CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター 石黒アツシ 掲載日: JUN 29TH, 2022.

材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【59】なすとエリンギのピリ辛肉味噌素麺

【ほぼ毎週水曜朝7:30配信】「イエモネお昼ごはん部」では、みんなで一緒に料理を作って食べるという活動をしています。でも活動の場は、声だけでコミュニケーションするSNSアプリClubhouse(クラブハウス)で、そのRoomが開くのはほぼ毎週金曜ぴったりお昼の12時。材料ほぼ3つと調味料で、フードコーディネーターの石黒アツシが声だけで作り方を説明して、みんながそれぞれの自宅のキッチンで作り上げます。楽しく食べて13時には撤収完了! 時には全く完成図がわからない場合もあったりするものの、いつもどうにかできあがっています。さて、今週はどうなったでしょうか。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺

今回の料理は「なすとエリンギのピリ辛肉味噌素麺」です。いよいよ地方によっては梅雨明けしてきて、夏本番も目の前です。夏食べたい麺と言えば素麺。ツルっとしたのど越しがたまりません。確かにおいしいのですが、麺つゆと薬味だけでとなるとなんだか栄養が足りないかもとちょっと気になります。それに冷房で体の芯が冷えていると、体を少し温めて血行をよくしたいですよね。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺

そこで今回は、なすとエリンギ入りでピリ辛の肉味噌で素麺をいただきたいと思います。素麺とかけつゆは冷たく、でも具はあたたかいままで冷え過ぎない温度にしましょう。ちょっとジャージャー麺のような温度感になると思いますが、使う調味料はすべて和のものです。

なすとエリンギにひき肉の3つの食感で!

材料

なすがおいしい季節になってきました。油に合うなすをひき肉と炒めますが、もう一つエリンギも入れて3つの材料の食感も楽しみます。味噌は自宅にあるいつものもので。しょうがと一味唐辛子で体を温めます。

素麺は好きなものを用意してください。筆者は徳島県のちょっと太めの「半田素麺」にしてみます。スープは、顆粒のかつおだしと鶏がらスープを合わせます。

なす2個
エリンギ大1個
豚ひき肉200g
おろししょうが大さじ1
味噌大さじ2
大さじ2
みりん大さじ1
白すりごま小さじ1
一味唐辛子小さじ1
素麺2把
鶏がらスープの素小さじ1
顆粒かつおだし小さじ1
200ml
植物油大さじ1
オプション 糸唐辛子、大葉、三つ葉、青ネギなど 

下準備をして先にスープを作っておきます。

下準備

  • なすは縦に4つに皮をとり(ピーラーで90度ごとに皮をそぎます)、ざく切りにします。エリンギは長さ3㎝位の短冊切りにします。
下準備
  • 味噌、酒、みりん、白すりごま、一味唐辛子を混ぜておきます。
合わせ調味料

スープを作り、具を作り、次に麺を茹でます

1.小鍋に、水、鶏がらスープの素、顆粒かつおだしを入れて火にかけて溶かし(沸騰しなくてもいいです)、氷を入れたボールに小鍋ごと入れて冷ましておきます。

スープ

2.フライパンを中火にかけ、植物油としょうがを入れて香りが出たら、豚ひき肉を入れて色が変わり始めるまで炒めます。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺

なすとエリンギも加えて、全体に油がしっかり回るまで炒めます。

3.混ぜておいた調味料を入れてよく混ぜます。

ふたをして弱火にして、なすが柔らかくなるまで炒め煮にします。

こんな感じに、水分は少し残っています。火を止めておきます。

4.素麺を商品の表示に従って茹でて水に取り冷やしてざるにあげます。

5.器に素麺を盛り、1のかけ汁をかけ、3の具をのせます。オプションをトッピングします。

大葉と糸唐辛子をトッピングしました。

みなさんどうなったでしょうか。今回は山口さんがリーダーでした。

実は今回は事情により、石黒が準備したレシピを山口さんにお渡ししてみんなと作ってもらうということになりました。さて、どんな結果になったでしょうか。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺
©Maru

Maruさんはいい感じに高く盛り付けてくれました。

「本日もウマでした! 上にのせるの、何もなかったので、プランターのほうれん草の子どもを! 色味で一味もちょいとのせました。ピリ辛、なすがふわふわでした。なすは昨日採れたてお向かいさんのレンタル農園のなす!」

この時期、夏野菜がおいしいですよね。のせる葉野菜は何でもおいしいです! 一味を最後に振るのもいいですね。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺
©Mayumi

「いつもはお素麺にあんまり何ものせないので何束も食べていますが、今日は肉と茄子がボリューミーで2束でもちゃんと満足感がありました。追い一味も辛くておいしかった〜〜!」とMayumiさん。
 

Mayumiさんはいつもしっかり食べたい派。具がたっぷりなので麺とのバランスもよかったかと思います。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺
©Aya Yamaguchi

間違えてひやむぎを買っちゃったのは山口さん。

「結果オーライ。食べ応えのある肉麺になりました。でもお味は品よく控えめで、なすの味噌炒めでありながら庶民くささがないのはさすがだなと感じました。味噌はひかり味噌󠄀の円熟です。トッピングは三つ葉と大葉。」

今回は和の調味料を使っているので、三つ葉と大葉は大正解だと思います。食べ応えがありながら、さっぱりな仕上がりになりますよね。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺
©M.Mari

M.Mariさんは具がたっぷり! これはスタミナがつきそうです。

「味噌は、信州味噌・仙台味噌・八丁味噌を全部まとめて保存しています。今日は、信州味噌メインにあとはくっついてきた他の味噌が少々、という感じです。残りは冷奴にのせまーす!」

味噌を一つの入れ物に並べて入れて保存しているんですね。いろんな配合になって楽しそうです。そうそう、具は冷奴にのせるといつもと違うごちそう冷奴になります。

なすとエリンギのピリ辛肉みそ素麺
©Chika

「調味料の説明のくだりで、いつも味噌汁用に使ってる麦味噌を入れてしまい、味が薄そうな気がしたので志まやの御前味噌天然を足しました! トッピングは大葉です。素麺が紫色のものを使ったので、ゆめかわ風になっちゃった。。。」

Chikaさんも味噌を合わせたんですね。好きな味にするのがやっぱりいいと思います。「ゆめかわ」って素麺にも使えますね!

さ、おいしくできて元気もりもり、午後も頑張れたと思います。次回は、「タイ風海老のつつみあげ」に挑戦です。

[All photos and recipe by Atsushi Ishiguro unless otherwise attributed.]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事