CATEGORY

POSTED BY ライター Nao 掲載日: SEP 10TH, 2020.

【お取り寄せ】食べればやみつき!味の濃さが衝撃的な“エビベジ”の野菜ボックス

新型コロナウイルスの影響で、家で過ごす時間が長くなった今。料理が以前よりも好きになったという人も多いのでは?メニューがマンネリ気味と感じたときは、いつもと違う食材を使ってみるのもおすすめ。なかでも良質な野菜を選べば味わいも格段と豊かに!今回は、日々の食卓を彩ってくれること間違いなしの「エビベジ野菜ボックス」をご紹介しましょう。

エビベジ

大地の旨味が凝縮!五感で味わう野菜

海老原ファーム
(C)海老原ファーム

「エビベジ野菜ボックス」を手がけるのは栃木県下野市にある海老原ファーム。年間で90品目以上の野菜を育てる家族経営の農園です。

日本人が昔から食べてきた野菜の味わいを研究するなか、“水加減”に着目。野菜に水をギリギリまで与えず、時間をかけて育てることで、味や香り、歯ごたえ、みずみずしさの変化を発見したとのこと。農薬もできるだけ使わず、一つひとつの野菜に適した育成の追求によって、最高の状態での出荷が可能に。

大地の旨味が詰まった野菜は次第に評判を呼び、現在ではホテルニューオータニをはじめ、数々の名店へ提供しているのだそう。

エビベジ 野菜

野菜ボックスは小(10種前後/3,000円)と大(13種前後/5,000円)を用意。共に送料・税込。クール便で届くので夏季でも安心です。

野菜宅配 おすすめ

内容はおまかせ。今回は小松菜、モロヘイヤ、つるむらさき、にんじん、きゅうり、丸茄子、島オクラ、赤パプリカ、三尺ささげ、ハーブセットの10種類。お馴染みの野菜もあれば、珍しい子も。

スーパーで選ぶと、つい同じアイテムばかり買ってしまうのですが、おまかせならば旬の野菜を満遍なく楽しめるのも魅力。何よりも箱を開けるときのワクワク感がたまらないのです。
届いた野菜、そのすべてが味が濃く香り高し。なかでもとりわけ感動したものをピックアップしてみました。

ブルームきゅうり&葉付きにんじん

きゅうり ブルーム

まずはきゅうりから。表面の白い粉は「ブルーム」と呼ばれるもの。水分の蒸発を防ぐ働きがあり、新鮮な証でもあります。

野菜スティック

きゅうりはパリッとみずみずしく、弾けるような食感。鮮度のよさがダイレクトに伝わってきます。にんじんはひときわ香りが華やかで、奥深い旨味。まさに大地の恵みというおいしさ。どちらもスティックにするだけで素晴らしき逸品に!

きんぴら

にんじんは炒めると甘味が格段にアップ。まるでお砂糖をたっぷり加えたような様相。調味料もほんの少しで絶品きんぴらが完成します。

島オクラ

島オクラ

断面が丸さが特徴の島オクラ。アフリカから沖縄に渡って普及し始めたことから名付けられたのだそう。刺さるほどの鋭いうぶ毛に覆われており、収穫したて感満載!

冷奴 オクラ

一般的なオクラよりも粘りが強いため、お醤油や出汁との馴染みが抜群。冷奴の薬味にも最適です。

丸茄子

丸茄子

黒紫色の、ぷっくりしたフォルムの丸茄子。ソフトボールぐらいはありそうなボリューム感。

ナス なす 田楽

肉質がキメ細かく大変柔らか。何よりもみずみずしさが秀逸!とろっとした食感は田楽味噌と至福のマリアージュに。茄子の概念が覆された衝撃的な味わいでした。

モロヘイヤ

モロヘイヤ

“最適な状態”で出荷するエビベジの野菜は日持ちも抜群。モロヘイヤは到着5日後でこのみずみずしさ!数種類がまとめて届く野菜宅配は鮮度の低下が気になるところですが、そんな心配も不要です。

モロヘイヤ おひたし

さっと茹でてお浸しに。旨味と甘味が濃厚で、粘りもしっかり。身体の芯から浄化されそうな滋味あふれるおいしさ!


素材そのものの味わいが濃いから、シンプルに茹でたり、焼くだけで絶品料理に仕上がるエビベジの野菜。毎日の食卓に潤いをもたらしてくれること間違いなしです。

商品名:エビベジ野菜ボックス 
内容量:大=13種前後 小=10種前後
価格:大=5,000円 小=3,000円(税・送料込み)
URL>>>http://ebivege.com/hanpukai.html

[Photos by Nao]

>>>【ランキング】人気お取り寄せグルメ&スイーツTOP15!おいしくおこもり。

>>>植木おじさんに聞く【7】涼しげな見た目が夏っぽい、野菜やハーブを水で育てる「水耕栽培」

>>>野菜の切り方、全部マスターしてる?基本の切り方14種

関連するタグ

Nao

nao/ライター

メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から旅を続け、渡航国は現在50カ国。
国境越え、絶景、グルメ、歴史を堪能する旅が好物。旅先で食した料理を再現するのが得意技。時間があれば「どこに行こうか」「何を食べようか」を考えている。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事