CATEGORY

POSTED BY ライター ミモル 掲載日: JUN 20TH, 2022.

【NewDays新作速報】人気爆発中の「スゴおに」新商品4種はどんな味?

NewDaysから2022年6月21日(火)より順次発売が決定しているの「スゴおに」シリーズの新商品「至福のスゴおに」。2021年に初登場し話題となったおにぎりが、さらにパワーアップしました! 具材にこだわったという新商品4個を一足早くいただいてきましたよ~。いずれもおいしいのはもちろんですが、個性や系統はかなりバラバラ。1つずつ実食レポートと合わせて紹介していきます♪

>>>【話題店実食ルポ】オープン直後で行列が!映えておいしいおにぎり屋「TARO TOKYO ONIGIRI(タロウトウキョウオニギリ)」

1年間で28種発売!話題になったあの商品も

「のり弁にぎりました」や「お子様ランチにぎりました」など、SNSでバズりにバズったNewDaysのおにぎり「スゴおに」。エキナカでの販売が多いNewDaysで、日常のなかに新たな発見を与えたいという想いから生まれたんだそう。

自分ご褒美にうってつけ「至福の♡スゴおに」

そんななか、2022年6月21日(火)から販売開始されるのは、贅沢な具材を使用した見た目も可愛い「至福の♡スゴおに」。ちょっぴり贅沢な朝ごはんやオフィスでのランチなど、日常のなかの「至福のひととき」にぴったりな4種類のおにぎりがラインナップされます。

【開発担当者イチ推し】明太海苔チーズマヨ

「明太海苔チーズマヨ」240円(税込)

ゴロゴロとチーズが入ったバター風味ごはんに、明太子とチーズマヨソースが溢れんばかりにのった「明太海苔チーズマヨ」。どこを食べても常に口の中には具材がいる状態で、おにぎりとは思えない贅沢感です!

ピリッとアクセントになる辛さの明太子はチーズと上手に混ざり合い、食べやすいお味に。有明海産の海苔で風味も豊かになっています。新作4種類のなかで最もおにぎり感がありつつも、絶妙なバランスの組み合わせに拍手喝采! 

【大人の味わいを満喫】穴子わさび

「穴子わさび」240円(税込)

かつお出汁をきかせたごはんに煮穴子がのり、中央にはわさびがトッピングされた大人なおにぎり。この煮穴子がとにかくおいしい! 口に入れた瞬間にとろけるようなやさしい食感と旨みがジュワッと広がって、食べ応え抜群です。

出汁のきいたごはんと煮穴子の相性のよさは言わずもがな、トッピングのわさびが爽やかな風味をもたらし、旨み倍増。お弁当を食べる時間はないけれど、しっかり食べたいときにはうれしすぎる一品です。

【朝食がおにぎりに変身】サバ明太

「サバ明太」240円(税込)

ちょっと贅沢な朝ごはんにぴったりなのがこの「サバ明太」。サバがドンとのったそのインパクトは、本当におにぎり?と疑ってしまいたくなるほど。ふっくら焼けたジューシーなサバは旨みたっぷりです。

サバの横にある明太子は、口に入れた瞬間にピリッとする辛めのお味。明太子と焼き魚の組み合わせは、まさに料亭のお食事を頂いているかのようですね。おうちへの帰り道に買えば、翌朝のごはんを楽しみにスッキリ起きられそう!

【本当に合うの?】生ハム&チーズ

「生ハム&チーズ」240円(税込)

筆者的に1番衝撃を受けたのが、こちらの「生ハム&チーズ」。生ハムはまるで海苔かようにぐるりと巻かれ、ごはんは酢飯となっています。食べる前までは正直、お米と生ハムって合うのかなと疑問に思っていましたが、食べた瞬間に「なにこの相性!」と、新発見をしたかのような気持ちに。

生ハムの上にたっぷりのっているクリーミーチーズはコクがあり、チーズ好きにはたまらないアクセントに。酢飯がさらに食欲をそそりますね! これから始まる暑い夏や赤ワインのお供にもおすすめですよ〜。

2年目の「スゴおに」も勢いは止まらない! 

そして今回、「スゴおに」宣伝大使にゴリエさんが就任! ゴリエさんとコラボした、愛されピンクなベーコンづくしのおにぎり「ゴリエも愛するトリプルベーコン」330円(税込)6月21日(火)に発売されます。また、7月26日(火)からは「魅惑のタコパおにぎり」の発売も決定しているなど、勢い止まらぬ2年目のスゴおにも楽しみですね。

「ゴリエも愛するトリプルベーコン」330円(税込)
※発売日:6月21日(火)~7月4日(月)の期間限定
※販売エリア:首都圏・長野エリア・新潟駅

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。

[All Photos by ミモル]

>>>どれがおいしい?【鳥取らっきょうづくしフェア】砂丘らっきょう3種を食べ比べ

>>>【実食ルポ】爽やかで旨味たっぷりの調味料「八丈フルーツレモン塩レモン」

>>>【キャベツ消費レシピまとめ】キャベツの巻き寿司から焼きキャベツカレーまで!

ミモル

mimoru/ライター

いろんなアーティストのライブに行ったり都内のカフェを巡ったり、はたまたひたすら家でのんびり読書したりと、アウトドアとインドアを行ったり来たり。おすすめされれば何でもやってハマってしまう影響受けまくり人間です。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

食品/テイクアウト/デリバリーの記事