CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: DEC 4TH, 2020.

植木おじさんに聞く【12】スタイリッシュなボタニカル雑貨「ハーバリウム」を作ってみよう

何気ない日常を少しだけ特別なものにしてくれる、お花や植物。それは、通勤途中に見かける四季折々の花だったり、お祝いごとのブーケだったり、インテリアを彩る鉢植えや観葉植物だったり・・・。そんな植物たちから、今日も元気をもらいましょう! この連載では、お花や植物選びのコツ・育て方などを、園芸に造詣の深い植木おじさんことTさんに教えてもらいます。

今回は花や植物をガラス瓶に閉じ込めた「ハーバリウム」について。スタイリッシュなハーバリウムも、実は気軽に手作りできるボタニカル雑貨のひとつです。

ハーバリウムとは?

本来は植物標本という意味の「ハーバリウム(herbarium)」。国内で広く知られているハーバリウムは、ガラス瓶に乾燥した花や植物を入れて、専用オイルで閉じ込めたものが主流。お手入れすることなく、美しい状態のまま、花や植物を長く楽しむことができるアイテムです。

ガラス瓶に入ったハーバリウムのほか、ボールペンや印鑑に花や植物を閉じ込めた文具としてのハーバリウムなども。後者は少々細かい作業が必要になりますが、いずれも手作りできます。

ハーバリウムに必要な材料と作り方

【所要時間】30分程度

【用意するもの】

  • プリザーブドフラワー
  • フタ付きのガラス瓶
  • ハーバリウム専用オイル
  • ハサミ
  • ピンセット
  • トレイまたはお皿

※専用オイルはシリコン、ミネラルどちらでも。プリザーブドフラワー以外にも、ドライフラワーやドライハーブ、果実に木の実、造花などを使っても。

【作り方】

1. ガラス瓶は洗って乾かしておく。十分に消毒しないとカビ発生の原因に。
2.トレイまたはお皿にプリザーブドフラワーを並べる。
3. 瓶内におさまるよう、プリザーブドフラワーの枝などをハサミで切る。
4. バランスよく配置後、ゆっくりとオイルを注ぎフタを閉める。

作るときのポイント

植木おじさん、ガーデニング、いやし、ハーバリウム 、植物、花、園芸
食欲の秋をテーマに、乾燥オレンジやシナモンなどをアレンジしてみました
©︎sweetsholic

材料をそろえる段階からテーマを決めたり、全体の色合いを考えるなど、仕上がりをイメージしておくと作りやすいと思います。春なら桜の花びらを使ってみたり、夏なら涼しげなパステルカラー系統の花でまとめたりと、季節感を取り入れても。

オイルを注いだあとは配置を変えられないため、ガラス瓶のなかに花や植物を入れる際は慎重に。ピンセットを使って花が壊れないよう優しく取り扱いましょう」(Tさん)。とはいえ、ガラス瓶に花や植物を入れて、オイルを注ぐだけなので、本当にカンタン。失敗することはないと思いますよ!

一度作れば、お手入れ要らずのハーバリウム。長く楽しむためのコツは「直射日光により色褪せ・色落ちが早まってしまうため、なるべく直射日光が当たらない場所に設置してくださいね」(Tさん)とのことです。

必要な材料はここで買える

楽天やアマゾンなどの通販サイト、100円ショップなど。花材通販の「はなどんや」では、ハーバリウム素材はもちろん、花材全般をリーズナブルな価格で取り扱っています。

自宅のインテリアに、あるいはお世話になった人への贈り物に。みなさんも手作りしてみませんか?

植木おじさん(Tさん)・・・ガーデニング&家庭菜園を始めて早30年。都内にある自宅にはガーデニングスペースのみならず、温室も併設、蘭の栽培が得意。愛読書は『趣味の園芸』と『趣味の園芸 やさいの時間』。お花と野菜のことならお任せあれ! 

[Photos by Shutterstock.com] 

>>>連載「植木おじさんに聞く」シリーズ バックナンバーはこちら

>>>ダイソーマニア100人が選ぶ人気リピ商品ランキング【編集部おすすめ17選も】2020最新版

>>>イケアで買ってよかったおすすめ商品ランキング【レストラン紹介や裏技、編集部おすすめ23選も!】

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

RECOMMENDおすすめ記事

趣味の記事