CATEGORY

POSTED BY 料理家、レシピライター taki 掲載日: JAN 3RD, 2021.

【作りおきレシピ】お弁当にもおつまみにも!もっちりおいしい「洋風じゃがいも餅」

定番の「じゃがいも餅」を、洋風にアレンジ♪ レンジを使って時短で仕上げます。具材はベーコンとじゃがいもと調味料のみ! お弁当のおかずにもおつまみにもなって、家族みんなが喜んでくれること間違いなし。シンプルなのに、ついつい手が伸びてしまう味です。忙しいときに、ちょっとあるとうれしい作りおきおかずですよ。

「洋風じゃがいも餅」
「洋風じゃがいも餅」
©︎taki

もっちりおいしい。「洋風じゃがいも餅」

材料(約8個分)

「洋風じゃがいも餅」の材料
©︎taki
「洋風じゃがいも餅」の調味料
©︎taki
  • じゃがいも・・・中3個
  • 薄切りベーコン・・・10枚(約80g)
  • 牛乳・・・大さじ3杯
  • 片栗粉・・・大さじ4杯
  • オリーブオイル・・・大さじ2杯
  • 塩・・・ひとつまみ
  • ブラックペッパー・・・適量

作り方

炒めたベーコン
©︎taki

1. ベーコンは、1cm幅にカットして炒めておきます。

水にさらしたカットしたじゃがいも
©︎taki

2. じゃがいもは洗って皮と芽を取り、一口大にカットします。カットしたら、しばらく水にさらしておきましょう。

※緑色のじゃがいもや芽の出たじゃがいもは使わないようにしてください。

耐熱ボウルにふわっとラップをかけたじゃがいも
©︎taki

3. じゃがいもの水気をさっと切ったら、耐熱ボウルに入れます。ふわっとラップをかけ、レンジで600W7分加熱しましょう。

※加熱時間は目安です。ご家庭の電子レンジにより加熱時間が異なります。
※蒸気で膨張するため、必ずラップはふわっとかけてください。

マッシャーでじゃがいもを潰している様子
©︎taki

4. 加熱したじゃがいもは、マッシャーでしっかり潰してください。熱いうちに、牛乳、塩、ブラックペッパーを入れて混ぜます。

ボウルに片栗粉を入れている様子
©︎taki

5. 片栗粉を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜましょう。

じゃがいも餅の生地をまとめている様子
©︎taki

6. さらに炒めたベーコンを入れ、ひとかたまりになるように混ぜます。混ぜにくい場合は、手袋をした手で混ぜると簡単です。

※ぼそぼそしていたら、牛乳を足して調整してみてください。

成形した「洋風じゃがいも餅」
©︎taki

7. じゃがいも餅の生地を約40gの小判型に成形します。真ん中を凹ませると火が入りやすいですよ。

フライパンに蓋をしてじゃがいも餅を焼いている様子
©︎taki

7. フライパンにオリーブオイルを入れてあたためたら、じゃがいも餅を並べて焼きます。蓋をして弱火で5分〜焼いてください。

裏返したじゃがいも餅を焼いている様子
©︎taki

8. 片面がきつね色になったら裏返し、蓋をして弱火で5分焼きます。両面がきつね色になり、中心まで粉っぽさがなくなっていれば完成です!

焼き上がった「洋風じゃがいも餅」
©︎taki

9. 保存する場合は、冷凍がおすすめです。粗熱をとってから一つずつラップに包み、保存袋に入れて冷凍しましょう。保存期間の目安は冷凍で2週間です。

※粗熱を取る際は、保冷剤などを使って急速に冷ましください。
※保存期間はあくまで目安です。ご家庭での衛生管理をお願い致します。

おつまみ用「ハニーマスタードソース」のレシピ

「洋風じゃがいも餅」と「ハニーマスタードソース」
©︎taki

洋風じゃがいも餅の付け合わせに、「ハニーマスタードソース」を作ってみませんか? そのままでもおいしいじゃがいも餅ですが、おつまみにするときはちょっと物足りないかも。そんなときにおすすめなのが、ハニーマスタードソース。調味料を混ぜるだけでできるので、簡単!おつまみ用にささっと添えてみてください。

材料

「ハニーマスタードソース」の材料
  • 粒マスタード・・・大さじ2杯
  • はちみつ・・・大さじ1杯
  • マヨネーズ・・・大さじ1杯

※はちみつを使用しているレシピです。小さなお子様には食べさせないようご注意ください。

作り方

「ハニーマスタードソース」を混ぜている様子
©︎taki

1. すべてボウルに入れ、混ぜ合わせるだけです!

「ハニーマスタードソース」
©︎taki


2. じゃがいも餅に添えたら完成。

>>>【キャベツ消費レシピ】ハーブでおかず。タイムを使った「キャベツとベーコンのガーリックハーブ炒め」

>>>おうちの焼き肉を「焼き肉店の味」にする裏技とコツ

>>>話題のハーベストミルフィーユサンド食べ比べルポ!一番おいしい作り方は?

taki

taki/料理家、レシピライター

おかず料理家。「いつもの味にもうひとスパイス」をモットーに、「あたらしいおかず」レシピを日々研究。飲食店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰。現在は店舗販売を終了し、レシピ執筆や料理教室などで活動中。おうちの料理人のみなさんに、作る喜びを味わってもらえるような記事を目指します。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事