CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター 石黒アツシ 掲載日: FEB 9TH, 2022.

材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【42】中華風鶏の香りローストに挑戦!

【ほぼ毎週水曜朝7:30配信】声だけでコミュニケーションするSNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」で活動中のイエモネお昼ごはん部。そのClubhouseでのRoomが開くのはほぼ毎週金曜ぴったりお昼の12:00です。材料ほぼ3つと調味料で一緒においしいごはんを作って食べようという試み。事前にお知らせするのは、料理名と材料の情報だけ。それをRoomでは声だけのコミュニケーションで作ります。レシピと、参加者が作った料理の写真、感想を後日まとめてお届けしているのがこちらです。

中華風鶏の香りロースト

>>>材料ほぼ3つ!簡単うまい昼レシピ【41】なぜかエスニックな焼うどん!

今回は、食卓に出せば「お、これは豪華な鶏料理!」と思ってもらえそうな「中華風鶏の香りロースト」を作ってみます。手の込んだように見えるこの料理を、60分間の規定時間内に作って食べてと完了できるのでしょうか! それともこの企画初めてのタイムアウトになってしまうのでしょうか……。

五香粉(ウーシャンフェン)ですっかり中華!

イエモネお昼ごはん部でこれまでに2度使った「五香粉」。八角、シナモン、花椒、クローブ、ちんぴといった5つのスパイスを配合した中華の合わせスパイスです。珍しいスパイスって使いきれずにしまいっぱなしになることもありますが、イエモネお昼ごはん部では使い倒しましょう! 「魯肉飯(ルーローハン)」、「鶏排(ジーパイ)」に続く第3弾です!

材料:鶏もも肉と長ネギと生姜!あとは調味料です

材料

材料はこれだけ。鶏もも肉を、ネギと生姜がアシストしますよ。五香粉は小さじ1/2ですが、しっかり存在感がある味に仕上がります。

鶏もも肉1枚200~250g
長ネギ1/2本薄切り
3㎝分は白髪ネギにします
生姜1個薄切り チューブ入りなら小さじ1
しょうゆ大さじ2 
大さじ1あれば紹興酒で
砂糖大さじ1/2 
ごま油大さじ1/2 
五香粉小さじ1/2 
パクチー適量 

たれに漬けて15分、オーブン15分にレンジ3分!

五香粉を入れたたれに漬けて、オーブンで色よく焼いて、中の方はレンジで火を通せば大丈夫! 40分くらいでできあがります!

つけだれ

1.しょうゆ、酒、砂糖、ごま油、五香粉を合わせて、長ネギ、生姜を漬けておきます。

2.鶏は皮目を下にして、縦横に1㎝くらいのさいの目に切れ目を入れて、①にいれて15分間漬けておきます。

3.オーブンを230℃に温めます。

4.鶏の皮がついていないほうに、長ネギと生姜を巻くように入れて、耐熱皿に皮目を上にして鶏を置いたら、皮で包むように軽く形を整えます。残った漬け汁を上からかけて15分ほど焼きます。

5.焼きあげた鶏をカットし、ラップを軽くかけて、さらに600Wのレンジで3分加熱します。

中華風鶏の香りロースト

6.皿に盛り付けてたれを皮目につけて照りを出して、白髪ネギとパクチーを飾ります。

中華風鶏の香りロースト

みなさんのできばえはどうでしょうか!

中華風鶏の香りロースト
©Chika

Chikaさん、いい感じの色合いに焼きあがっていますね。

「いい味でおいしかったです! チキンだけでおなかいっぱいになりました。白髪ネギはもっともりもりでもよかったかも」

チキンのやわらかさに白髪ネギのシャキッとした食感をプラス。いいですよね。

中華風鶏の香りロースト
©Aya Yamaguchi

こちらも皮目がいい色。赤い柄の皿は中華に合いますね。

「今日のメニューは歴代レシピのTOP3に入るくらいお気に入りになりそうです。私こんなすごい料理作れるんだって自分の腕前勘違いしちゃいそう。味が専門店の味でした。パクチーと白髪ネギのシャッキリがこれまた抜群に合う! 最高!」

中華風鶏の香りロースト
©Aya Yamaguchi

オンザライスがいいんですよね。こんどは青い器でチキンが映えます。

中華風鶏の香りロースト
©Mayumi

学生時代にこんなの食べたかった! といった感じの定食屋のワンプレート風にまとまったMayumiさん。

「自分で作ったとは思えないおいしさでした。ご飯やパクチーとの相性も最高です!!」

五香粉を使うと、いつもとはちょっと違った特別感が出ていいですよね。

中華風鶏の香りロースト
©Mari.M

Mari.Mさんはたっぷり白髪ネギで、お皿の雰囲気もあってすっきりした仕上がりに見えます。

「鶏肉とネギだけでこの味! 五香粉スゴいですね! 鶏肉はプリプリ甘いネギと白髪ネギのタッグもグッドでした!」

そうですよね。材料も調味料も少なかったのにおいしくなりますね。

というわけで、どうにか時間内できあがっておいしくいただきました。次回は「グリーンカレーでお雑煮」です!

[All photos by Atsushi Ishiguro unless otherwise attributed.]

>>>炊飯器レシピ【5】記念日ディナーに作りたい!「ローストビーフ」

>>>【韓国ラーメン実食】モチモチ平麺がうまい!「オットギ カレーラーメン」

>>>カルディマニア100人が選んだ!絶対買うべき人気商品ランキング【新商品と実食おすすめ55選も】2022最新版

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー&フードコーディネーター

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

レシピ/献立の記事