CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: DEC 7TH, 2021.

【知っ得ライフハック】賞味期限が迫っている〜! そんなときは“冷凍卵”が便利です

卵の賞味期限が間近のとき、みなさんはどうしていますか? すぐに食べる予定がない場合は、ゆで卵にするのもひとつの手。半分に切ってお弁当の1品に、サラダやサンドイッチの具にと便利ですが···。卵を長持ちさせるアイデアって、ほかにないのかな? 調べてみると、卵を冷凍するという方法がありました。というわけで、今回は冷凍卵にチャレンジです!

ぷっくりまん丸、濃厚なおいしさの冷凍卵黄

ライフハックの手順

用意するもの

  • 卵(※調理していない生卵)     
  • フリーザーバッグ

手順

ステップ1. 卵をフリーザーバッグに入れて、冷凍庫へ。完全に凍るまで一晩冷やし固める。

凍らせている最中に膨張した冷凍卵。殻にはヒビが!!

ステップ2. 固まったら取り出し、常温で30分~1時間ほど解凍する。流水にさらして、ゆで卵の要領で皮をむく。

皮をむいた冷凍卵は、神秘的な美しさ

黄身は鶏のキンカン、はたまた満月のごとく、ぷっくりまるまる。

羊羹のようにねっとりとした食感で、生卵として食べる黄身よりも、さらに濃厚な味に仕上がります。

冷凍卵の食べ方

濃厚な卵黄が決め手のTKG

炊きたてごはんに卵黄をのせて、しょう油など、お好みの調味料で味付けするだけ!

黄身のしょう油漬

タッパーに麺つゆ少々と黄身を入れ、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。途中で一度スプーンで黄身を裏返すと、味がより早く染み込みます。

1つの卵で2つできちゃう、可愛いミニ目玉焼き

フライパンに油を熱し、皮をむいてから半分にカットした卵をそっと入れて、目玉焼きの要領で焼き上げる。弱目の中火にして、途中で水を少量加えてフタをして焼くと、上手にできます。

解凍した卵白はどう使う?

凍らせた卵白は、解凍するとさらりとした状態に変化します。

冷凍卵を半解凍した状態の卵白(左)

半解凍の状態で泡立てると、手早くメレンゲが作れたり、オムレツやお好み焼きを作る際に解凍卵白を加えたりと、活用方法は色々。タッパーなどに保存して、捨てずに使い切りたいですね。

>>>【知っ得ライフハック】まるで専門店!ふわとろ食感のお好み焼きを作るコツ&裏ワザ

また、イエモネでは卵白を使ったお菓子レシピも紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

[All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission. 

>>>【おやつレシピ】韓国生まれの映えスイーツ「クロッフル」を作ってみた

>>>【鍋レシピ】ひとり鍋こそ簡単に!冷凍餃子で作る「ピリ辛豆乳餃子鍋」レシピ

>>>【体も心も温かく】お部屋でゆっくり楽しむホットドリンク6選

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

家事の記事