CATEGORY

POSTED BY ライター/編集/フードアナリスト kanoa 掲載日: MAR 9TH, 2022.

面白グッズと遊ぶ!【9】「和ごむ」をかければあら不思議!どんなものでも素敵なプレゼントになっちゃう

面白グッズやくだらなすぎる雑貨、不思議グルメにへんてこ文具……。これなんだろう? と思わず手にとってしまうものと遊ぶ時間をルポするこのシリーズ、今回はちょっと素敵な輪ゴムもとい「和ごむ」です。いや〜なかったですこの発想! 輪ゴムにリボンをつけちゃおうなんて!!

>>>【超入手困難】OZZYのいちごグミってどんな味?どこで買えるの?

輪ゴムと「和ごむ」ってどう違うの?

「和ごむ」は、蝶結び付きの輪ゴム。コクヨデザインアワード〈2013 優秀賞〉に選ばれ、作品から商品となりました。

蝶結びは、「何度あっても良い」という意味の水引をモチーフにしています。

コクヨデザインアワードとは?
未来を共に想像し、創造するプロダクトデザインの 国際コンペティションです。
広く世界から提案を集め、優れた作品を商品化しています。昨年は世界58カ国から1,401点の作品が集まりました。

パッケージには、本やペットボトル、袋などちょっとしたものにつけるだけでプレゼントになると提案されています。たしかに、蝶結びをするのはちょっと面倒だけど、輪ゴムなら気軽にくるっと巻いたりまとめたりできます。

1パックに和ごむは7つ入り。輪ゴムにリボンがついているだけで、なんだかハッピーな気分になっちゃいます。これはすごい。

一見シンプルな和ごむですが、商品化にはかなり苦労があったようです。普通の輪ゴムは、チューブ状に押し出された天然ゴムを金太郎飴のように輪切りにしていくのですが、その方法だと蝶結びの形がうまく表現できず、ゴムを型に入れて成型する方法に切り替えたそう。素材も天然ゴムから、より成型しやすいシリコンゴムへ。

携帯用のケースも付いているので、いつでも思い立ったときに使えますよ〜。

和ごむをかければ何でも素敵なギフトに変身!

手作りのジャムやドライフルーツ、そのまま渡すのはちょっと素っ気ないけど、リボンを結ぶのは大げさ。そんなときぴったりなのが、和ごむ!!

和ごむのすごいところは、何でもプチギフトに変身させちゃうところです。数十円のお菓子でも、ちゃーんと可愛い贈り物に変身!

残業がんばってる同僚に差し入れ。和ごむにスプーンをはさめば、コンパクトにまとまって、ねぎらいの気持ちも伝わって、一石二鳥!

和ごむで和む!

ちょうど蝶ネクタイに見えるパッケージと合わせたらベストマッチ! うれしくなっちゃうぞ。

今日のお昼はカップ麺でお願い。なんてときも、真心感じちゃいませんか?

差し入れのビールなんかに和ごむが付いていたら……もう神々しくて神棚に飾っちゃいそうです!

レトルトパスタソースだって、ほらギフトに!

アスパラだって!

ツナ缶だって!

……うーんさすがにこれは無理があるかな。

白いおまんじゅうにはやっぱり映えますね。水引きっぽい雰囲気が演出できて、高級感を感じます。

ん? 白いもの? ……といえば!

ジャジャーン! 卵でしょ! すごい! 卵からギフト感が醸し出されるなんて、普通1年に1度のイースターくらいですよ。日本だとそれすらないことが普通じゃないですか? 

それが、ペイントもしていない真っ白な卵がこんなに品格のある贈り物になるなんて……。和ごむ、恐ろしや〜。

こんなふうに、自分へのご褒美につけるのも、おすすめ。和ごむのついたものを見ると、なぜか心がほっこり。和むんです。

和ごむは、今回紹介した「紅(あか)」のほか、「白藍(しらあい)」「萌木(もえぎ)」「桃(もも)」もありますよ〜。

和ごむ
506円(税込)
https://www.kokuyo.co.jp/award/archive/goods/wagomu.html
[楽天][amazon][Yahoo!]

[All Photos by kanoa]

>>>面白グッズと遊ぶ!【1】花札デザインの折り紙「折り札」で花札はできるの?

>>>面白グッズと遊ぶ!【2】イケメン付箋でどれくらいキュンキュンできるのか

>>>面白グッズと遊ぶ!【3】「はにさっく」のシンデレラフィットを探せ!

>>>面白グッズと遊ぶ!【4】「えごまシート」と「コチュジャンいろマーカー」で楽しく暗記

>>>面白グッズと遊ぶ!【5】一生に一度しかプレイできない魔性のゲーム「マーダーミステリー」とは?

>>>面白グッズと遊ぶ!【6】レタスにしか見えない「東京書けるレタス」はメモ用紙になるのか?

>>>面白グッズと遊ぶ!【7】ハリー・ポッター「百味ビーンズ」は罰ゲームになりうるか?

>>>面白グッズと遊ぶ!【8】いくらの匂いのお風呂?高級食材香る入浴剤

kanoa

kanoa/ライター/編集/フードアナリスト

自由とときめきを愛するライター。2児の母。都会のマンション暮らしを満喫しつつも、いつか田舎に移住し、縁側のある古民家に住みたいと憧れている。旅先で「ここでしか買えないお土産グルメ」を探すのが好き。特にパン屋を見つけると買わずにはいられない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

おもちゃの記事