CATEGORY

POSTED BY ライター/パティシエ/ときどき通訳 sweetsholic 掲載日: NOV 21ST, 2020.

植木おじさんに聞く【11】お部屋に飾って楽しむ、カンタン可愛い押し花アート

何気ない日常を少しだけ特別なものにしてくれる、お花や植物。通勤途中に見かける四季折々の花だったり、お祝いごとのブーケだったり、インテリアを彩る鉢植えや観葉植物だったり・・・。そんな植物たちから、今日も元気をもらいましょう! この連載では、お花や植物選びのコツ·育て方などを、園芸に造詣の深い植木おじさんことTさんに教えてもらいます。

今回は誰もが知っている「押し花」について。身近な押し花も、ひと工夫することで、オリジナルのインテリア用品が手軽に作れます。これからの時期にぴったりの、壁飾りを作ってみましょう。

摘んで、挟んで、乾かすだけ! まずは押し花作りから

色合いの美しい葉を摘んできました

まずは押し花を作ります。摘んできた花や葉をキッチンペーパーで挟み、これを新聞紙の間に挟みます。平らなところに押し花を入れた新聞紙を置き、分厚い本などで重しをしたら、2~4週間ほどそのままに。花や植物が完全に乾けばOKです。

重さのある本数冊をのせて、押し花作り

「茶色くなっていない、新鮮な花や植物を使いましょう花をキッチンペーパーで挟む際は下向きにすると、きれいに仕上がりますよ」(Tさん)

押し花アートに必要な材料と作り方

今回は押し花の作り方で乾燥させた葉を使って、クリスマス風の壁飾りを作ってみたいと思います。

【所要時間】
30分~1時間程度

【用意するもの】
押し花、ピンセット、のりまたは木工用ボンド、先の細い筆、フレーム、台紙(※フレームに付いている場合は用意しなくても大丈夫)

【作り方】
1. 具体的な仕上がりイメージを考え、台紙の上にピンセットで押し花を置く。(※一発本番に自信がない場合は、サブの台紙にのせてから、さらに写真を撮っておくと安心です)

2. 筆先にのりまたはボンドを少しのせ、台紙または葉の裏側に塗り、台紙に貼り付けていく。

3. 完全に乾くまでそのままに(※のりの場合は10~15分程度)、フレームに入れたらできあがり。

作るときのポイント

押し花さえあらかじめ作っておけば、小学校の図工のような感覚で、気軽にできると思います。ただ、台紙(または葉)にのりをつけたら、速攻で葉を置かなくてはならず、間違ったとしてもやり直しが効かないので一発勝負。なので、貼り付ける作業は手早くそして慎重に・・・。

紅葉を楽しむ、クリスマスリース。秋と冬のいいとこ取り!

青々としていた葉が、赤や黄色に色づく紅葉。秋から冬にかけて、ほんの短い期間しか楽しむことのできない紅葉を、ずっと眺めていられたら幸せだなぁ···。そんな想いと、冬に向けたクリスマス風のインテリア用品に仕上げたい、という実用性を兼ねたテーマをもとに、今回の押し花アートを作ってみました。というわけで、今回の作品は“紅葉のクリスマスリース”です。

心を込めて作った押し花アートを長く楽しむためにも「直射日光の当たらない場所に置くと、変色が防げます」(Tさん)とのアドバイスをいただきました!

秋はもちろん、花々が咲き誇る春にもおすすめの押し花アート。季節の植物や花々を押し花にして、インテリアに生かしてみてはいかがでしょう? 上手に作れるようになったら、お花好きな人へのギフトにもいいですね。

植木おじさん(Tさん)···ガーデニング&家庭菜園を始めて早30年。都内にある自宅にはガーデニングスペースのみならず、温室も併設、蘭の栽培が得意。愛読書は『趣味の園芸』と『趣味の園芸 やさいの時間』。お花と野菜のことならお任せあれ! 

[herbarium.fr]
[youtube.com / Garden Answer]
[All photos by sweetsholic]
Please do not use the images without permission. 

>>>連載「植木おじさんに聞く」シリーズ バックナンバーはこちら

>>>【知っ得ライフハック】新聞紙と水だけで、窓がピカピカになるって知ってた?

>>>ダイソーマニア100人が選ぶ人気リピ商品ランキング【編集部おすすめ17選も】2020最新版

sweetsholic

sweetsholic/ライター/パティシエ/ときどき通訳

海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。現在の居住地は南フランス。海外のライフスタイルや、各国で学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理、マレーシアが大好き。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

季節の記事