CATEGORY

POSTED BY ライター Sayaka Miyata 掲載日: JAN 18TH, 2022.

【モス実食速報】モスバーガー初のタツタ!「和風旨だれのとり竜田バーガー」

2022年、50周年を迎える、日本生まれのハンバーガーチェーン「モスバーガー」。そんなモスだからこそできる「日本らしさを追求したオリジナリティある商品を展開するシリーズ「MOS JAPAN PRIDE」から、その集大成といえるハンバーガーが2022年1月27日(木)より期間限定で登場します。その名は「和風旨だれのとり竜田バーガー」。一足お先に実食して紹介します。

>>>昨年は約2週間で完売!モスバーガーの獺祭シェイク復活!発売当日飲んでみた

モスバーガー史上初のとり竜田使用!こだわり抜いた和バーガー

「和風旨だれのとり竜田バーガー」は、国産鶏肉のとり竜田と、醬油ベースの和風旨だれソースとたっぷりのキャベツがサンドされたハンバーガーです。

意外に思う人もいるかもしれませんが、モスバーガーでとり竜田を使用した商品は、今回が初めて。日本生まれ日本育ちのモスバーガーならでは、日本人になじみのある竜田揚げのおいしさにとことんこだわり開発された新商品なんです。

揚げ物に相性抜群のレモンでさっぱり爽やか

「和風旨だれのとり竜田バーガー」 には、生レモンが添えられています。これはお店でひとつひとつくし切りにしたもの。揚げ物と相性のいいさっぱりした酸味のあるレモンを、お好みで好きなだけかけることができるのはうれしいですよね。レモンを絞ると、爽やかな香りがふわっと広がります。いい香り〜!

惜しみなくたっぷり入ったキャベツをこぼさないように、早速いただきます!

とり竜田は、サクッとした衣と、噛めば噛むほど鶏の旨味が感じられるとり竜田。揚げ物ですがまったくしつこくなく、むしろレモンの酸味で爽やかな口当たり。たっぷりのキャベツといただけるのも、いいですね。

最初の一口ではわかりませんでしたが、食べ進めると、和風旨だれソースの味わいも。

醤油ベースに、甘みとして長ねぎ、酸味としてレモン、ゆずの柑橘系が使用されているこの和風だれソースは、日本人なら誰でも好きになってしまいそうなさっぱり味でありながらコクのあるソース。口にした瞬間においしい! と思いましたが、食べれば食べるほどもっとくせになるおいしさです。

どーんと存在感のあるとり竜田が主役のハンバーガーですが、重たさを感じることもなく、ぺろりと完食いたしました。

やっぱりおいしい日本の味!絶品和風バーガー

日本生まれのモスバーガーが、日本人のために、おいしさにこだわり抜いて作った「和風旨だれのとり竜田バーガー 」。醤油ベースで、馴染みのある食べなれた味わいのようでありながら、パンと味わってみると絶妙においしい、そんな絶品和風バーガーでした。揚げ物ですがさっぱりした口当たりなので、女性も食べやすいハンバーガーですよ。

和風旨だれのとり竜田バーガー
全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて期間限定で新発売
発売日:2022年1月27日(木)
ポテトS・ドリンクセット800円(税込)
単品390円(税込)
モスバーガー公式サイト:https://www.mos.jp/

[All Photos by Sayaka Miyata]

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。

>>>【ケンタッキー】新商品「グリーンホットチキン」を食べ比べ速報!どんな味?

>>>1380円だけど絶対また買う!カルピスバターのっけの神戸牛塩バーガー【フレッシュネス】

>>>カルディマニア100人が選んだ人気商品ランキング【新商品と実食おすすめ53選も】2021最新版

Sayaka Miyata

Sayaka Miyata/ライター

カフェでぼーっとすることと、あてもなく散歩することと、おいしいものを探したり食べたりすることが好き。子どもが生まれてからは睡眠も好きになりました。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事