CATEGORY

POSTED BY ライター・エディター・ディレクター たい 掲載日: SEP 5TH, 2020.

47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権!【12】新潟名物の黄色い「バスセンターのカレー」

みなさんどんなカレーが好きですか? ビーフ? ポーク? チキン? 日本全国にはご当地食材を使ったクマやトマト、サクランボなど、ご当地カレーが目白押し! インパクトが強すぎてその味まで舌が追いつけないこともありますが!? お家で楽しめるお取り寄せご当地カレーの第12回目は、新潟県の「バスセンターのカレー」を紹介します。

ご当地カレーバスセンターのカレー

新潟県民のソウルフード! 立ち食いそば屋の黄色いカレー

新潟市内の中心地にある万代シティ(バンダイシティ)のバスセンター。このちょっと薄暗いロータリー内にあるのが新潟県民の胃袋を鷲掴みにする黄色いカレー。「名物 万代そば」という立ち食いそば屋が提供しているカレーなのですが、ロータリー内にスパイシーな香りを漂わせ、昼時には行列必至の新潟名物!

このバスセンターの名物カレーを再現したのが「バスセンターのカレー」。名前もド直球ですが、その黄色いパッケージといい、インパクト絶大なるネーミングといい、陳列棚に並んでいるとつい手に取ってみたくなるB級グルメの魔力をまとっています。

とろみのある大量のルーは味変しながら楽しみたい!

まかない感あふれるといっては失礼かもしれませんが、そんな雰囲気をもった「バスセンターのカレー」。パウチからルーを流し込むとその黄色いルーが際立ちます。昔懐かしさとそば屋のカレー感がハンパなく広がり、そのとろみたっぷりのルーは重量感を感じるほど。

黄色い色からして甘口なのかと思いきや、キレのあるスパイシーな辛みが後から口に広がります。しかもバスセンターらしく、1.5人前の大ボリュームで内容量も200g越え。

小さくカットされたニンジンや豚肉のスライスがしっかりと入り、具材感を感じることができるお味。それにしてもとろみのあるルーが多いこと。醤油やウスターソースなどで味変しながら食べるのがおすすめ!

WEBショップでも人気のご当地カレーは売り切れのことも! 

マイルドなんだけどスパイシーな辛みが後追いしてくる新潟名物の黄色いカレー「バスセンターのカレー」。オフィシャルWEBショップでは、「ひとり1日10個まで」の表記があるように人気商品のひとつ。残念ながら売り切れのことも少なくないようで、その場合はほか通販ショップなどでお買い求めを!

【バスセンターのカレーDATA】
インパクト ★★★★★
甘さ      ★★☆☆☆
辛さ      ★★★☆☆
おいしさ   ★★☆☆☆
(おいしさ/★リピートしない ★★1食で十分 ★★★おいしくて満足 ★★★★リピートしたい ★★★★★探してでももう一度食べたい)
※あくまでも個人的な見解なのでご参考程度に!

【バスセンターのカレー】
540円(税込)
内容量:220g
賞味期限:―
http://niigatamiyage.com/?pid=114094760
[楽天][amazon]

[All Photos by (C)tawawa]

>>>「47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権」バックナンバーはこちら

>>>【食のプロが食べ比べ】永遠の定番もシェアNo.1商品も!レトルトカレー定番5品を比較

>>>無印良品のレトルトカレー人気ランキングTOP10位発表!実食ルポもね

たい

tai/ライター・エディター・ディレクター

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌などで豊富な取材を経験。お家で仕事をすることも多いライターだから、“家もいいよね”といえる「イエモネ」な居心地は大切! 読者やユーザーの案内役・ナビゲーター的な距離感を大切に、ライフスタイルにヒントやうるおいを与える情報を発信。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

お取り寄せの記事