CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: SEP 24TH, 2020.

植木おじさんに聞く【9】空間を美しく演出、場所を取らずに飾れるハンギンググリーン

何気ない日常を少しだけ特別なものにしてくれる、お花や植物。それは、通勤途中に見かける四季折々の花だったり、お祝いごとのブーケだったり、インテリアを彩る鉢植えや観葉植物だったり・・・。そんな植物たちから、今日も元気をもらいましょう!この連載では、お花や植物選びのコツ·育て方などを、園芸に造詣の深い植木おじさんことTさんに教えてもらいます。

shutterstock.com

今回は「植物を吊るして楽しむ、インテリア性の高いハンギンググリーン」について。場所を取らずに楽しめる、ナチュラルかつオシャレなアイテムです。

ハンギングに向くのは、どんな植物?

多肉植物のグリーンネックレス
shutterstock.com

ポトスやアイビー、オリヅルランなどの観葉植物、パールのように可愛らしいグリーンネックレスなどの多肉植物、シダ植物のボストンファーンなど。「水やりの回数が少なく、お手入れの手間がかからない植物が向いています。サイズは小さめのものを選ぶとよいでしょう」(Tさん)

どこに吊るしたら?

shutterstock.com

“カーテン越しの窓際、直射日光に当たらない風通しのよい場所”(Tさん)ということで、天井や壁などから吊るしてみましょう。カーテンレールにS字フックを付けて吊るしたり、ハンギングポールを使用するといった方法もあります。

育て方のポイント

密集した葉が垂れ下がる様子が美しい、爽やかな印象のボストンファーン
shutterstock.com

多肉植物は霧吹きで水やり(週に1回程度)、観葉植物とボストンファーンは土の表面が乾いたら水やりを。お手入れの詳細は、多肉植物および観葉植物の記事でそれぞれご確認ください。

実録! すくすく成長する、ハンギンググリーン

我が家のハンギンググリーン(多肉植物)とマグカップのアロエ
(C)sweetsholic

我が家では、小型の多肉植物を小さなガラス鉢に入れて、鉢に麻のヒモを結び付け、木製のボックスにくくりつけて楽しんでいます。月1回程度の水やりながらぐんぐん成長して、初代の小型アロエは1年でガラス鉢におさまりきらないほどの大きさに。アロエはマグカップに植え替えました。

というわけで、少々水やりを忘れてもすくすく成長してくれるので、ハンギンググリーンはガーデニング初心者にもおすすめのアイテムです。

ハンギンググッズはここで買える

shutterstock.com

選ぶ植物だけでなく、コットンやリネンの鉢カバーにアンティーク風バスケット、温かみのあるマクラメプラントハンガーといったグッズ選びも楽しみのひとつであり、インテリアをオシャレに彩るポイントでもあります。植物とのバランスを考えて選びたいですね。

ハンギンググッズは、インテリアショップのアクタス無印良品やスウェーデン家具のイケアほか、楽天などの通販サイトでも購入可能です。

空間を美しく、ナチュラルに演出してくれるハンギンググリーン。秋の模様替えに、取り入れてみてはいかがでしょう?

ガーデニング雑貨 ハンギング
[楽天]
マクラメ プラントハンガー
[楽天]

植木おじさん(Tさん)···ガーデニング&家庭菜園を始めて早30年。都内にある自宅にはガーデニングスペースのみならず、温室も併設、蘭の栽培が得意。愛読書は『趣味の園芸』と『趣味の園芸 やさいの時間』。お花と野菜のことならお任せあれ! 

[Photos by Shutterstock.com] 

>>>連載「植木おじさんに聞く」シリーズ バックナンバーはこちら

>>>【100均まとめ】可愛くて便利!100均で買えるおすすめ商品20選〜ダイソー・セリア・キャンドゥ〜

>>>イケアで買ってよかったおすすめ商品ランキング【レストラン紹介や裏技、編集部おすすめ16選も!】

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

暮らし/生き方の記事