CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー 石黒アツシ 掲載日: DEC 4TH, 2019.

新ブランドtamayoseの可愛い和のお菓子はここだけ!【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】

12月5日にグランドオープンの「東急プラザ渋谷」。4年以上の再開発を経て開業した「渋谷フクラス」の2階から8階、17階と18階のフロアに「大人をたのしめる渋谷へ」をコンセプトにいよいよ再開です。エスカレーターを昇った2階のエントランスを入ると、そこは吹き抜けの落ち着いたホール。入ってすぐ右側にあるのが今回ご紹介する「tamayose(たまよせ)」です。和モダンスイーツの新ブランド、その1号店です。ここだけです。

パッと見にはコスメのお店のような整然とした空間。よく見てみると並んでいるのは和のテイストのお菓子です。自分で作れる「ふきよせ」って?さて、どんなお店なんでしょう。

「ふきよせ缶」はお菓子の宝箱

お年賀缶 2300円(記事内の価格はすべて税抜きです)

正方形の缶に入っている様々な形をした、20種類以上の可愛らしい小さなお菓子。こちらは「お年賀缶」。2020年の干支、ネズミの絵馬を模したお菓子が入っています。

クリスマス缶 2300円

もうすぐやってくるのはクリスマス。クリスマス缶のほうには星型のお菓子がちりばめられていて、こちらも季節感バッチリ。

しょっぱい缶 2000円

こちらはレギュラー商品の「しょっぱい缶」。しょっぱい味のお菓子でまとめてあります。野菜たっぷりとれそうです。また、甘いものでまとめた「甘い缶」(2000円)、ハーフ&ハーフの「甘じょっぱい缶」(2200円)もあります。

「カスタムふきよせ」で自分のふきよせを作る

ボトルに詰められた、たくさんの小さいお菓子は「カスタムふきよせ」のサンプル。自分の好きなお菓子を詰めて、好きなシール(2枚まで)を貼って完成させる、カスタムメイドの「ふきよせ」です。

ずらりとならんだお菓子。この裏側にももっと並んでいます。サイズは、ボトル(1300円)、Lサイズの袋(850円)と、Mサイズの袋(600円)の三種類です。これはちょっとしたプレゼントによさそうですね。

どら焼き、柿の種、「和クッキー」に「ザ・黒棒」も!

粒あん(200円)/栗(250円)

どら焼きは、粒あんぎっしりの「粒あん」と栗が丸ごと入った「栗」の2種類。ぽってりとした猫の焼き印がいい味出してます。隠し味のメイプルシロップの甘さがポイントです。

柿の種は、「甘口醤油揚げ」、「旨塩」、「ハーブソルト&ビネガー」、「和風だしカレー」、「山椒の甘辛醤油」、「梅ざらめ」、「激辛一味唐辛子」、「柚子レモン」の8種類(各450円)。国産のもち米を使って、なんと一つずつ型で抜いて作るそうです。

まとめて買うなら、4つとか8つを好きなように組み合わせてボックスに入れてくれます。これもプレゼントにいいかも。

「ザ・黒棒」はあの黒棒。昔からのお菓子の定番。黒糖の甘さはそのままだけど、洋菓子風な見た目に仕上げたそうです。プレーン、レーズン、栗の3種類。各2本ずつ入った6本入りボックス(1500円)、各4本ずつ入った12本入りボックス(3000円)があります。

「和クッキー」は、バターたっぷりのクッキーに和の素材を加えて作ったそうです。「抹茶くるみ」と「胡麻きなこ」の2種類。75g入りのパッケージです(各600円)。

なるほど、大人というコンセプトがよく伝わってくるお店です。それに、今のところここだけでしか買えないものばかり。パッケージも様々で、プレゼントしたら喜んでもらえそうです。

「tamayose」とは、「珠=(宝物)のようなお菓子が集まった店」という意味だそうですよ。なるほどです。

tamoayose
https://shibuya.tokyu-plaza.com/shop/detail.html?_id=20004
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-2-3(渋谷フクラス2F)
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休

[All Photos by Atsushi Ishiguro]

>>>【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】リニューアル後のテナントゆっくり現地ルポ

>>>AKOMEYA TOKYO 東急プラザ渋谷の限定アイテムとプレゼントはこれ!【渋谷フクラス】

>>>【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】ビームス ジャパン 渋谷の限定商品とは?

>>>「渋谷の香り」ってどんな香り?答えは「アットアロマ」にあり。【渋谷フクラス|東急プラザ渋谷】

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事