CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: JAN 23RD, 2022.

【カルディ】一口サイズの可愛い韓国おにぎりが作れる「チュモッパの素」

カラフルで、ちょっと珍しい商品が所狭しと並ぶコーヒーと輸入食品の専門店カルディ。お店を訪れると、魅力的な商品ばかりで気付けばカゴの中が山盛りに!なんてこともありますよね。今回ご紹介するのは、そんなカルディのオリジナル商品「チュモッパの素(韓国おにぎり)」。炊いたご飯に混ぜてひとくちサイズに握るだけの簡単韓国グルメを、実食ルポでお届けします。

カルディオリジナル「チュモッパの素(韓国おにぎり)」をご紹介

>>>【ほっともっと&ほっともっとグリル新商品まとめ2022】新発売メニューやキャンペーンなどほっともっと最新情報を発売日順に並べました!

韓国伝統の家庭料理が簡単に作れる!カルディオリジナル「チュモッパの素(韓国おにぎり)」

「チュモッパ」は韓国伝統の家庭料理で、漬物や野菜、韓国のりなどの具材を混ぜ合わせ食べやすく一口サイズに丸めたおにぎり。カラフルなパッケージが目をひく「チュモッパの素(韓国おにぎり)」は、 そんな「チュモッパ 」を簡単に作れてしまう商品です。韓国のりの風味と酸味が特徴で、漬物の食感がアクセントになっている日本人好みの味わいなんだとか。

袋の中には「チュモッパの素」と書かれた銀色のパッケージと、黄色いたくわんが入ったパッケージが入っています。炊いたご飯にこの2つを混ぜるだけで、韓国グルメを楽しめるとは簡単便利!

さっと混ぜて握るだけ。アレンジも簡単!

さっそく作ってみたいと思います。材料は温かいご飯500g(1.5合)と「チュモッパの素」だけ。お好みでごま油を適量プラスしてもおいしいそう。

「チュモッパの素」を開封してみると、たっぷりの韓国海苔が入っています。韓国海苔のほかにんじん・キャベツ・玉ねぎ・チンゲンサイ・ネギなどの野菜や卵、調味料が入っています。

ご飯に「チュモッパの素」とたくわんを入れてよく混ぜます。

混ざったら、一口大のおにぎりを握ればあっという間にできあがりです。数が多いので大変かなと思いましたが、ラップで包んで握れば簡単にできました。

コロコロと可愛い見た目に、何だかほっこりしてしまいます。

甘辛とろ〜り!コチュジャン×チーズでアレンジ

ご飯の半量はコチュジャンを入れてアレンジしてみたいと思います。大さじ1くらいのコチュジャンを入れ全体になじむまでよく混ぜ合わせます。

混ぜ終わったら、おにぎりの中にピザチーズを入れて握っていきます。

こちらもコロコロと可愛らしく握れました。

2種類一緒にお皿に盛り付けてみると、コロコロと可愛いおにぎりですが存在感抜群。何だか迫力もあり、食卓のメインになってくれそうな雰囲気です。

素朴な味わいと楽しい食感がクセになる!

プレーン

まずはプレーンからいただいてみます。一口食べると広がる胡麻油の香りはまさに韓国グルメ。たくわんは甘さがあり、韓国海苔の香ばしくてまろやかな風味が全体を包んでいます。異国の香りがありながらも、たくわんが入っているせいかどこか懐かしい、慣れ親しんだ味わいです。カリカリしたたくわんの食感がクセになり、ポイポイと口に放り込みたくなってしまいます。

コチュジャン×チーズ

お次はコチュジャン×チーズをいただきます。食べる前に20秒ほど電子レンジで加熱すると、中のチーズがとろ〜りとろけていい感じになりました。あつあつのところを半分食べてみると、甘辛ピリリとした味わいのご飯に、とろけるチーズがよく合います。たくわんのカリカリとした食感がよいアクセントになっていて、やっぱりクセになるおいしさ。ついつい手が伸びてしまいます。少し濃いめの味わいで、お酒のおつまみにもなりそう。

アレンジ自在! 簡単韓国グルメ

カルディオリジナル「チュモッパの素(韓国おにぎり)」は、韓国グルメを簡単に楽しめる商品でした。アレンジも自在で、自分好みの味付けで楽しめるのも魅力です。たくわんが甘めのため、全体的に甘みがあるので、明太子や鮭など、塩気のあるものを入れてもよさそう。見た目もコロコロ可愛いので、食卓も華やぎますよ。ぜひお試しください!

カルディオリジナル チュモッパの素(韓国おにぎり)
内容量:85g(漬物50g、チュモッパの素35g)
価格:378円(税込)
賞味期限:製造日から240日
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4515996937064

[All Photos by Komori]

>>>【韓国レシピ】話題沸騰!やみつきになる「マヌルパン」を作ってみた

>>>炊飯器レシピ【2】本格的!「焼き豚と長ねぎのチャーハン」

>>>47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権!【46】「舞妓はんひぃ~ひぃ~狂辛カレー」|京都府

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事