CATEGORY

POSTED BY ライター こもり 掲載日: DEC 16TH, 2019.

【カルディ】やっぱりおいしい、看板ブレンド「マイルドカルディ」

コーヒーと輸入食品の専門店カルディで、最も人気の高いオリジナルブレンドが「マイルドカルディ」。カルディコーヒーファームの店頭で「おいしいコーヒーを飲みながら、ゆっくりとお買い物を楽しんでいただきたい。 」そんな思いの詰まったサービスでいただける、うれしくておいしい一杯のコーヒー、あれが「マイルドカルディ」です。 そんなカルディコーヒーファームの看板ブレンド「マイルドカルディ」。ご紹介します!

カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ

カフェカルディのドリップコーヒー、マイルドカルディは100g(10g×10袋)で12/1までセール価格で398円(税込)。いつも可愛らしいカルディのパッケージ。こちらの看板ブレンドも、やっぱり可愛いですね!

「カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ」とは?

個別包装されたドリップコーヒーが10包入っています。コーヒーはドリップコーヒーとしては少し多めの1パック10g入り。たっぷり飲めてうれしいですね。

こちらのマイルドカルディは焙煎コーヒー豆としても販売していますが、ドリップタイプは1杯だけ楽しみたいときや旅行のお供として、会社でのコーヒータイムなどにとっても便利。「コーヒーは断然豆派!」という方も、こちらのドリップタイプもあるといざというとき助かるかも。マイルドカルディは厳選したコーヒー豆を中煎りにローストされていて、やさしい甘味を引き出した香り豊かな味わいです。

「カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ」の淹れ方は?

まずはカップを少量のお湯で温めます。

ドリップコーヒーの封を切り、出てきたコーヒー入りのバック上部を切り取り線に沿って切り取ります。封を開けた瞬間に漂うコーヒーの香りはそれだけで満足してしまうくらいよい香りがします。思わず深呼吸してしまいました。

バックのフックを口が大きく広がるようにしてカップにかけ、フックの外側部を折り曲げてツメを立て、注ぎ口を安定させます。

少量の熱湯を注ぎ、約20秒蒸らしてから2〜3回に分けて熱湯を注ぎます。

できあがりの目安は140ccですが、お好みで湯量を調整することが可能です。

飲んでみました

完成です! きちんとカップを温めるところから始めて、丁寧にコーヒーを入れると、豊かな気分になりました。早速ブラックのままいただきます。一口含むと、飲み込む前に香ばしい香りが鼻から抜けていきます。酸味は少なく、柔らかな口当たりで後味にはほんのり甘味が広がりました。

苦味、酸味、こく、全てのバランスがよく、ゴクゴク飲めてしまうスッキリした味わい。癖はないけど、しっかりとしたコーヒーとしての旨味のある「マイルドカルディ 」は毎日のコーヒーにぴったり。

カプチーノ風でいただきます

もう一杯は水の量少なめで濃いめにドリップしたコーヒーに、たっぷりのフォームミルクを入れてカプチーノ風でいただきました。シナモンパウダーも一振り。バランスの良いコーヒーにミルクのマイルドさが加わって、リッチな味わいに。砂糖を入れればカルディの店頭で出会えるあのコーヒーの味に変身。ゆったりとしたティータイムを楽しむことができました。

「カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ」は手軽に本格的なおいしいコーヒーを楽しめる商品。忙しいときや会社でのティータイムにも大活躍です。

カフェカルディ ドリップコーヒー マイルドカルディ
内容量:100g(10g×10袋) 398円(税込)
賞味期限 別途商品ラベルに記載 ※製造から12ヶ月
>>>KALDIオンラインショッピングサイト

※商品名、価格、仕様、発売時期、品揃え等は変更される可能性がございます。

◆今回のアイテムを購入した店舗
カルディコーヒーファーム フレル・ウィズ自由が丘店
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-6-9 フレル・ウィズ自由が丘 2F
電話番号:03-3718-0390
営業時間:10:00-21:00
定休日:施設に準ずる
https://map.kaldi.co.jp/kaldi/detailMap?account=kaldi&accmd=0&adr=13&bid=240&pgret=2

[All Photos by Komori]

>>>【カルディ】カリッと焼くのがおすすめ!中はもっちりのカヌレ

>>>【カルディ】可愛いだけじゃない! わんちゃんダックワーズ ミルクチョコアーモンド

>>>【カルディ】塩レモンパスタソースとさば缶の超簡単リエットがうまし

こもり

Komori/ライター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事