CATEGORY

POSTED BY ライター bobo 掲載日: SEP 25TH, 2021.

【実食ルポ】美しすぎるロブションのモンブランは究極のスタンダード!|ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション

暑さもだんだんやわらいできて、爽やかな風を感じる日も増えてきましたね。そんな季節に食べたくなるスイーツと言えばやっぱりモンブラン。毎年色々な趣向を凝らしたモンブランをケーキ屋さんで見かけますが、今回は秋限定ではなく、通年販売されているという「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のモンブランをご紹介!モンブランのスタンダードともいえるモンブラン、早速実食していきます。

デコレーションにもこだわりを感じるロブション の「モンブラン」

30個以上もミシュラン星を持つフランス料理界の巨匠、ジョエル・ロブション。彼の料理哲学を踏襲し、独創的ながらフランスの伝統を大切にした、バリエーション豊かなお菓子とパンを販売する「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」に行ってきました。

今回紹介するのは、通年販売されている、まさにスタンダードなモンブラン。通年購入できるとはいえ、やはり秋が近付きつつあるまさに今、食べたくなるケーキです。

ジョエル・ロブションと言えばこちらの赤い箱。この渋めの赤とシンプルさに威厳と誇りを感じます。

こちらがそのモンブラン!粉砂糖がうっすらと全体にかかっています。

トップにまーるくのったクリームと、ツヤツヤとした薄い茶色のマロングラッセがちょこん。

美しく繊細なフォルムとデコレーション

ほぼ円錐で繊細な美しいフォルム。絞られたクリームの細さが際立ちます。

こちらの面はカカオパウダーがかかっています。

こちら側は粉砂糖のみが降りかかり、まるで雪のようにも見えます。デコレーションにもこだわりを感じます。

実食!ラム酒が効いた大人の風味

早速まわりのクリームからいただいてみます。口に含むと栗!口の中で滑らか~なフランス産の栗のクリームを味わっていると、ラム酒の風味が広がり舌に残って、鼻に抜けていきます。甘さも結構感じますが、ラム酒の香りが強めで大人の味わい。

クリーム色のムース、栗のクリーム、スポンジときて、一番下のクランチ生地はさくさくとした食感!滑らかな食感が続くと思いきや、食感が突然変化して、これがとってもいいアクセントで飽きさせません。ジャリジャリおいしい~。

トップに飾られていたマロングラッセが、ケーキの中にも所々見え隠れ。こちらはラムの香りはなく、甘さを十分に感じられます。

この季節にぴったりなおいしさを堪能できる「モンブラン」。ラム酒が効いた大人の味。究極のスタンダードを味わってみてはいかがでしょうか。

モンブラン 680円(税込)
消費期限:購入日当日中

販売店舗:ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション全店(恵比寿ガーデンプレイス店/六本木ヒルズ店/丸の内ブリックスクエア店)
ル パン ドゥ ジョエル・ロブションニュウマン新宿店、ルカフェ  ラブティック ドゥ ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店でも販売致します。

※メニューの展開期間・価格・内容は予告なく変更となることがございます
◇詳細は公式ジョエル・ロブションHPからもご覧いただけます
https://www.robuchon.jp/topics/9607.html

[All Photos by bobo]

>>>【モンブラン&栗スイーツまとめ2021】ほっくり癒される秋のおすすめモンブラン&栗スイーツ21選

>>>【新作モンブラン実食ルポ】どちらがおすすめ?ピエール マルコリーニのモンブラン2種を食べ比べ!

>>>【新作食パン実食ルポ】秋を先取り!スチーム生食パン専門店「スチームブレッド エビス」の「栗好きがもっと栗を好きになる モンブラン#スチパン」

bobo/ライター

レコード店バイヤー等音楽関係の仕事を経て現在にいたる。 いまはピアノを弾きまくり、夢は大好きなピアニストに演奏を見てもらうこと。 昭和な風景や街並みに惹かれがち。 ファッションも好物。子供服を作るのも好き。 家庭環境によりフランス事情に詳しい。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事