CATEGORY

POSTED BY 副編集長 山口彩 掲載日: DEC 3RD, 2019.

【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】ビームス ジャパン 渋谷の限定商品とは?

100年に一度の再開発が進む渋谷に、また新しい名所が誕生。2019年12月5日(木)渋谷駅西口前「渋谷フクラス」内に「東急プラザ渋谷」がオープンします。大人向けのお店が69店舗集結する注目の東急プラザ渋谷から、今回は「ビームス ジャパン 渋谷」をご紹介。新宿に続く第2の“新拠点”として登場、BEAMS JAPANの世界観を体感できるお店ですよ。渋谷限定商品も!

【渋谷フクラス 東急プラザ渋谷】ビームス ジャパン 渋谷

日本の“匠”から“サブカルチャー”まで

入り口で出迎えてくれたのは伊勢名物「赤福」。
12/5〜12/7の3日間限定で店頭販売されます

「ビームス ジャパン 渋谷」は、日本をキーワードにキュレーションされたものが並びます。日本のものづくり文化を伝えるものから、渋谷土産、当たり付きアイスのコラボまで、実に多彩なラインナップです。

限定「ビームス ジャパン ハチ公ロゴTシャツ」

半袖Tシャツ 税込6380円/長袖Tシャツ 税込8580円

渋谷といえば、ハチ公です。ハチ公とBEAMS JAPANのロゴを組み合わせた限定Tシャツは、新たな渋谷土産の筆頭候補になりそう。

限定 交通安全グッズ

半袖Tシャツ 税込8250円/長袖Tシャツ 税込9350円/キャップ 税込6380円など

そして渋谷といえばスクランブル交差点。外国人観光客のフォトスポットでもある象徴的なスクランブル交差点をデザインした、交通安全グッズも多数そろいます。

大 税込4400円/中 税込2530円/小 税込1980円/特小 税込1430円

こちらは限定ではありませんが、交通安全グッズのコーナーに並ぶ「オビツ製作所×BEAMS JAPAN 別注蓄光キューピー」。メイドインジャパンにこだわった精巧な「オビツキューピー」は、世界的に有名なのだそう。

特小サイズはキーホルダーになっていました

限定「TOWER RECORDS × BEAMS JAPAN 永井博Tシャツ」

各税込6600円

渋谷といえば、タワレコも忘れてはいけません。タワーレコードとBEAMS JAPANが並ぶ風景のTシャツは、イラストレーターの永井博氏が描きました。

当たり付き!井村屋「ゴールドあずきバー」

井村屋 ゴールドあずきバー 税込220円

こちらは日本の「国民的アイス」として知られる「あずきバー」とのコラボ。当たりが出たら、あずきミラーチャームがプレゼントされますよ。歯にあずきがついてないか、身だしなみをチェックしましょう。

日本のものづくり、まだまだあります

ビームスオレンジが印象的な「おかげ手ぬぐい」税抜1500円
富士山モチーフの茶碗 税抜770円/れんげ 税抜880円
ビビッドな色合いが可愛いまねきねこ 税抜4070円

>>>可愛い動物モチーフのグッズやグルメをもっとチェック!

Kamenoko Sponge 税抜300円/亀の子束子 税抜340円
キューピーちゃん人形は、サイズもカラーもいろいろ。

この他にも、日本のファッションを世界に誇れるカルチャーのひとつと考えて拡充されたオリジナルウエア、年末に公開をひかえた映画「男はつらいよ」第2弾コラボ企画なども新宿店と同時にスタート。訪れると、日本の魅力を再発見できそうですよ。

ビームス ジャパン 渋谷(BEAMS JAPAN SHIBUYA)
オープン日:2019年12月5日(木)
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号 東急プラザ渋谷 2F
電話番号:03-5422-3974
営業時間:10:00-21:00
取り扱いレーベル:
メンズ:< BEAMS>
ウィメンズ:< Ray BEAMS > <BEAMS BOY>
雑貨・その他:<BEAMS JAPAN><TOKYO CULTUART by BEAMS>

https://www.beams.co.jp/special/beams_japan/07/

[All Photos by Aya Yamaguchi]

>>>【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】リニューアル後のテナントゆっくり現地ルポ

>>>AKOMEYA TOKYO 東急プラザ渋谷の限定アイテムとプレゼントはこれ!【渋谷フクラス】

>>>新ブランドtamayoseの可愛い和のお菓子はここだけ!【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】

>>>新生「渋谷PARCO」ってどんな感じ?地下のカオスから屋上まで現地ルポ

山口彩

aya yamaguchi/副編集長

インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。旅と自由をテーマとしたライフスタイルメディア「TABIZINE」編集長を経て、姉妹媒体「イエモネ」を立ち上げる。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。引越し歴は15回。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事