CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター 石黒アツシ 掲載日: JUL 27TH, 2022.

材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【61】ブルガリアのヨーグルト冷製スープ

【ほぼ毎週水曜朝7:30配信】「イエモネお昼ごはん部」では、みんなで一緒に料理を作って食べるという活動をしています。回を重ねてもう61回目。その活動の場は、声だけでコミュニケーションするSNSアプリClubhouse(クラブハウス)。そのRoomが開くのはほぼ毎週金曜ぴったりお昼の12:00です。材料ほぼ3つ。フードコーディネーターの石黒アツシが声だけで作り方を説明して、みんながそれぞれの自宅のキッチンで作ります。楽しく食べて13時には撤収完了! 時には全く完成図がわからないものもあったりするものの、いつもどうにかできています。さて、今週はどうなったでしょうか。

ブルガリアのヨーグルト冷製スープ

>>>材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【60】タイ風エビとレンコンの包み揚げ

いよいよ夏本番といった暑さになってきました。ちょっと近くまで買い物に行っただけでも汗をかいてしまいますが、そんな季節にピッタリなのが、ブルカリアのヨーグルトの冷製スープ「タラトール」です。

ブルガリアのヨーグルト冷製スープ

ブルカリアと言えばヨーグルト。タラトールは冷たいヨーグルトに、身体の熱を取ってくれるキュウリとニンニク、そしてオメガ3脂肪酸が豊富で抗酸化作用も期待できるクルミも使います。

調理に火を使わないので、部屋が暑くなることもありません。まさに暑い夏を乗り切るためのスープ!

ヨーグルト・キュウリ・クルミに、ニンニクと酢

材料

ヨーグルトは一般的なものなら何でもOK。クルミは、甘いものがコーティングされていない、ローストしただけのものにします。ワインビネガーがなければリンゴ酢などのフルーツ系でも、穀物系でも大丈夫。ニンニクのにおいが気になる場合は、パウダー状のものを小さじ2分の1程度でいいと思います。

材料:二人分

ヨーグルト250ml250g
キュウリ1本5mmの角切り
150ml 
ニンニク1かけ 
クルミ大さじ2100g
少々 
オリーブオイル大さじ1.5 
ワインビネガー小さじ1 
オプション イタリアンパセリなど適量 

ブレンダーなどがあると便利!なくてもできます。

1.ヨーグルトと水をブレンダーに入れ、ざっと混ぜます。フードプロセッサーやハンドミキサーなどでもOKです。

混ぜる

2.ニンニクとクルミ大さじ1、塩とオリーブオイル大さじ1、ワインビネガーを加え、クルミが大きめのかけらに砕ける程度に混ぜます。

混ぜる

3.2にキュウリを入れます。

4.器に注いだら、残ったクルミ大さじ1を砕いて振り、オリーブオイル大さじ1/2をかけて、オプションのイタリアンパセリなどをのせます。

ブレンダーなどがない場合:

1.ニンニクとクルミ大さじ1、塩とオリーブオイル大さじ1、ワインビネガー、ディル大さじ1をすり鉢に入れてペースト状に擦ります。

2.ヨーグルトと水をよく混ぜ、キュウリと1のペーストも入れてしっかり混ぜます。

3.器に注いで、残ったくるみ大さじ1をくだいて振り、オリーブオイル大さじ1/2をかけて、オプションのイタリアンパセリなどをのせます。

完成

真っ白の中にうっすらと緑が。火を使わず、あっという間にできました。

今回は20分でできあがり

みなさんはどのように仕上がったのでしょうか。今回は、好きなパンと一緒にいただきます。

ブルガリアのヨーグルト冷製スープ
©M.Mari
ブルガリアのヨーグルト冷製スープ
©M.Mari

「さっぱりしてておいしかったです。パクチーにしました。粗みじんの追いクルミがいい仕事してくれてます。2杯目は、追いクルミたっぷりいれて食べちゃいました。マヌルパンが重めだったので、さっぱりしたスープがよくあいました~。」

韓国のマヌルパンですね。クリームにガーリックバターを挟んだしっかりとしたパン。こちらにもニンニクが入っているので、なおさら元気になりそうです。

ブルガリアのヨーグルト冷製スープ
©Mayumi

Mayumiさんはサンドウィッチ。スープは涼やかです。

「今日もご馳走様でした! さっぱりしながらもニンニクが効いていておいしかった〜。クルミとキュウリの食感がよかったです。サンドイッチにも合いました。」

そうなんです。食感も楽しいですよね。

ブルガリアのヨーグルト冷製スープ
©Aya.Yamaguchi

「さっぱり夏らしい一品でした! キュウリとヨーグルトとニンニク、異国っぽくて最高ですよね。朝ご飯にもよさそう。カレーパンにあわせたかったけど売ってなくてベーグルにアボカドディップはさみました。スープとパンで意外とお腹いっぱいでした!」と山口さん。

キュウリとクルミがいわゆる具ではありますが、見た目よりも食べ応えがあったと思います。

ブルガリアのヨーグルト冷製スープ
©Chika

Chikaさんのボールは、それだけでも涼しそうなデザイン。そこに合わせたたまごロールがまたころっと可愛いです。

「暑い夏にピッタリの冷たいスープ、おいしかったです! トッピングはパセリ、クルミは追いクルミしました。思った以上にニンニクの辛みと味が効いていてビックリ。パンはたまごコッペを作りました」

そうそう、生のにんにくって辛みがありますよね。夏バテ気味な日にも食欲出そうですね。

というわけで、この暑い夏を乗り切るのにもいい、冷たくておいしいスープでした。次回は基本のゴーヤチャンプルーを作ります。

[All photos by Atsushi Ishiguro unless otherwise attributed.]

>>>空心菜のおすすめ炒め物レシピは?栄養や保存方法も【専門家監修】

>>>【韓国ラーメン実食ルポ】ジャガイモでできた麺!「カムジャ麺」を実食

>>>【シャトレーゼ実食ルポ】ももフェア限定「山梨県産白桃のトライフル」が贅沢すぎ♪

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事