CATEGORY

ホットソースの代名詞と言ってもいいほどポピュラーな「TABASCO®」(以下タバスコ)。スパゲッティナポリタンにピザにと、しっかりとした辛さにほどよい酸味とちょっとした塩味。絶妙なバランスで、いつもの食べ物をもっとおいしくしてくれます。さて、おなじみのタバスコのトリビアを並べてみました。

TABASCO
TABASCO® Brand

辛いもの好きの登竜門ともいえるタバスコ。自宅の冷蔵庫に、この魅惑の激辛ソースのボトルがいつも入っているという方も多いと思います。そのタバスコにまつわるトリビア、調べてみたらいろいろありました。

日本で販売されているタバスコは6種類!

TABASCO Bottles
(c)Atsushi Ishiguro

タバスコといえば思い浮かぶのは、「TABASCO」の文字が入ったひし形のラベルと赤いキャップのボトル。そこに濃いオレンジ色のソースが入っている姿です。スーパーなどでは、中身が緑のバージョンも見かけますよね。

そしてそれ以外にも実は、あと4種類のタバスコが日本で販売されています。

それを、辛さを表す「スコヴィル値」で並べたものがこちら。2019年発売のスコーピオンソースは、なんとオリジナルの10倍の辛さです。

1位:23,000~33,000|TABASCO®スコーピオンソース
2位: 5,000~8,000|TABASCO®ハバネロソース
3位: 2,500~5,000|TABASCO®オリジナルソース
4位: 1,500~2,500|TABASCO®チポートレイソース
5位: 1,200~1,800|TABASCO®ガーリックソース
6位:    600~1,200|TABASCO®ハラペーニョソース

6種類のテイスティングの記事はこちら!

>>>タバスコは実は6種類ある!辛さを表す「スコヴィル値」順に実食ルポ

また、日本で現在発売されていないソースは以下の3種類。

  • Sriracha Sauce(シラチャ―ソース)タイ料理でおなじみのエスニック系
  • Sweet & Spicy Sauce(スィート&スパイシーソース)こちらはディップのために開発されたそう
  • Buffalo Style Hot Sauce(バッファロースタイルホットソース)チキンウィング、サンドウィッチ、バーガーにピッタリ

どれも気になりますね。

タバスコはカロリーゼロ!

TABASCO 畑
TABASCO® Brand

おなじみのタバスコのオリジナルソースの原材料はタバスコペパー、ビネガー、岩塩の3つだけ。そして、カロリーはゼロ*です。たとえば、ハバネロソースにはマンゴーピューレ、乾燥玉ねぎ、トマトペースト、タマリンドピューレ、パパイヤピューレ、スパイス、にんにくなどの材料が含まれますが、こちらもカロリーゼロ*です。

調理にカロリーを追加することなく、味に深みを加えることができる万能調味料ということで、ちょっとうれしいです。

*小さじ1杯又は5ml当たりのカロリーとして

タバスコ1瓶で720滴!

TABASCO びん詰
TABASCO® Brand

日本のスーパーなどで一般的によく売られているタバスコの瓶は60mlサイズ。1瓶で720滴のタバスコが入っているそうです。ということは、パスタに5滴使うなら144皿分、家族4人なら36回分ということに。逆に、5滴で約0.42mlということになります。

たとえば、オリジナルソースを10滴振ったら、しっかりとした辛さと旨味がプラスされると思いますが、それでも1mlに満たないんですね。200円前後で小売りされている場合が多いようなので、なかなかコスパがいいって言えるかもしれません。

タバスコを製造するマキルヘニー社はずっと家族経営

TABASCO 熟成
TABASCO® Brand

タバスコ創始者のマキルヘニー氏がタバスコの製造を始めたのは1868年。今でも、代々続く家族が会社を経営しています。その場所は、アメリカルイジアナ州のエイブリー島。ここで作られたタバスコが世界195以上の国と地域に出荷されます。一日に作られるのは70万本以上。25の異なる言語や地域言語でラベル付けされているそうです。

そして、従業員200人のうち約半数がエイブリー島に住んでいて、その多くが先祖も代々そこで暮らし働いてきた人たちだそうです。なんだかアットホームですね。

タバスコのレシピは152年間変わっていない!

TABASCO 樽
TABASCO® Brand

そしてその後、今日までの152年間、レシピはほとんどずっと変わらないそうなんです。なんと完成度の高いソースをいきなり作ってしまったもんだと感心してしまいます。ペパーマッシュと呼ばれるペパーと高品質なビネガー、塩を調合したものを、ホワイトオークバレル(ホワイトオークの樽)の中で最大3年間も熟成させるのはタバスコだけ。

タバスコの世界最大の輸出市場はここ、日本!

自動生成された代替テキスト: 
•NYco
TABASCO® Brand

子どもの頃から、なんとなく身近にあったタバスコ。日本人にはかなり馴染みが深いのですが、それもそのはず、なんと世界最大の輸出市場が日本なんだそうです。

タバスコを日本に広めたのは、アントニオ猪木さん!

昭和20年代に日本に入ってきたタバスコソース。昭和45年にはプロレスラーのアントニオ猪木さんが経営するアントントレーディング社が代理店契約を結んで、一気に知名度が急上昇。日本でも長く愛されてきました。

醤油とのコラボソースがあった!

実は、日本企業がタバスコとコラボして作った、しょうゆベースのソースがあるんです。それは正田醤油の「タバスコ®ブランド スパイシーしょうゆ」です。明治時代から続く群馬県館林市の正田醤油。醤油にタバスコをプラスしたスパイシーな味わいで、和洋中のあらゆる料理に合うそう。特にステーキにおすすめだとか。

世界中のシェフが隠し味に使っている!

TABASCO® Brand

タバスコソースが生まれるエイブリー島には、タバスコペパーの畑、代々伝わる岩塩抗、タバスコの工場、ペパーマッシュの熟成施設、約0.7平方キロメートルにわたるジャングルガーデンと名付けられたネイチャーセンターなどもあって、毎年世界中から10万人以上が訪れるそうです。

世界各地の有名シェフや人気料理本の著者も訪れて、マキルヘニー家がおもてなししてきたそう。そうして、料理界の巨匠の多くが、タバスコソースを取り入れた料理を生み出しています。

直営レストランの人気メニューはザリガニ!

TABBASCO畑
TABASCO® Brand

そのエイブリー島の広大なタバスコペパー農園がこちら。そして島内には「TABASCO® RESTAURANT 1868!」という直営のレストランもあります。もちろんタバスコ製品を使ったメニューがいろいろ。

中でも人気なのが「Crawfish Etouffee :ザリガニのエトゥフェ」です。エトゥフェはアメリカ南部の煮込み料理で、ザリガニももちろん南部の人気食材。ルイジアナのザリガニを使って、タバスコオリジナルソースで味付けされていて、ライスと一緒に。

このザリガニのエトゥフェとレッドビーンズとソーセージ、チキンとソーセージのガンボを楽しめる盛り合わせ「Cajun Pirogue Sampler」は、南部料理がいろいろ楽しめて、レストランの1番人気です。ちなみに、2位はザリガニのエトゥフェ(単品)です。

タバスコにまつわるトリビア10選、あなたのまだ知らない豆知識はありましたか?今度レストランでタバスコを見かけたときは、このトリビアを披露すると、会話も盛り上がるかもしれませんね。


TABASCO®ソース ※価格はすべて参考価格です
TABASCO®ハラペーニョソース 60ml 280円(税込)/賞味期限:1年半
TABASCO®ガーリックソース 60ml 280円(税込)/賞味期限: 2年
TABASCO®チポートレイソース 150ml 565円(税込)/賞味期限:2年
TABASCO®オリジナルソース 60ml 280円(税込)/賞味期限:5年
TABASCO®ハバネロソース 60ml 389円(税込)/賞味期限:2年
TABASCO®スコーピオンソース 60ml 429円(税込)/賞味期限:1年半
https://www.instagram.com/tabascojapan/
[楽天][amazon]

>>>タバスコは実は6種類ある!辛さを表す「スコヴィル値」順に実食ルポ

>>>タバスコの10倍辛い「スコーピオン」を辛ラーメンにかけて食べてみた

>>>緑のタバスコ「ハラペーニョソース」がオールマイティ!8つのアイデアで実食

>>>タバスコとアイスが相性抜群ってホント?実食ルポで試してみた

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事