CATEGORY

POSTED BY ライター こもり 掲載日: FEB 16TH, 2020.

【カルディ】ほろ苦濃厚サクッとおいしい!「くるみとキャラメルのクッキー」

コーヒーと輸入食品の専門店カルディ。目移りしながらおいしそうなスイーツを探していると、たびたび出会うのが世界の銘菓。今回手に取ったのもその一つで、レジの前に積まれた袋入りスイーツ「カルディオリジナル くるみとキャラメルのクッキー(エンガディナー)」。「エンガディナー」とはスイス・エンガディン地方の伝統菓子です。一口サイズの「エンガディナー」、ご紹介します!

【カルディ】「くるみとキャラメルのクッキー(エンガディナー)」とは?

【カルディ】「くるみとキャラメルのクッキー(エンガディナー)」は、スイス・エンガディン地方の伝統菓子「エンガディナー」をひとくちサイズにしたクッキー。くるみ入りのほろ苦いキャラメルフィリングをクッキー生地でサンドした、香ばしく濃厚な味わいです。一口サイズのクッキー4個入りで388円(税込)と少々お高めに感じるお値段。「どうしてこの値段なんだろうか?」と興味をそそられます。

パッケージの封を切るとキャラメルの甘い香りが漂いました。とってもよい香りです。
中には個包装のクッキーが4つ。う〜ん、小さい!

実食!【カルディ】「くるみとキャラメルのクッキー(エンガディナー)」

早速いただいてみましょう! 個包装の袋を切るとますます甘くて濃厚なキャラメルの香り。はあ〜、これは深呼吸するしかない香りです。おいしい香り。

一口サイズのクッキーですが、厚みはかなりあり、普通のクッキー3枚分くらいありそうです。キャラメルとくるみがたっぷり挟んであります。
噛んでみると周りのクッキー生地がサクサクホロホロとほどけていきます。中のキャラメルはヌガーのように柔らかく、その味わいは確かにほろ苦! 予想よりだいぶほろ苦く、濃厚ですが甘過ぎない。挟んであるキャラメルがたっぷりだったので「甘そうだな〜」と思っていましたが、そんなことは全然なく予想とは全く違う味わいでした。くるみの香ばしさもよく合っていてとてもおいしい。小さくても濃厚な味わいで満足できるクッキーです。ブラックコーヒーとよく合う大人のスイーツ。

冷やしてみました

見た目の変化はありませんが、冷蔵庫にしばらく入れて取り出してみると、キャラメルがカチンカチンになっていました。厚みがあるので、持ってみると大理石のようにひんやりしています。
噛んでみると「カッキーン!」といいそうな硬さですが、すぐ割ることができガリガリ、バリバリとキャラメルを噛みながら食べていくのは結構楽しい!

コーヒー専門店に置いてあるのも納得の一品

カルディで見つけた「くるみとキャラメルのクッキー(エンガディナー)」は、小さいけれど、甘味、苦味、香ばしさなど、たくさんのおいしさが詰まったコーヒーにぴったりな濃厚クッキー。コーヒー専門店に置いてあるのも納得の一品です。お一ついかがですか?

カルディオリジナル くるみとキャラメルのクッキー(エンガディナー)
内容量:4個
価格:388円(税込)
賞味期限 別途商品ラベルに記載 ※筆者が購入した時は1カ月でした。

◆今回のアイテムを購入した店舗
カルディコーヒーファーム 東京ソラマチ店
住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 2F 
電話番号:03-3626-3320
営業時間:10:00-21:00
定休日:施設に準ずる
https://map.kaldi.co.jp/kaldi/detailMap?account=kaldi&bid=288&adr=13&pgret=2

[All Photos by Komori]

>>>カルディマニア100人が選んだ人気商品ランキング【実食おすすめ20選も】

>>>成城石井マニア100人が選んだ人気リピ商品ランキング【実食おすすめ13選も】2020最新版

>>>無印良品の不揃いケーキシリーズを8種類全部食べてみた

こもり

Komori/ライター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事