CATEGORY

POSTED BY 編集/ライター はな 掲載日: MAY 20TH, 2020.

【二十四節気】「小満」の読み方や意味は?何をする?

「小満(しょうまん)」は、季節の指標である「二十四節気」の8番目の節気。「草木が成長して天地に満ち始める頃」という意味で、2020年は5月20日(水)〜6月4日(木)です。小満の頃は、麦の収穫期である「麦秋(ばくしゅう)」と呼ばれる時期。本格的な梅雨入りはまだですが、ぐずついた空模様の日が続きます。この時期におすすめの食材はサクランボ。人気の高い佐藤錦が出回り始めるのもこの頃です。


毎年5月21日頃からの半月間は、「小満」と呼ばれる季節。由来や気候の特徴、この時期の楽しみ方を、和文化研究家の三浦康子さんに教えてもらいました。

小満とは?

小満とは「草木が成長して天地に満ち始める頃」という意味。昨秋に植えた麦の穂が実り、「少し満足する」というのが語源という説もあります。二十四節気の8番目、夏を6つに分けたうちの2番目の節気で、毎年5月21日〜6月4日頃にあたります。今年は5月20日〜6月4日です。

小満の頃は、麦が実る時期。米を収穫する時期が秋であることから、麦の収穫をするこの時期は「麦秋(ばくしゅう)」と呼ばれます。

稲作農家では田植えの準備を始める時期。次の節気である芒種(ぼうしゅ)には、本格的な田植えの時期に入ります。

ぐずつく空模様が続く「走り梅雨」

小満の頃、数日間にわたって梅雨のようなぐずつく空模様が続きます。これは本格的な梅雨になる前の、「走り梅雨」「梅雨の走り」と呼ばれる天候。明けると陽気が戻りますが、そのあとに本格的な梅雨がやってきます。

ちなみに沖縄には次の二十四節気の「芒種」と合わせた「小満芒種(スーマンボースー)」という言葉があり、梅雨を意味しています。

夏の衣替えは6月1日が目安ですが、走り梅雨に入る前か、明けた直後の晴れた日に行うとよいでしょう。

旬のサクランボを味わおう

小満の時期に旬を迎える食材の中で、おすすめはサクランボです。特に人気の高い品種である「佐藤錦」が出回るのは5月後半くらいから。サクランボは追熟しない果物なので、一番おいしいタイミングで収穫されます。数日で傷んでしまうので、入手したら新鮮なうちにいただきましょう。

大量に入手したり少し傷んでしまったりしたときは、ジャムやコンポートにして、アイスやヨーグルトに添えてみて。サクランボ独特の甘味と酸味を堪能してください。

監修:三浦康子
和文化研究家。日本の文化を今に生かす方法をさまざまなメディアで提案。「行事育」提唱者。著書に『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)他多数。
http://wa-bunka.com/

[All Photos by shutterstock.com]

>>>「二十四節気」とは?

>>>【連載】小さな家の豊かな暮らし〜オランダ発 タイニーハウス 〜

>>>【連載】お家で島時間〜お取り寄せ島グルメ〜

>>>【連載】ブルーノ生活〜レシピとアイデア〜

はな

hana/編集/ライター

コーヒーチェーン副店長から編集の道へ。現在は保育園児の母とフリーランス編集者の2足のわらじを履く、なんちゃってワーキングマザー。スポーツ観戦が生活の一部で、贔屓チームの勝敗が体調に影響を及ぼす厄介な体質。ワールドカップの日本開催を機にラグビーも勉強中。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

暮らし/生き方の記事