CATEGORY

POSTED BY 料理家、レシピライター taki 掲載日: DEC 13TH, 2020.

【カルディ】万能調味料「焼肉ザパンチ」を使っておかずを作ってみた

カルディで手に入る万能調味料「にとん屋 焼肉ザパンチ」を使った、おかずレシピをご紹介♪ 本来は焼肉のタレとして使われる調味料ですが、実は使い道が豊富! 調味料として使えば、おかずが時短で仕上がりますよ。この記事では、焼肉ザパンチを使った「3種のきのこのガーリックソテー」のレシピをご紹介。フライドガーリックとローストガーリックが効いて、クセになる味。今晩のおかずにいかがでしょうか?

「焼肉ザパンチ」を使った「3種のきのこのガーリックソテー」
「焼肉ザパンチ」を使った「3種のきのこのガーリックソテー」
©︎taki

万能調味料「焼肉ザパンチ」って?

「焼肉ザパンチ」
©︎taki

カルディのたくさんある調味料の中でも、目を引く「にとん屋 焼肉ザパンチ」。最近では、なかなか手に入らないこともあるくらい人気なんです。

本来の使い方は焼肉のタレ。液体のタレではなく、粒状のミックススパイス。柑橘系の果汁と一緒に混ぜ合わせるとおいしいタレができあがります。内容もシンプルで、塩、フライドガーリック、胡椒、唐辛子、ローストガーリックのみ。がつんとくるガーリックの風味にやみつきになります。余計なものが入っていないのもうれしいですよね!

「焼肉ザパンチ」の中身
©︎taki

キャップの付いた小さなプラスチックのボトルに入っており、そのフォルムやカサカサっと鳴る音すら魅力的。一度は手にとって、おうちでいろんなレシピに活用してほしいおすすめの調味料です♪

アレンジレシピ「3種のきのこのガーリックソテー」

「3種のきのこのガーリックソテー」
「3種のきのこのガーリックソテー」
©︎taki

材料(2人分)

「3種のきのこのガーリックソテー」材料
©︎taki
  • ぶなしめじ・・・1/2パック(約100g)
  • まいたけ・・・1パック(約100g)
  • えのき・・・1/2パック(約100g)
  • エキストラバージンオイル・・・大さじ1と1/2杯
  • 焼肉ザパンチ・・・小さじ1杯

※きのこは手に入りやすい3種でOK!

作り方

ほぐした3種のきのこ
©︎taki

1. きのこ類は石づきを落として、食べやすい大きさにします。ぶなしめじとまい たけはほぐしておき、えのきは1/2にカットしてからほぐしてください。

フライパンにきのこを入れている様子
©︎taki

2. フライパンにエキストラバージンオイルを入れ、あたためます。
3. フライパンがあたたまったら、きのこをすべて入れましょう。

フライパンに「焼肉ザパンチ」を入れている様子
©︎taki

4. 強火で炒めて、オイルがきのこにある程度絡まったら、“焼肉ザパンチ”を入れます。ポイントは強火で炒めること!

フライパンで3種のきのこを炒めている様子
©︎taki

5. そのまま強火で炒めて、きのこがしんなりして火が通ったら完成です!

「焼肉ザパンチ」を使いこなそう!

「焼肉ザパンチ」
©︎taki

焼肉のタレ以外にもいろいろ使える「焼肉ザパンチ」。ご紹介した「3種のきのこのガーリックソテー」も焼肉ザパンチを使えば、あっという間にできあがります。その他に、鶏もも肉の下味に使ってみたり、ポテトサラダに入れたり、アレンジは自由自在♪ 塩が大きめのかたまりで入っているので、それさえ溶ければどんなおかずにでも使えます。ガーリックと塩がすでに混ざっているので、味は簡単に決まりますよ!
「焼肉ザパンチ」が手に入ったら、ぱぱっとアレンジおかずを作ってみてはいかがでしょうか?

にとん屋 焼肉ザパンチ 
内容量:80g
価格:426円(税込)
賞味期限:筆者が購入したときは約1年でした
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4582134385117

※商品の取り扱い状況は店舗によって異なります。
※商品価格や特売期間等は予告なく変更になる場合がございます。
※掲載日時点の情報となります。

【参考】
カルディオンラインストア, にとん屋 焼肉ザパンチ, 閲覧日2020-11-23
https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4582134385117

>>>SNSでも話題!ハーベストミルフィーユサンドはもう作ってみた? | News

>>>【話題】これ考えた人天才!クリープを焼くだけの「サクサククリープ」を作ってみた

>>>禁断のスイーツ「フライドポテトonブラックサンダー」がおいしすぎた

taki

taki/料理家、レシピライター

おかず料理家。「いつもの味にもうひとスパイス」をモットーに、「あたらしいおかず」レシピを日々研究。飲食店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰。現在は店舗販売を終了し、レシピ執筆や料理教室などで活動中。おうちの料理人のみなさんに、作る喜びを味わってもらえるような記事を目指します。

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事