CATEGORY

POSTED BY Webコンテンツクリエイター 姜 淑伊 掲載日: OCT 28TH, 2019.

部屋が癒しの空間に!ニトリのプチプラ「切り株クッション」

「インスタ映えする」「癒される…!」と話題。ニトリのプチプラアイテムである「切り株クッション」をご存知でしょうか?部屋に置くだけで、癒しの空間に即変身。可愛らしい見た目だけでなく、使い勝手の良さも魅力なのです。お手頃価格なので、秋冬に向けて模様替えを検討されている方は、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか?

ニトリの切り株クッション。置くだけで、癒し系インテリアに変身。
左がスツール(ロータイプ)、右がチェアパッド
©️kansugi

部屋が森になる!

筆者の家のリビング。インテリアのテーマは森。
©️kansugi

筆者の家にはスツールが2つ、チェアパッド6つを導入しています。リビングに、杉の木一枚板にオイルを塗りDIYしたローテーブルがあるのですが、こちらと相性抜群。本物の木と相まって、ニトリの切り株クッションが“癒しの森空間”を見事演出してくれています。

>>>今すぐ欲しくなるインテリア雑貨をもっとチェック!

チェアパッド

その名の通りの使い方

シンプルなパイプ椅子も、可愛く変身。
©️kansugi

シンプルな椅子にチェアパッドをのせるだけで、癒し系デザインチェアーに大変身。サイズが大きすぎず薄すぎないので、使い勝手がよいです。

そして、切り株の木目調はどんなデザインの椅子とも合わせやすいところが魅力。インテリアのコーディネートが苦手、という方でも気軽に導入しやすいです。

来客時にちょうどよい

森の会議みたい。笑
©️kansugi

チェアパッドは厚さ3cmなので、かさばりにくいところがGOOD。普段はクローゼットの中にしまったり部屋の端に重ねて置いて、来客時に総動員!なんて使い方ができます。本物そっくりな切り株クッションを目の前に、お客様は思わず顔がほころぶはず。

スツール

ミニテーブルとしても使える

スツールがテーブルに変身。
©️kansugi

ロータイプのスツールは、ちょっと何かを置きたい時に便利。カッティングボードなどを敷けば、ドリンクも置くことができます。

その他にも、スツールにスマホやPCを置いて、ベッドやカーペットの上で寝転がりながら作業したり。のんびり過ごしたいときに活躍。軽くて持ち運びが楽なので、好きな場所にスツールを持っていって、自分だけの空間を楽しめますよ。キャンプなどのアウトドアに持っていく人も多いそうです。

チェアパッドとの合わせ技

重ねた見た目も愛らしい。
©️kansugi

スツールの上にチェアパッドを重ねれば、簡単に高さを調整できます。スツールはチェアパッドに比べると少し硬め。なので、柔らかい感触がお好みならチェアパッドを何枚か重ねてフカフカにするのも◎。

特に来客の際、「あぐらや正座は脚が痛くて辛い」という方がいらっしゃれば、この組み合わせは重宝されますよ。

オールシーズン使える

スツールとチェアパッド、どちらもまるで本物のようなハイクオリティ。生地は肌触りなめらかなポリエステル素材なので、季節問わず使えます。

これから模様替えを検討されているという方は、ぜひ切り株クッションを導入してみてはいかがでしょうか。きっと、あなたの部屋を癒しの空間へと演出してくれるはず。

>>>今すぐ欲しくなるインテリア雑貨をもっとチェック!

フロアスツール(キリカブ16)ロータイプ 税込1,518円
商品コード 7803935
ニトリ公式通販

チェアパッド(キリカブ16) 税込711円
商品コード 7803934
ニトリ公式通販

スツールは幅35×奥行35×高さ30cmのハイタイプと、幅40×奥行40×高さ15cmのロータイプ2種類あります。チェアパッドは1種類で、大きさは幅35×奥行35×高さ3cm。

姜 淑伊

Kan sugi/Webコンテンツクリエイター

ライティングから写真、動画、デザインなど、マルチにこなすWebコンテンツクリエイターkansugiです。2014年に株式会社タップスを設立し独立。DJ歴は約16年、2015年には調理師免許を取得し料理家としても活動しています(2019年にはママになりました)。さまざまな経験から培ってきた感性や知識を活かし、皆さんの暮らしに役立つ「+1アイデア」を発信いたします。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事