CATEGORY

POSTED BY ライター/ブロガー 小木原さや 掲載日: APR 13TH, 2022.

即完売!オンライン限定の大人気いちごスイーツ専門店「ICHIBIKO」クッキー缶

代々木や渋谷東急フードショー、NEWoManなど都内を中心に展開している大人気のいちごスイーツ専門店「ICHIBIKO(いちびこ)」。2022年2月に販売されていたセブンイレブンとのコラボスイーツも話題でした。そんな注目度の高いスイーツ店から、オンライン限定で販売するたびに即完売になる商品があります。それが、ICHIBIKOのクッキー缶です。

ICHIBIKOいちごジャムクッキー缶
※ICHIBIKO公式サイトより

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【7】可愛さ最強!サブレミシェルの「ケーキサブレ」

話題のクッキー缶は発売から数日で完売!?再販したら迷わずゲット

クッキー缶は吉祥寺の雑貨屋free designさんの15周年を記念してつくられたものだそう。雑貨のように長く楽しんでもらえるようにパッケージのデザインもこだわりがあり、とても可愛らしい缶で、食べた後も小物入れとして使えそうです。

公式Instagramで再販が通知されますが、発売から数日でいつも売り切れてしまうほどの人気商品なんです。

今回注文のときも再販開始から3〜4日でSOLDOUTになっていました。購入する前後も2〜3日ほどで売り切れていました。再販のお知らせを見たらすぐにポチった方がいいクッキー缶、そのお味はいかに!? 実際に取り寄せ、実食してみました。

ジャムにバター、原材料にとことんこだわるクッキー

クッキー缶の入った段ボールを開封すると、丁寧に梱包されて届きました。ICHIBIKOのいちごミルクの瓶のシールが同封されていました。

味は4種類。

  • いちごジャムクッキー(ハート型/花型)
  • アーモンドクッキー(中央上)
  • バタークッキー(左右上)
  • うさぎのしっぽ(中央下のピンク色)

いちごジャムはミガキイチゴという宮城県の「食べる宝石」と言われているブランドいちごを使用しています。バターは北海道産バターを使用。

一枚一枚ジャムがくっつかないようにセロハンで貼られているのも丁寧さが感じられます。

苺ジャムのクッキーは結構ハードなかたさがあってしっかり噛んで食べるタイプでした。原材料を見るとジャムクッキーだけ【水飴】が入っていました。水飴を入れることにより、砂糖よりも保水性があるため、しっとりと仕上がるそうです。

形はハートとお花の2種類。味は同じです。ハートの方がジャムたっぷりですね。クッキーのサクサクとジャムのしっとり加減が絶妙なバランスです。

うさぎのしっぽ(ピンク色)にもいちごのピューレを使用しており、ほのかに苺の甘みが感じられます。

丸い形がアーモンドクッキー。ナッツの香りがフワッと広がり、苺ジャムクッキーよりもソフトで口の中でほろっとほどけるタイプのクッキーでした。

小ぶりの四角いクッキーがバタークッキー。こちらも食感はアーモンドクッキーと似ており、さく、ほろっと口の中でなくなりました。

賞味期限は製造日より30日とICHIBIKOの生菓子より日持ちしますし、パッケージが可愛いので贈り物にもピッタリなアイテムです。すぐに売り切れてしまうのも納得のお味でした。
在宅ワークの息抜きやギフトに、ICHIBIKOのクッキー缶は、癒しを与えてくれること間違いなしです。

ICHIBIKOのクッキー缶
https://ichibiko-ec.jp/products/r047
2700円 (税込) ※※送料別660円から
【内容量】27枚(いちごジャムクッキー8枚、アーモンドクッキー4枚、バタークッキー9枚、うさぎのしっぽ6個)
【商品サイズ】缶サイズ 85mm×145㎜×h55㎜
【賞味期限】製造日より30日
【保管方法】高温多湿・直射日光を避け、涼しい温度で保管
公式HP:https://ichibiko.jp/20211002-17778

小木原さや

Saya Ogihara/ライター/ブロガー

某有名ケーキショップで広報をしていた、スイーツフリーク。 一児のワーママ。糖質オフにもハマり中。 得意ジャンルはスイーツと冷凍食品。 毎週の楽しみはJWAVEの新番組、「味な副音声」を聞くこと。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事