CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: APR 27TH, 2021.

フランス流シンプルで豊かな暮らしのヒント【9】フランス人が注目する日本の伝統エコグッズ

みなさんが思い描く、豊かな暮らしとは? フランスで暮らしていると、毎日を工夫しながら過ごすのも、人生を豊かにするひとつの方法だと気づきます。でもそれは、憧れのスローライフとは少し異なる、ちょっとした暮らしの知恵なのです。この連載では、毎日を快適に過ごすコツやアイデアなどを南フランスよりお届けします。

shutterstock.com

今回は、エコかつオシャレなアイテムとして注目されている「FUROSHIKI」について。そう、みなさんもご存じの風呂敷です!

なぜ、風呂敷が人気なの?

奈良時代には「大切なものを包むための布」として、存在したとされる風呂敷。旅先に持っていくための衣類を包んだり、あるいはエコバッグ代わりにと、時代を超えて愛され続ける日本ならではのアイテムです。

風呂敷を活用したラッピング方法を紹介するテレビ番組
©︎sweetsholic

さて、そんな風呂敷がここ数年、フランスで人気を集めています。どれほど人気なのかというと、テレビ番組や雑誌で特集が組まれたり、スーパーのチラシに風呂敷の使い方アイデアが掲載されたりするほど!

フランスでは古いものを大切にする習慣があったり、昨今ではゴミを出さない生活を心がけたりするなど、環境に配慮したライフスタイルが定着しています。

風呂敷が人気を集めているのは、フランス人のライフスタイルに合ったエコなアイテムだからということ。そして親日家が多い国でもあるので「日本のもの=おしゃれ」というイメージがあるのもまた、理由のひとつです。

フランス人は風呂敷をどう使う?

shutterstock.com

現代の日本だと、ワインボトルを包んだりバッグにしたりと、さまざまな使い方をしている人が多いのでは? 一方、フランスでは「プレゼントの包み紙の代わりにする」のが一般的。このため、風呂敷もプレゼントの一部にする人が多いのです。

風呂敷でギフトラッピング

昨年末にこちらのユニクロで買い物をしたときに、オリジナルデザインの2種類の風呂敷が、レジの脇に置かれているのを発見。店員さんによると「とても好評」とのことで、紅白デザインのものを購入。筆者が欲しいと思った柄の大判はすでに売切れでした。

仏ユニクロで購入したFUROSHIKI
©︎sweetsholic

プレゼント用に購入したダウンジャケットを包んで、後日友人にプレゼントしたところ、大感激!! 日本だと風呂敷ごと贈ることって少ない気がしますが、こういった贈り方も、贈られた相手に風呂敷を活用してもらえるよい方法かもしれません。

さて、件の友人に贈った風呂敷。彼は実際、どのように使っているのか気になったので、尋ねてみたところ「お弁当など食べ物を持ち運ぶのに活用している」そうです。

ちなみに風呂敷はフランスだけでなく、世界のさまざまな国で注目されているアイテムです。歴史ある日本の風呂敷が世界で重宝されている···。なんだか、ほっこり温かい気持ちになりますね。

>>>【フランス流シンプルで豊かな暮らしのヒント】バックナンバーはこちら

>>>収納の神アイテムを生み出す山崎実業の「ゴミ箱」が人気の理由はこれだ!

>>>【ダイソー】「mt」コラボの貼ってはがせるリメイクシートが可愛い!サイズ・柄・使い方をご紹介

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

暮らし/生き方の記事