CATEGORY

POSTED BY ライター mari.M 掲載日: APR 1ST, 2022.

【リチュエル】イースターを祝うフランスの伝統菓子「アニョーパスカル」4月6日発売

フレンチスタイルのブーランジェリー「RITUEL<リチュエル>」から、子羊の姿が可愛らしい「ニョーパスカル」が登場します。「ニョーパスカル」は、「パック<Pâque>」と呼ばれるフランスのイースターの時期にブーランジェリーなどに並ぶフランス・アルザス地方の伝統菓子です。販売期間は、4月6(水)~4月19日(火)の2週間限定です。お見逃しなく!

>>>【東京駅グランスタ】推しパンを探せ!「パンフェア2022」3月29日スタート

RITUEL<リチュエル>って……?

フランス語で「習慣・儀式」意味を持つ「RITUEL<リチュエル>」は、 2015年に誕生。同年11月に青山フラッグシップショップをオープンした、ヴィエノワズリー(※)店です。

厳選された小麦や、北海道産の牛乳、四季が織りなす旬の果物など、こだわりの素材を使ったパンを展開。フランスの古き良き伝統的な製パン技術のもとに生地の温度、水分量、弾力など細やかに調整をしながら、生地を捏(こ)ねる以外の工程をすべて手作業で行っています。

※卵や牛乳、砂糖などを用いたパンの総称。菓子パン。

「アニョーパスカル」 とは?

フランスの「イースター」は「パック(Pâque)」と呼ばれ、春分後の最初の満月の次の日曜日に、家族や友人と春の訪れを祝う行事として親しまれています。

“復活祭の仔羊”を意味する「アニョーパスカル」は、キリストの復活を祝うイースターの時期に、アルザス地方のブーランジェリーやパティスリーに並ぶ伝統菓子。 小麦、バター、牛乳など、シンプルな食材のみで作られる、素朴な味わいが特徴です。

RITUEL<リチュエル>の「アニョーパスカル」

RITUE<リチュエル>では、フランス・南西部ドゥーセーブル地方のAOP(原産地統制)発酵バター「ラ・ヴィエット」を使用し、リッチなブリオッシュ風に仕上げています。軽やかな食感で口どけがよく、後味にバターと卵のコクが広がります。

アルザス地方の伝統に倣(なら)い、イースターである日曜日の朝食やおやつとして、アルザスの白ワインや、カフェ、ショコラショー、紅茶など、お好みのドリンクとともに楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

RITUEL<リチュエル>「アニョーパスカル」
価格:1,200円(8%税込)
販売期間:2022年4月6日(水)~4月19日(火)
展開店舗:RITUEL le grain de ble 伊勢丹新宿店
※1日4点限定
https://baycrews.jp/blog/detail/3151259

[PR TIMES]

※情報はプレスリリース発表時点のものとなります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【12】作り手の愛が伝わる、菓子工房ルスルス「鳥のかたちクッキー」

>>>【東京駅のおすすめ土産スイーツ】みっちり濃厚!「治一郎のバターカステラ」

>>>【シャトレーゼ】ハレの日に食べたい! 期間限定販売のデコレーションケーキ

mari.M

mari/ライター

夫、娘、チワワとの4人暮らし。エンタメ業界で過ごした日々はその時々のトレンドにふれた食べ物や場所を満喫。スパイス、ハーブ、スーパー フード大好き。だけど、チョコとお酒がやめられない。おいしいものをいっぱい食べたいから 日々、筋トレに励む。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事