CATEGORY

POSTED BY ライター 林美由紀 掲載日: JUN 3RD, 2020.

マヨラー必見!マヨネーズで絶品になる裏技アイデア8選【キユーピー直伝】

マヨネーズはサラダにかけるだけではもったいない! 調理するときにちょっとマヨネーズを使えば、お料理がよりおいしくなる裏技をご存知ですか。ハンバーグも揚げ物もチャーハンもパンケーキもプリンも、今よりも「ふんわり」「しっとり」「やわらか」になります。ご存知の方もそうでない方も、キユーピーが直伝するマヨネーズ裏技アイデアを8つご紹介。 さあ、マヨネーズマジックの世界へ出発~!

マヨネーズはそのままでももちろんおいしいけれど、いつもの料理に加えるだけで、食味や食感がアップ! さらにおいしくなるなら、やらない手はありませんよね! 毎日の料理に役立つ8つのマヨネーズ裏技はこちら~!

ふわふわ厚焼き玉子

shutterstock.com

マヨネーズを入れるだけで、冷めてもやわらかい「厚焼き玉子」が作れます!

厚焼き玉子が時間が経つとかたくなってしまうのは、加熱するときにたんぱく質がかたく結合してしまうから。卵にマヨネーズを加えると、乳化された植物油や酢が、加熱によるたんぱく質の結合をソフトにし、ふわふわにしてくれるのです。

乳化された植物油は冷めてもかたまらないので、やわらかいまま、というわけ。 さらに、酢の働きにより仕上がりもきれいなたまご色~。

マヨネーズを使ったふわふわ厚焼き玉子のレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza01.html

ジューシーハンバーグ

shutterstock.com

ひき肉にマヨネーズを加えるだけで、ふんわりジューシーな「ハンバーグ」になります!

ハンバーグがかたくなってしまうのは、厚焼き玉子と同様、火を通すにつれてたんぱく質がかたく結合するから。

ひき肉の5%量のマヨネーズを肉だねに混ぜ込んでおくと、乳化された植物油の細かな粒子が、加熱によるたんぱく質の結合をソフトにし、ふんわりジューシーに仕上げてくれます。

ふわジュワッ。
うん、最高!

マヨネーズを使ったふんわりジューシーなハンバーグのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza02.html

揚げずにえびフライ

shutterstock.com

卵の替わりにマヨネーズを使った衣にすれば、揚げ油が不要になります!

卵の替わりにマヨネーズを塗ってからパン粉をつけてオーブントースターで焼くと、オーブントースター内の熱でマヨネーズの油が分離します。その油が揚げ油の替わりになり、かんたんにえびフライが完成します。

キッチンが油で汚れることなく、揚げ油の処理も不要なので、今まで「揚げ物」のハードルが高かった人もぜひチャレンジを。

気軽に作れる揚げないエビフライのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza03.html

サクサク天ぷら

shutterstock.com

衣に入れる卵をマヨネーズに替えるだけで、カラッと揚がります!

天ぷらがベタッと油っぽくなってしまうのは、衣に水分が残っているからです。

卵の替わりにマヨネーズを使うことで乳化された植物油が衣に分散し、衣の中の水分を残さずに揚げることができるので、カラッとサクサクに仕上がるのです。

天ぷらはできれば、サクサクがいい! それ、自宅で作れます。叶います!

カラッと揚がるサクサク天ぷらのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza04.html

パラッと玉子チャーハン

shutterstock.com

油の替わりにマヨネーズで炒めるだけでご飯がパラパラになります!

油の替わりにマヨネーズで炒めると、マヨネーズ中の卵黄と乳化された植物油が、ご飯の一粒一粒をコーティングするため、パラッと仕上がります。さらにコクもアップ。

チャーハンがいつもベチャベチャ・・・大丈夫ですよ! マヨネーズがありますから。

憧れのパラパラチャーハンのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza05.html

お肉やわらか から揚げ

shutterstock.com

マヨネーズをもみ込むだけでふんわりやわらかになります!

鶏肉に下味をつける際にマヨネーズを加え、もみ込んで揚げると、マヨネーズに含まれる酢が鶏肉のたんぱく質に作用してやわらかくなり、臭みも消すことができます。

乳化された植物油が鶏肉をコーティングするため、パサパサ、カチカチになるのを防いでくれます。

揚げたてはもちろん、お弁当に入れるから揚げはふんわりやわらかであって欲しい! はい、マヨネーズで解決!

ふんわりやわらかなから揚げのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza07.html

ふわふわホットケーキ

マヨネーズを淹れればやわらかふんわり~

生地にマヨネーズを加えるだけでふんわりサクッとなります!

ホットケーキがふんわりとならないのは、小麦粉のグルテン(たんぱく質)がかたく結合してしまうから。生地にマヨネーズを混ぜて焼くことで、乳化された植物油や酢がグルテンの形成に影響を与えるため、生地がふくらみやすく、やわらかくなります。さらに表面はサクッとした食感に。

よりふんわりしたホットケーキを焼くには、裏面を焼くときはふたをして焼くことがポイントです。

ちょっとしたランチにもホットケーキは焼くだけ簡単。
マヨネーズを入れて、どうか「ふんわりサクッ」を体験してみてくださいね!

ふんわりサクッとしたホットケーキのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza06.html

なめらかプリン

いつもかたいプリンになってしまう人はマヨネーズ入れて!

プリン液にマヨネーズを加えるだけでしっとりなめらかになります!

家庭でプリンを作るとかたく仕上がってしまうことがあるのは、厚焼き玉子などと同じように加熱するときにたんぱく質がかたく結合してしまうから。

プリン液にマヨネーズを加えると、乳化された植物油や酢が、加熱によるたんぱく質の結合をソフトにし、しっとりなめらかにできあがります。

マヨネーズのおかげで、いつでもなめらかプリンが食べられます!

なめらかプリンのレシピはこちら>>> https://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/urawaza/urawaza08.html

玉子にマヨネーズを混ぜたら、マヨネーズ味が目立ってしまうのでは・・・ホットケーキやプリンに入れたら酸っぱくなるのでは・・・と心配になるかもしれませんが、大丈夫です!

もちろん味もおいしくて、その上、食感がよくなり、おいしくなるのですから、やって損はありません。

これぞマヨネーズマジック!

今日もおいしいの作ろう~っと。

>>>タバスコの10倍辛い「スコーピオン」がチョコレートケーキを絶品にする!

>>>ダイソーマニア100人が選ぶ人気リピ商品ランキング【編集部おすすめ17選も】2020最新版

>>>料理上手になりたい一人暮らし必見!【3】まずは道具から!おすすめキッチン雑貨35選

林美由紀

Miyuki Hayashi/ライター

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスライター。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、クモの巣、絵本、漫画、子どもなど。グッとくる雑貨、ハンドメイド作品、文具、生き物、可愛いものとヘンテコなものを日々探しています。いつか絵本作りに携わりたいです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事