CATEGORY

POSTED BY ライター 林美由紀 掲載日: FEB 11TH, 2020.

毎日、この子たちに会える。これ以上の幸せってないんじゃないのかしら。

あくまでも主役はお料理で、そこに花を添えるお皿などの食器。スプーンやお箸などのカトラリー。そして、そのカトラリーの1つであるお箸を支えるのが、箸置き。箸置きは決して主役ではないけれど、日に何度も目にして使うものだから、やっぱりお気に入りがいい。そう思っていたら、こんなに可愛い子たちを見つけてしまったのです。

箸置き 金魚 鶏 犬 猫 可愛い箸置き カトラリー 京東都 日本

猫や犬、鶏に金魚。日本をしっかり感じられて、可愛くて幸せ。京東都の刺繍ワッペンをもとに 瀬戸の陶磁器メーカー「中外陶園(ちゅうがいとうえん)」 の技術によって立体化した箸置きです!

京都の刺繍工房のブランド「京東都」

刺繍ブランド「京東都」

今回ご紹介する箸置きを制作するのは、京都の刺繍工房が、新しい文化継承のかたち・刺繍の可能性を考えるというコンセプトで立ち上げた刺繍ブランド「京東都(きょうとうと)」。

「京東都」とは、ニッポンの伝統=「京都」とニッポンの今 =「東京」を掛け合わせたブランドネームなのだそうです。

そんな 「京東都」 の箸置きは可愛いを通り越して、愛おしいものばかりなのです!

猫・犬・鶏・金魚の箸置き

瀬戸で焼き物が始まったのが約1000年前。陶磁器製の人形づくりがはじまったのは、明治時代後半。それから100年…… 京東都の刺繍ワッペンをもとに 瀬戸の陶磁器メーカー「中外陶園」 の技術によって立体化。そして、できあがったのが、猫や犬、鶏に金魚と生き物をモチーフにした箸置きです。

背を低くして前方をじっとみすえた「とら」、尻尾をあげて獲物を狙う「みけ」、にっこりほほえんだ「たま」の3種類です。

「とら」は背を低くして何を見ているのかな
「みけ」の獲物はどこ?
穏やかな「たま」

よく見る猫の姿が箸置きに。
それぞれの表情も味があります。

飛び跳ねて遊ぶ子犬の「ころ」、後ろ足で顎の下をかこうとしている子犬「ぽち」、リラックスして座っている犬「はち」の3種類です。

元気に遊ぶ「ころ」
かゆいところに足は届くかな? 「ぽち」
この表情は……可愛すぎる! 「はち」

ほんわかとした表情の犬たちが可愛いですね。
どの姿にも癒されます!

日本の愛鶏家によって多種多様な羽色が作り出された、小型愛玩鶏の花形「碁石」。

模様が碁石のように見える鶏「碁石」

江戸時代ベトナムにあった国チャムパから渡来。小型で短脚なのが特徴の「チャボ」。

おなじみ!? の「チャボ」

日本に渡来した最初の鶏。原始の姿を留める貴重な存在。羽色は赤笹の「地鶏」。

緑っぽい羽根も特徴の一つ「地鶏」

江戸時代、唐より渡来。緑黒色の羽根色と黒い脚を持つ。長鳴鶏のひとつ「唐丸」。

黒い足が特徴的な「唐丸」

背丈があり風格のある大型鶏。鳴き声(謡)が美しい、長鳴鶏羽色は五色の「声良」。

鳴き声が美しい「声良」

以上、5種類。
体の模様やその姿もそれぞれが個性的。
羽の色も美しい箸置きです。

金魚

転写と手描きを両用した絵付け。ちょっとずつ違う表情がかわいらしい「花房」。

コロンとした姿が可愛い「花房」

金魚和片(ワッペン)が立体になった「琉金」。

THE金魚な「琉金」

箸置きではもったいない。飾りたくなってしまうクオリティの「土佐錦」。

美しい「土佐錦」

細部に宿る美。鱗の表現にも注目したい「パンダ蝶尾」。

美しくも少しユーモラス「パンダ蝶尾」

瀬戸の土の柔らかさを生かし、繊細な部分までこだわった「蝶尾」の5種類。

赤と黒のコントラストがいい「蝶尾」

さまざまな形、色、模様の金魚たちが美しい。
丸っこい姿がユーモラスにも見える箸置きです。

現在、売り切れ中のものもありますが、気になるもの、欲しいものがあれば、「再入荷のお知らせ」ボタンを押して、お知らせを待ちましょう!

さて、お気に入りの子は見つかりましたか?

刺繍屋さんが作る箸置きは、「和」を感じさせ、繊細で美しく、どこかユーモラスで可愛らしい。

見ているだけでとっても癒されます。

食事の度に、この子たちに会えるなんて、こんな幸せなことはないのではないでしょうか。

今日はどの子にお願いしようかな。
そんな素敵な悩みが生まれそうです。

今回、ご紹介したのは箸置きですが、「京東都」には和モダンでユニークなアイテムがたくさんありますので、ぜひ、覗いてみてください!

商品名:京東都 箸置き
価格 (税込):1,980円~2,420円
URL>>> https://www.kyototo.jp/SHOP/147509/147547/list.html

画像提供:京東都(株式会社ドゥオモ)
取材協力:京東都(株式会社ドゥオモ)

>>>AKOMEYA TOKYO 雑貨も食品もネコだらけの「猫大祭」開催するよ~

>>>【人気お取り寄せグルメ】福よ、来い。ほっこり可愛い猫の「たらふくもなか」

>>>LUSHのお店でコアラソープを買うとオーストラリアの動物達を支援できるよ

林美由紀

Miyuki Hayashi/ライター

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスライター。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、クモの巣、絵本、漫画、子どもなど。グッとくる雑貨、ハンドメイド作品、文具、生き物、可愛いものとヘンテコなものを日々探しています。いつか絵本作りに携わりたいです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

生活雑貨の記事