CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: JUL 2ND, 2020.

【井上誠耕園】料理がグググっとおいしくなる「新鮮檸檬オリーブオイル」

香川県の高松港からフェリーで約1時間。「日本の地中海」と呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ島々のなかで2番目に大きい小豆島は、1年を通じて温暖な気候に恵まれ、日本で初めてオリーブの栽培に成功しました。その小豆島で1940年に創業した井上誠耕園は約5,000本、8種類のオリーブと14種類の柑橘を大切に育てている農園です。今回お取り寄せしたのは、そんな井上誠耕園の季節限定商品「新鮮檸檬オリーブオイル」。今年も来月から販売を開始する爽やかなフレーバーオイルを実食ルポ!

【井上誠耕園】新鮮檸檬オリーブオイル

旬の時期だけ限定販売! 「新鮮檸檬オリーブオイル」をご紹介!

瀬戸内海に浮かぶ周囲144km、人口約3万人の小さな島小豆島にある井上誠耕園は「自然と大地の恵みに感謝を込めて誠意を持って大地を耕す園でありたい。」そんな願いを込めて名づけた園地で、約5,000本のオリーブと14種類の柑橘を大切に育てる農園です。

今回お取り寄せした「新鮮檸檬オリーブオイル」は、旬の時期だけ季節限定・数量限定で販売されるレモンの香り立つオリーブオイル。「食欲の落ちる夏の季節にこそ、柑橘の風味が詰まったオリーブオイルで爽やかに食を楽しんでほしい。」という思いで、日本と季節が真逆で、収穫最盛期の秋のオーストラリア・アデレードにある提携農家へ毎年赴き搾っているオイルです。

中蓋もしっかり遮光性のある容器に入っています。開封すると、想像以上にフレッシュなレモンの香りが漂います。

実食! 「新鮮檸檬オリーブオイル」

とりあえずそのまま味見してみました。「新鮮檸檬オリーブオイル」はレモン果実とオリーブ果実を同時に生搾りし、レモンに含まれる香り成分をオリーブオイルに閉じ込めているそう。
どれどれと一口飲んでみると、「あれ? 私レモン食べたかな? 」と一瞬錯覚するほどフルーティーなオイルです。とても不思議ですが、酸味は一切ないのに、レモン食べたかな?と錯覚するほどのレモンの存在感。爽やかな香りはもちろん、レモンの皮のほろ苦さもあり、さらっとしていて油臭さはほとんどありません。レモンの香りを除いても、今まで食べてきたのとは全く違うフレッシュなオリーブオイルです。

井上誠耕園のホームページにはオリーブオイルや、新鮮檸檬オリーブオイルを使ったレシピがたくさん載っているので、アレンジレシピをさらに筆者バージョンにアレンジして試してみました。

>>>井上誠耕園ホームページのアレンジレシピはこちら!

サラダ

レタス、ルッコラ、ミニトマトの簡単サラダにポン酢と「新鮮檸檬オリーブオイル」をたらり。食べてみるとそのお味は「驚きの味」!ポン酢がより爽やかになり、後味には軽く、優しく口いっぱいに広がるコクがプラスされています。そして何より驚きなのが旨味。「新鮮檸檬オリーブオイル」の原材料はオリーブ油とレモンだけですが、ポン酢が驚くほど旨味のある味わいになっています。これからのサラダは全部この食べ方になりそうなくらいおいしい。

おにぎり

ご飯にしらす、しそ、みょうが、ごまを入れ、ひとつまみの塩と「新鮮檸檬オリーブオイル」を一垂し。夏らしいおにぎりは、これまた驚きのおいしさです。爽やかさとサラッとした旨味がプラスされ、後味はちょっと感動してしまうくらい軽やかにマイルドです。これは食欲のないときにもぴったりなおにぎり。「おにぎり専門店で売ったらいいのに! 」とお節介な発言をしてしまうほど。

バニラアイス

バニラアイスにもかけてみました。これも文句なし! 爽やかな「新鮮檸檬オリーブオイル」はバニラアイスにもぴったりです。ホームページによると、果物やケーキなどスイーツとの相性もいいようで、全部試してみたくなりました。

井上誠耕園の「新鮮檸檬オリーブオイル」は、フルーティーでフレッシュな、レモンとオリーブのおいしさを閉じ込めたフレーバーオイルでした。レモンの存在感はしっかりありますが、酸味がないためどんなメニューとも相性がよく、どんなメニューもグググっとおいしくしてくれますよ。
今年も来月から期間限定販売が始まります。これは見逃せない! 要チェックです!!
素晴らしいお取り寄せに出会うと、いつもその現地へ行ってみたくなります。今回も「小豆島へ絶対行く! 」と固く誓うのでした。

旅行に行きたくなってしまうお取り寄せ、お一ついかがですか?

新鮮檸檬オリーブオイル 
内容量:117g 1,674 円(税込)/273g 3,240 円(税込)/117g(箱無) 1,620 円(税込)
賞味期限: 製造日より 1 年
販売期間:夏期 90 日間限定で 7 月 1 日(水)より発売開始
https://www.inoueseikoen.co.jp/products/detail.php?product_id=258

※時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。

[All Photos by Komori]

>>>小豆島のお取り寄せシリーズはこちら 【連載】お家で島時間〜お取り寄せ島グルメ〜

>>>カルディマニア100人が選んだ人気商品ランキング【実食おすすめ30選も】2020最新版

>>>成城石井マニア100人が選んだ人気リピ商品ランキング【実食おすすめ30選も】2020最新版

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

お取り寄せの記事