CATEGORY

POSTED BY 編集/ライター はな 掲載日: DEC 26TH, 2019.

正月飾りはいつからいつまで飾るべき?しめ縄やしめ飾りの意味やルールは?処分方法は?

正月飾りと言えば門松、しめ縄、しめ飾り、鏡餅などいろいろと種類があります。近年ではモダンなデザインや、マンションの玄関でも飾りやすい小さめサイズの正月飾り、フリマアプリの手作り品などもありますよね。11月下旬から12月末まで、たくさんの色鮮やかな飾りが店頭に並びますが、正月飾りはいつ飾ってもいいものではありません。飾ってはいけない日や外すべき日、いつまで飾るべきか、処分方法などのルールを、それぞれの飾りの由来や意味とともに紹介します。

門松やしめ縄、鏡餅などの正月飾り。これらの由来や飾り方、いつからいつまで飾ればいいのかのルールを、和文化研究家の三浦康子さんに教えてもらいました。

なぜ正月飾りをするの?

門松、しめ縄(しめ飾り)、鏡餅。これらの正月飾りは何のために飾るのか、その意味をご存知ですか?

正月飾りは、「年神様(としがみさま)」をお迎えするためのもの。年神様とは新年を司る神様で、元旦に家々にやってきて、一年の幸せや健康をもたらしてくれるといわれています。新年が幸多い年になるように、大掃除で家中を清めたら、正月飾りを飾って年神様を迎える準備をしてくださいね。

正月飾りは、いつ・どこに飾ればいい?

正月飾りは大掃除を終えた後、12月28日までか、30日に飾りましょう。

29日は「二重苦」「苦餅(苦持ち)」「苦松(苦待つ)」で縁起が悪いとされているのでNGです。31日に飾ることは「一夜飾り」といわれ、葬儀を連想させて縁起が悪く、年神様にも失礼にあたるので避けましょう。

門松

門松は、年神様が迷わず家にやってくるための案内役。常緑の「松」は神様が宿る木とされ、年神様を「待つ」のにふさわしいとされました。その後、まっすぐ節を伸ばす「竹」と、新春に咲く「梅」が縁起物として添えられるようになったそうです。

門松を飾る場所は門前か玄関先。2つが対になっていて、本来は外から玄関に向かって左側に雄松(オマツ=クロマツのこと)、右側に雌松(メマツ=アカマツのこと)を飾ります。 

門松を飾っておくのは年神様がいらっしゃる期間で、その期間を「松の内」と呼びます。一般的には1月7日までですが、関西などは1月15日まで。松の内を過ぎたら門松を下げ、1月15日前後に社寺などで行われる左義長(さぎちょう=どんど焼き)で燃やしてもらうとよいでしょう。

しめ縄、しめ飾り

しめ縄やしめ飾りは、玄関や神棚、床の間に。その場所が「年神様にふさわしい神聖な場所です」ということを表します。

しめ縄は漢字で「注連縄」と書き、「注連」には神様の占める場所という意味があります。しめ縄は、神の領域と現世を隔てる結界の役割をしているのです。しめ縄に縁起のよい飾りをつけたものがしめ飾りです。いずれも門松同様、松の内を過ぎたら外して処分しましょう。

鏡餅

鏡餅は年神様の宿るところ。家にお迎えした年神様の居場所になります。

鏡餅の名前の由来は、神事の際に神様が宿るところとして用いられる円形の鏡。大小2段の丸餅は太陽と月を表し、円満に年を重ねるという意味も込められています。いくつお供えしてもよいものなので、メインの大きな鏡餅は床の間やリビングに、小さなものは神棚や仏壇、キッチンや子ども部屋など、年神様に来ていただきたい場所に。鏡餅は1月11日の鏡開きに下ろして、お雑煮などにしていただいてください。

監修:三浦康子
和文化研究家。日本の文化を今に生かす方法をさまざまなメディアで提案。「行事育」提唱者。著書に『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)他多数。
http://wa-bunka.com/

>>>500円で買える!映えるご褒美スイーツ&パン11選

>>>カルディマニア100人が選んだ人気商品ランキング【実食おすすめ30選も】2020最新版

>>>【高級食パン専門店ランキング2020】編集部おすすめ17選や絶品通販食パンまで実食ルポ!

[All Photos by shutterstock.com]

関連するタグ

はな

hana/編集/ライター

コーヒーチェーン副店長から編集の道へ。現在は保育園児の母とフリーランス編集者の2足のわらじを履く、なんちゃってワーキングマザー。スポーツ観戦が生活の一部で、贔屓チームの勝敗が体調に影響を及ぼす厄介な体質。ワールドカップの日本開催を機にラグビーも勉強中。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

ライフスタイルの記事