CATEGORY

POSTED BY ライター こもり 掲載日: NOV 11TH, 2019.

【カルディ】贅沢な紅茶の香りにうっとり。カルディオリジナル 紅茶ケーキ

コーヒーと輸入食品の専門店カルディ。そのカルディから発売されている「カルディオリジナル 紅茶ケーキ」はスリランカ産のアールグレイを使用した、ベルガモットの落ち着きのある香りが特徴のカップケーキ。ふわふわの生地に濃厚で舌触りのよいミルクティークリームがよく合う贅沢な味わいです。ティータイムを優雅な時間にしてくれること請け合いのこのケーキ、ご紹介します!

カルディオリジナル 紅茶ケーキ

やっぱり可愛いカルディオリジナルのパッケージ。素敵なティーカップ柄が目を惹きます。パッケージからも、紅茶のよい香りがしてきそう。

カルディオリジナル紅茶ケーキとは?

ミニサイズのカップケーキ6個入り。個別包装されていて保存にも、持ち歩きにも、おすそわけにも便利。

ミニサイズですが、持ってみると予想していたよりズッシリ重みがあります。ミルクティークリームのしっかりした存在感が、その重みから感じられます。個別包装のフィルムを開ける前から、もうすでに紅茶のよい香り!

横から見てみると、スポンジの上の方にだけ紅茶の茶葉が混ざっているのがわかります。茶葉の分量にもこだわりを感じますね。

切ってみると、ミルクティークリームが現れました。色味を見るとまさにミルクティー。どんなお味なのでしょう?

>>>カルディのおすすめアイテムをもっとチェック

実食! カルディオリジナル 紅茶ケーキ

早速いただいてみましょう!  紅茶ケーキを手に持って口に近付けると、上品で爽やかなアールグレイの香りがグッと押し寄せてきます。食べる前からもううっとりです。一口かじると、柔らかいスポンジから、さらに紅茶の香りが弾けます。スポンジはフワフワで適度な甘さがあり、アールグレイの香りをより引き立てています。

そして、ミルクティークリーム!ミルクティーのクリームは初めて食べましたが、しっかりとした甘さがあり、ねっとりとした舌触りがなんとも心地よい。濃厚なそのお味はまさにミルクティークリーム。スポンジとのバランスもよく、とってもおいしい!

冷やしてみました

パッケージにも「冷蔵庫で少し冷やしていただいても美味しくお召し上がりいただけます。」とあったので冷やしてみることに。見た目もクリームの色が白っぽくなって固まっているのがわかります。食べてみると、スポンジもクリームもしっかりした味わいとなって食べ応えアップ。ミルクティークリームのねっとりとした舌触りがより濃厚に!

温めてみました

お次は温めてみることに。600wの電子レンジで20秒チン。できあがりを持ってみると、優しく持ち上げないと崩れてしまいそうなほどフワフワに。火傷をしないように注意深くかじってみると、熱々のスポンジとミルクティークリームが口いっぱいに広がります。

元々香り高いケーキでしたが、さらに香りの広がりが強くなっています。肉まん感覚でハフハフいいながら食べると、もうこれは定番にしたい冬のおやつ。

クリームとジャムを添えて

最後はクリームとジャムを添えて。アールグレーとラズベリーが、フルーツティーの様に遊び心ある香りになりました。しっかりとした甘さのあるミルクティークリームが、甘さ控えめにした生クリームとよく合い、遊びに来た友人にもぜひ出したいリッチな味わいに!

カルディオリジナルの紅茶ケーキはうっとりするほどのよい香りと、濃厚な味わいをあわせ持つ、寒い季節にぴったりのケーキでした。あたたかい紅茶やコーヒーと一緒にいかがですか?

こちらの商品は数量限定になります。店頭の他オンラインショップでの購入が可能です。気になる方はお早めにどうぞ!

>>>カルディのおすすめアイテムをもっとチェック

カルディオリジナル 紅茶ケーキ
内容量 6個 388円(税込)
賞味期限 別途商品ラベルに記載 ※製造から60日
>>>KALDIオンラインショッピングサイト

※商品名、価格、仕様、発売時期、品揃え等は変更される可能性がございます。

◆今回のアイテムを購入した店舗
カルディコーヒーファーム 祖師谷駅前店
住所:〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷3-32-2 渡邊ビル 1F
電話番号:03-3484-5852
営業時間:10:00-22:00
定休日:施設に準ずる
https://map.kaldi.co.jp/kaldi/detailMap?account=kaldi&accmd=0&bid=148&pgret=2

[All Photos by Komori]

こもり

Komori/ライター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事