CATEGORY

POSTED BY 編集/ライター はな 掲載日: OCT 11TH, 2019.

今年の「十三夜」はいつ?十三夜のお月見の由来やお供えの飾り方は?

お月見といえば旧暦8月15日(現代では9月中旬)の「十五夜」が有名ですが、「十三夜(じゅうさんや)」はご存知ですか? 十三夜は「十五夜」に次いで美しい月とされていて、栗や豆の収穫期に当たるため、「栗名月」「豆名月」と呼ばれることも。十三夜は旧暦の9月13日で、現代の暦では年ごとに異なり、2019年は10月11日(金)です。

十五夜に次いで美しい、十三夜。その明るく輝く月をお家で楽しむべく、由来やお供えについて、和文化研究家の三浦康子さんに教えてもらいました。

十三夜の由来は? 

中秋(旧暦8月15日)の十五夜にお月見をする風習は、中国唐代の観月の宴が起源とされています。これが平安時代頃に日本に伝わり、貴族が十五夜を鑑賞するようになりました。一方、日本では旧暦9月13日の月(十三夜)も美しいとされ、十三夜もお月見をするようになったそうです。

この風習が庶民に広まったのは江戸時代。陰の象徴である月は「お陰さま」に通じると考えられ、生きる糧である作物に感謝する旧暦9月の「収穫祭」の意味も込めてお月見をするようになったそう。十五夜は中国伝来ですが、十三夜は日本固有の行事なんですね。今でも十三夜は「後の月(のちのつき)」と呼ばれ、十五夜に次いで美しいとされています。

2019年の十三夜は、10月11日(金)。以下のように、毎年日付が異なります。

  • 2020年10月29日(金)
  • 2021年10月18日(木)
  • 2022年10月8日(土)
  • 2023年10月27日(金)
  • 2024年10月15日(火)
  • 2025年11月2日(日)

十三夜は満月ではない!

お月見というと満月のイメージがありますが、十三夜の月は満月になる前なので少し欠けています。欠けた月も美しいと称えるところに、昔の日本人の豊かな感性を感じますね。

十五夜は台風シーズンなので月が見られないことも多いのですが、十三夜の頃には天候が安定するため「十三夜に曇りなし」という言葉もあります。

また、十五夜と十三夜の片方しか月見をしないと「片月見(または片見月)」として縁起が悪いという言い伝えも。一方で、旧暦10月10日のお月見「十日夜(とおかんや)」もあわせた3日が晴天に恵まれると、とても縁起がいいとされています。2019年の十日夜は11月6日(水)です。

お供えはどうするの?

くり

お月見に欠かせないのがお供えです。月の見えるベランダや庭に小さめのローテーブルを出してお供えしましょう。ローテーブルがなければ、小箱にクロスを掛けるか、トレイなどで代用しても構いません。屋外に置けなければ、月が見える窓辺に設置を。

十三夜のお供え物は、月見団子、すすき、栗や豆など。収穫に感謝する行事なので、この時期の収穫物をいろいろお供えしてもよいでしょう。

十三夜の月見団子は13個(または3個)を並べます。月見団子にこだわらず、月に見立てた丸いどらやきやおまんじゅう、月餅などでも楽しいでしょう。短時間でも感謝の気持ちを込めてお供えすれば、下して食べてOKです。

十三夜の頃は栗や豆の収穫期なので「栗名月」「豆名月」という異名も。夕食では旬の栗ごはんや煮豆を味わってみてはいかがでしょう。ケーキ屋さんや和菓子屋さんなどで栗スイーツが充実する時期なので、ベランダで美しい夜を眺めながら栗の優しい甘さに舌鼓、というのも素敵ですね。

監修:三浦康子
和文化研究家。日本の文化を今に生かす方法をさまざまなメディアで提案。「行事育」提唱者。著書に『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)他多数。http://wa-bunka.com/

[All Photos by shutterstock.com]

関連するタグ

はな

hana/編集/ライター

コーヒーチェーン副店長から編集の道へ。現在は保育園児の母とフリーランス編集者の2足のわらじを履く、なんちゃってワーキングマザー。スポーツ観戦が生活の一部で、贔屓チームの勝敗が体調に影響を及ぼす厄介な体質。ワールドカップの日本開催を機にラグビーも勉強中。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事