CATEGORY

毎年11月23日は「勤労感謝の日」で国民の祝日ですが、なぜ祝日なのか知っていますか? 今は「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」とされていますが、その起源は宮中行事の「新嘗祭(にいなめさい)」なのだそう。なぜこの日になったのか、新嘗祭とはどういうものなのかなど、「勤労感謝の日」にまつわるあれこれを、和文化研究家の三浦康子さんに教えてもらいました。


毎年11月23日は「勤労感謝の日」。「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う」との趣旨で制定された、国民の祝日です。

「勤労感謝の日」の由来は?

起源は、飛鳥時代から続くとされる「新嘗祭(にいなめさい/しんじょうさい)」という祭祀(さいし)。「新嘗祭」は、天皇がその年に収穫された穀物を神様に捧げてから自らも食し、収穫を祝って感謝する宮中行事です。

旧暦では11月の第2卯の日に「新嘗祭」が行われていましたが、1873年(明治6年)に新暦が導入され11月23日に固定されました。それが戦後の1948年(昭和23年)、GHQの政策により、農作物に限らずすべての生産を祝って勤労をねぎらう「勤労感謝の日」と改められたのです。

新嘗祭は現在でも全国の神社で行われており、宮中でも最も重要な行事の一つとされています。特に、新天皇即位の後の新嘗祭は「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれる重要な祭祀になります。令和の大嘗祭、中でも中心儀式である「大嘗宮の儀(だいじょうきゅうのぎ)」は、11月の第2卯の日にあたる11月14日(木)~15(金)に行われます。

11月23日に何をする?

新嘗祭に倣って、おうちでも新米を神棚に供え、今年の収穫に感謝してみては。神棚がなければ、背の高い家具の上でもOK。その場を掃除し、白い紙などを敷いて清浄な状態にし、お供えが南か東を向くように置きます。お供えした後は、お下がりとして感謝しながらいただきましょう。

また、勤労に感謝する日なので、両親やパートナーに「いつもお疲れ様。ありがとう」とねぎらいの言葉をかけるだけでも、この日の意義は十分あります。リフレッシュアイテムや、仕事に使えるものなど、ちょっとしたプレゼントを贈るのもいいですね。 

監修:三浦康子
和文化研究家。日本の文化を今に生かす方法をさまざまなメディアで提案。「行事育」提唱者。著書に『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)他多数。
http://wa-bunka.com/

[All Photos by shutterstock.com]

関連するタグ

はな

hana/編集/ライター

コーヒーチェーン副店長から編集の道へ。現在は保育園児の母とフリーランス編集者の2足のわらじを履く、なんちゃってワーキングマザー。スポーツ観戦が生活の一部で、贔屓チームの勝敗が体調に影響を及ぼす厄介な体質。ワールドカップの日本開催を機にラグビーも勉強中。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事