CATEGORY

POSTED BY ライター Nao 掲載日: FEB 17TH, 2022.

スザンヌさんプロデュース! お洒落宅トレグッズ「スザトレ」が誕生

まだまだ外出自粛ムードが続く昨今。そろそろ“宅トレ”を始めたい!という人におすすめなのがタレントのスザンヌさんと東急スポーツオアシスによるコラボブランド「スザトレ」。お洒落なデザインのアイテムは部屋に出したままでもインテリアに馴染みやすく、思い立ったらすぐトレーニングできるのが魅力です。今回は、お家時間が充実すること間違いなしのグッズをご紹介。

>>>【無印良品 ベッドの人気ランキング】選び方のポイントもプロに聞きました!

スザトレとは?

「スザトレ」は東急スポーツオアシス(以下オアシス)とスザンヌさんのコラボによって誕生したフィットネスグッズブランド。子育てをしながらタレントとして活動し、さらに30代で高校に再入学するなど、パワフルな生活を送るスザンヌさん。そんな多忙な毎日のなかでもトレーニングは欠かさず、ホームフィットネスにも広い知見を持っていることから、今回のコラボが実現したそう。

プロデュース第一弾は3アイテム!

もともとオアシスの宅トレグッズ「ステッパー」を愛用していたというスザンヌさん。メディア向け発表会では「お気に入りのアイテムだったので、“こうなるともっといいなあ“という想いで参加させていただきました。自分自身がずっと使いたいと思えるような、納得できるアイテムになってうれしいです」とコメント。デザイン提案から試作品チェック、商品ネーミングに至るまで関わったのだとか。

プロデュース第一弾となるのは「スザトレステッパー」「ビタミンボール」「スザトレクッション」の3アイテム。いずれも家事をしながら、あるいは読書やテレビを見ながら……、日常に無理なく運動を取り入れやすい自宅での“ながら”トレーニングがコンセプトです。

スザトレステッパー

「スザトレステッパー」(19,800円)は、ウエストまわりの筋トレ「ツイストモード」と脂肪燃焼「エアロモード」の2WAY切り替えが可能なステッパー。カラーはウォールナットとオークの2種類。音が響きにくい静音設計なので集合住宅でも安心して使えるのもうれしいところ。

「どんな床とも馴染みやすいようにベースを木目調にしたのがこだわり。部屋に出したままでもインテリアの一部になるデザインもポイント。隙間時間にどんどん使ってもらいたいです」(スザンヌさん)

正面乗りでお尻まわりを、後面乗りで太ももの内側など、乗る方向で鍛える部位を変えることも可能です。さらに運動時間やステップ回数、消費カロリーを表示するメーターも搭載。

2022年3月販売予定の「スザトレクッション」(6,980円)は、カーブとゴムの負荷により簡単にストレッチ&トレーニングできるフィットネスクッション。シックなデニム生地はどんなインテリアとも合うこと間違いなしです。骨盤や背中にフィットしやすいデザインなので、宅トレ初心者でも使いやすいのも◎。

スザンヌ

「ビタミンボール」(8,980円)は、最大3,500回/分のパワフル振動が筋肉を緩めるアイテム。胸や肩、腰、ふくらはぎ、太ももなどに押し当てながら前後に転がします。気になるところには尖った部分を当てればより効果的なストレッチに。

ビタミンボール

カラーはオレンジ、キウイ、レモンの3色を展開。鮮やかなビタミンカラーはただそれだけで元気な気分に。 幅14.5cm、重さ340gとバッグにも余裕で入るコンパクトサイズ。旅行や出張先でも気軽に使えそうですね。

©︎Nao

さて、早速ビタミンボールを購入してみた筆者。箱を開ければビビットなカラーがお目見え。想像よりも軽く、持ちやすい印象です。試しに肩まわりに当ててみましたが、ブルブルした振動の心地よさは感動モノ。 表面の凹凸がさまざまな部位にフィットして使い心地も抜群。ジムでのトレーニング後に使ってみたら、いつもより疲れが早く取れるのを実感しました。これは使い続けてみたくなる!

今回ご紹介したスザトレのアイテムは、オアシスECサイトで販売中。今年こそ宅トレを始めたい!という人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

東急スポーツオアシスECサイト
https://shop.sportsoasis.co.jp/

※価格は税込となります。

>>>面白グッズと遊ぶ!【5】一生に一度しかプレイできない魔性のゲーム「マーダーミステリー」とは?

>>>【セブン-イレブン】一部店舗で限定販売「セブンカフェスムージー」飲んでみた

>>>推し活の世界【1】推しがいる暮らし、はじめました(仮)

関連するタグ

Nao

nao/ライター

メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から旅を続け、渡航国は現在50カ国。
特技は陸路国境越え。グルメレポート翌日に大学の最先端研究を取材したり、ロシア州知事にインタビューしたり。幅広い対応力とフットワークの軽さが自慢。日本ソムリエ協会認定資格ワインエキスパート保有。

RECOMMENDおすすめ記事

暮らし/生き方の記事