CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター 石黒アツシ 掲載日: AUG 7TH, 2020.

【レシピ付き】簡単アレンジコーヒー&グラス選びで旨さ倍増アイスコーヒーもね

本格的な夏到来!暑いなら本格的なコーヒー、それもこの季節ならアイスコーヒーをゆっくり楽しみたい。さらに、他の素材を合わせたアレンジコーヒーのアイデアも。自宅のコーヒーライフがワンランクあがるアイデアをご紹介します。

まずはおいしいアイスコーヒーの淹れ方のコツ!

自動生成された代替テキスト: 
・UCCDRIPPOD毛カ&キリー
く手川自)
アイスコーヒーを撝土します
2.
シロッフとオレンシスライスをつ」、
3.
抽出したアイスコーヒ--を洋き人イ
4.
お好みでミントを飾リつけ、

今回、おいしいアイスコーヒーの淹れ方とアレンジコーヒーの作り方を教えてくれたのはUCCコーヒーアドバイザーの村田果穂さん。まずはズバリ!おいしいアイスコーヒーの淹れ方のコツです。

1.深煎りのコーヒーを使用し、濃いめに抽出する
まずはコーヒーを淹れるわけですが、後で氷に入れるので濃いめに抽出します。一杯分のホットコーヒーを140mlのお湯で入れるところを、70mlで淹れます。

2.急冷する
氷を入れたグラスを用意し、直接注ぎ入れます。室温に下げてから冷蔵庫で冷やすといった、ゆっくり冷却じゃないんです。一気に温度を下げます。

3.お水にもこだわる
「軟水」で抽出することで、柔らかな飲み口に。ちなみに日本の水道水は「軟水」です。軟水はフィルターで抽出するコーヒーにピッタリらしいです。ヨーロッパは「硬水」が多くて、これはエスプレッソ(圧力をかけて抽出)にいいとのことでした。

この3つのコツなら、どれも問題なくクリアできそうです。

アレンジコーヒーを自宅で楽しむ!

アイスコーヒーもいいですが、ちょっとアレンジを加えてさらにおいしく楽しみます。オレンジコーヒーと、コーヒーゼリーのレシピです。

夏香る、爽やかなオレンジコーヒー

コーヒーをストレート以外で飲むなら、牛乳を入れてカフェオレやラテなどが一般的ですが、さらに夏らしいすっきりした「オレンジコーヒー」もおすすめです。しかも材料さえあれば簡単にできます。

<材料>

・UCC DRIP POD モカ&キリマンジァロ(100ml)

・ガムシロップ (18g/2P)

・オレンジスライス(2 切れ)

・ミントの葉(1 房)

<手順>

1.アイスコーヒーを抽出します。

2.シロップとオレンジスライスをつぶし、馴染ませます。

3.抽出したアイスコーヒーを注ぎ入れます。

4.お好みでミントを飾りつけ、完成です♪

コーヒーと黒糖とかマッチしやすい組み合わせもありますが、オレンジを合わせるのはハイレベルだそう。村田さんによると、チョコレートで合うもの、たとえばこのオレンジもそうですし、ミントとかは成功率高いみたいです。

コーヒーゼリーも実は簡単!

コーヒーのエキゾチックな苦みを食べて感じるコーヒーゼリー。ハードルが高そうですが、実は簡単。ゼリーだけなら2ステップでできちゃいます。

<材料>

・鑑定士の誇りアイスコーヒー 70ml (湯量 1)

・ゼラチン(2g)

・(飾りつけ用)ホイップクリーム(適量)

・(飾りつけ用)ミントの葉(1 房)

<手順>

1.コーヒーを抽出してゼラチンを混ぜる。

2.型に入れて冷やし固める。

3.ホイップとミントをトッピングする。

コーヒーの濃さと甘さを自分の好みで調整できるのがいいですよね。ホイップクリームは、スプレー缶のものを買っておけばすぐできます。

朝・昼・晩のシーンで選ぶグラスで香るアイスコーヒー

さて、おいしいアイスコーヒーの淹れ方をマスターしたら、次はワンランク上のこだわりをご紹介。実は同じアイスコーヒーでも、グラスによって味わい方や口当たりがずいぶん違うらしいんです。(株)木村硝子店の木村裕太郎さんが、朝・昼・夕方~夜のシーンにわけたグラスを提案してくれました。

今回ご紹介するグラスはすべて厚さ0.7㎜というかなーり危うい薄さです。割れにくいグラスは通常2㎜位ということでした。

朝 ~目覚めの一杯におすすめなグラス~

グラスの縁が広く、外側にちょっとだけチューリップのようにせり出しているこのグラス。そう聞くとなんだか大量に口の中に飲み物が入ってきそうな気がしませんか。ところが、逆なんです。

実はこの形状だと少しずつ口の中に入ってきます。そして、静かにおいしさが広がり、スーッと喉を通って行って、とってもスムース。このグラス「ペッロL」は、ステムのないワイングラスとしてつくられたもので、2530円(税込)。こんなに薄いのに、スタッキングもできるそうです。

昼 ~お散歩の後の一杯におすすめなグラス~

「お散歩の後」という、歩いて軽く火照って、早く歩けばちょっと息も上がるかもといった状態でのむなら、やっぱりグイっとのど越しも楽しみたいもの。背が高く、飲み口が狭いので、飲むときには顔が上向きになるという体勢になるんです。そうすると自然に、グイっとコーヒーが口に入ってきます。

試してみたら、確かにのど越しもいい。暑い日中の上気したからだにピッタリでした。それにしても薄いので、なんだかグラスを持っているという感覚も薄くてちょっと不思議でもあります。この「コンパクト 8 oz ゾンビー」は1,870円(税込)です。

夕方~夜 ~仕事終わりの一杯におすすめなグラス~

忙しい朝、活動的な日中が過ぎて夕方になれば、ちょっと落ち着きたいなと。夜にかけて、ちょっとふくよかな時間を楽しむならこの伝統的なワイングラスがおすすめだそうです。

飲んでみれば、なるほどワイングラスだけあって、コーヒーの香りがよくわかるような気がします。それに何より、雰囲気が出るのがいい感じ。「ピーボ オーソドックス 62987-600」は4,730円(税込)です。

*グラスの価格は木村硝子店ziziストアのものです。

おいしいコーヒーを天然水でしかもお任せで淹れる

--- 
سده: --- 
.

さて原点に戻って、おいしいコーヒーの条件の一つが「おいしいお水」でした。軟水がおススメということで、日本なら水道水もほぼ軟水だからそれでもいいのですが、さらにおいしいお水でコーヒーを淹れてみたくありませんか。しかもほぼ何もしなくてもコーヒーができてしまうというウォーターサーバーがあるんです。富士山の銘水(株)の「FRECIOUS Slat+cafe」です。

水・湯が出てくる口の隣に、UCCのドリップコーヒーシステム「ドリップポッド」のカプセルを入れる、コーヒー抽出の部品がついているんです。つまり、コーヒーをドリップしてくれる「カフェ機能」を内蔵した2in1のウォーターサーバーなんです。

巷ではエスプレッソタイプのカプセルをつかったコーヒーマシーンも売られていますが、日本のおいしい軟水で飲むならフィルターで淹れるのがいいということで、UCCと一緒に開発したとのこと。なるほど。

こんな風に氷を入れたグラスに注げばそのままアイスコーヒーのできあがり。10種類以上のコーヒーのカプセルから好きなものを選んでカフェタイムを楽しめます。天然水「フレシャス富士」はほのかにあまく感じる後味で、コーヒーが一層おいしく仕上がります。「プロの淹れた味わいを自宅で再現」してくれるそうです。

サーバーはレンタルと購入と選べます。レンタルの場合はサーバー代が月額1,200円(税抜)前月水3箱以上の利用で無料、9.3リットルの「フレシャス富士」1本が1,506円(税抜)です。購入の場合は、サーバー代が60,000円(税抜)、水1本1,250円(税抜)です。

>>>Slat+cafe(スラット+カフェ)

さぁ、自宅のコーヒーライフをもうちょっとだけ楽しくおいしくしませんか。まずはできることから。とりあえず「急冷」を試してみようかと思います。

[All photos by Atsushi Ishiguro unless otherwise attributed]

>>>おうちにシェフがいるみたい!パナソニック「Bistro ビストロ」を使ってみた

>>>スモーク&ロースター「けむらん亭」で簡単・絶品の燻製を作ってみた

>>>簡単・時短・おいしい!電気圧力なべがおすすめの理由を大検証。

関連するタグ

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

料理/コツの記事