーは釈迦がスパイスを合わせて作った薬膳が始まりともいわれ、もしかしたら奈良時代の人もこんなカレーを食べていたかも? と思わせる、想像力を膨らませる“幻の薬膳カレー”に仕上がっているのだとか。

今のカレーとは別物!? 1300年前の優しい味

パウチを開けると、ゴロゴロの具材がこぼれ落ちます。ルーにサラサラ感はなくドロッとした感じ。やや緑がかった独特なルーが印象的です。

奈良時代にあった食材だけで作った創作薬膳カレーということからもおわかりのとおり、動物性食材は一切使われていないベジタリアンカレー。里芋やダイコン、レンコンなどの野菜がたっぷり入り、野菜の歯ごたえと風味がしっかりと残り食べごたえ十分。奈良時代にはなかったタマネギやトマトの代わりにナスやシイタケを使い、酒粕や味噌、ゴマ、山椒などがスパイス&隠し味に。

ただし一般的なカレーをイメージして食べると、その風味は異なるので悪しからず。なんせ1300年前のカレーなんですから、想像を超えている!? のは当たり前かもしれません。ガツンとくるようなカレー独特の風味はありませんが、野菜が溶け込んだ、優しくまろやかで素朴なお味が広がります。

奈良時代のお味に思いを馳せながら・・・

奈良時代にあった食材だけで作られた「1300年カレー」。一般的なカレーとは一線を画す優しい風味をもっています。そのお味に意見は分かれるところですが、“カレー”ではなく、“1300年前の料理”を食べていると思えば、時を超えた風味に出会えるのでは。

【1300年カレーDATA】
インパクト ★★★★☆
甘さ      ★★☆☆☆
辛さ      ★★☆☆☆
おいしさ   ★★☆☆☆
(おいしさ/★リピートしない ★★1食で十分 ★★★おいしくて満足 ★★★★リピートしたい ★★★★★探してでももう一度食べたい)
※あくまでも個人的な見解なのでご参考程度に!

【1300年カレー】
699円(税込)
内容量:200g
賞味期限:―
[奈良まほろば館]
[楽天][amazon]

[All Photos by ©tawawa]

>>>【業務スーパー】葱と生姜の調味料「姜葱醤<ジャンツォンジャン>」が万能すぎ!時短レシピに最適

>>>【カルディ】かければ無限サラダ完成!きのこご飯のアレンジレシピも。もへじ サラダの旨たれ

>>>これ全部で1000円以下!知る人ぞ知る【紀ノ国屋 製造部 直営売店ルポ】パンもスイーツも安すぎて興奮!店ごと買い占めたい〜

たい

tai/ライター・エディター・ディレクター

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌などで豊富な取材を経験。お家で仕事をすることも多いライターだから、“家もいいよね”といえる「イエモネ」な居心地は大切! 読者やユーザーの案内役・ナビゲーター的な距離感を大切に、ライフスタイルにヒントやうるおいを与える情報を発信。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事