CATEGORY

POSTED BY ライター/ブロガー 小木原さや 掲載日: DEC 30TH, 2022.

【もはや罪♡】背徳感たっぷりのおすすめ「あんバタースイーツ」3選

8人の読者が参考になると評価

最強の組み合わせと言っても過言ではない、あんことバターを合わせた背徳感たっぷりの罪なスイーツ「あんバター」。SNSのタグ数はなんと20万件以上にのぼり、圧倒的人気を誇っています。この記事では、スイーツブランド元広報の筆者が特におすすめしたいあんバタースイーツ3選を実食ルポでお届け!「あんバターサンド」や「あんバターロール」など、一度食べたら虜になること間違いなし♪

【木村屋×まい泉 】あんバターサンド

カツサンドで有名な「まい泉」と、老舗パン屋「木村屋總本店」とのコラボレーション商品。

パンはまい泉でも使用されているオリジナルレシピで焼き上げた食パン、あんこは木村屋のあんぱんでお馴染みの北海道産小豆を使っており、このサンドのためにこしあんに練り上げて使用しているそうです。

まずはそのまま食べてみると、ふわふわのホイップバターと丁寧にこされたこしあんの最強コンピ、そしてふわふわ食パンのマリアージュがたまりません!

箱に記載された【おいしい温め方】を参考に、予熱したオーブントースター(1000W)で30秒温めてみました。

バターがパンにしっかり染み込みジュワッと溢れだし、たまらないおいしさ♪ バターと溶け具合が温め時間によって変わってくるので、お好みで時間を調節してみてくださいね。

あんバターサンド
400円(税込)
販売店:全国のまい泉直営店および木村屋直営販売店および委託販売店
※以下のまい泉直営店での販売はありません。
 さっぽろ東急店・ながの東急店
https://mai-sen.com/delica/category/

【ラ コリーナ近江八幡・日本橋三越限定】たねやのどらバター

2品目は近江八幡の和菓子屋、たねやのバタークリーム入りどら焼き「どらバター」。旗艦店ラ コリーナ近江八幡 メインショップとたねや日本橋三越店の店舗限定商品です。

見てください、この美しい焼き加減。たねやさんならではの技術を感じますね。

一口頬張ると、甘さ控えめの北海道産小豆のつぶ餡と、丁寧に炊き上げられたあんこに、少し甘みを感じるバタークリームが絶妙にマッチしています。ふわふわのどら焼きの生地とのバランス感も素晴らしい!

贅沢な味わいで、何個でも食べられるおいしさでした。

どらバター
238円(税込)
販売店:ラ コリーナ近江八幡 メインショップ/たねや日本橋三越店
※12/28〜1/5まで休売
※期間限定販売(11月1日〜5月末頃)
http://taneya.jp/la_collina/shopinfo/mainshop_taneya/

岡田謹製あんバタ屋】あんバタロール

最後の1品は、東京駅のギフトパレット内にあるあんバター専門店「岡田謹製あんバタ屋」から、看板商品のあんバターロール。

こちらは14時から販売開始されるスイーツですが夕方までには売り切れてしまうほどの人気商品です。

箱を開けてみると、丁寧に梱包された意外と小ぶりなロールケーキがお目見え。さて、どんなお味でしょうか。

しっかりと仕立てたカステラ風の生地に、岡田謹製のあんこと塩味の効いたバタークリームを惜しげもなく包み上げた一品。

あんことバターの量に驚き! 生地よりも中身の比重が高いですね。

実食してみると、密度の細かいカステラ生地とぎっしり詰められたこしあん、塩味の効いたふわふわバターが三位一体になり、軽い食感も相まって即完食!

ロールケーキなので、家族や友人とシェアしてもOKです。

あんバタロール
1本 1,944円(税込)
販売店:岡田謹製 あんバタ屋 東京駅ギフトパレット店
https://anbataya.jp/
1日40本限定 14;00からの限定販売
※一人2本まで

帰省のお土産にも

コンパクトで持ち運びもしやすいので、自分へのご褒美にはもちろん、大切な方への手土産にもピッタリのスイーツですよ。あんバターの背徳感にどっぷりと浸かってみて。

[All photos by 小木原さや]

小木原さや

Saya Ogihara/ライター/ブロガー

某有名ケーキショップで広報をしていた、スイーツフリーク。 一児のワーママ。糖質オフにもハマり中。 得意ジャンルはスイーツと冷凍食品。 毎週の楽しみはJWAVEの新番組、「味な副音声」を聞くこと。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事