CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: JUN 5TH, 2020.

【成城石井】おうちでワインバー気分!スパークリングサングリア

気温が高くなってくると恋しくなるスパークリング仕立ての飲み物。冷やして飲めばそのおいしさは格別ですよね。世界から選りすぐられた食品を取りそろえたスーパーマーケット、成城石井から新発売された「サングリア」は、これからの時期にぴったりなスパークリング仕立てです。シュワっと爽快ながら豊かな果実の風味としっかりとしたボディ感が特長。スペイン産オーガニックワインを使用して作られた本格派サングリア、ご紹介します!

【成城石井】スパークリングサングリア レッド/ホワイト

シュワっと微炭酸【成城石井】スパークリングサングリアをご紹介!

成城石井から4月19日に発売された「スパークリングサングリア」はレッドとホワイトの2種類。成城石井プロデュースのワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」で人気の「サングリア」のおいしさを再現しました。フルーティで飲みやすく、かつワインのおいしさをしっかりと感じられる味わいです。

スペイン産のオーガニックワインに、ストレート果汁、コアントロー、ヴェルモットを合わせた、便利なスクリューキャップ缶入りがうれしい商品。290ml入りで各399円(税別)。

早速飲んでみました

スパークリングサングリア レッド

パイナップルとオレンジ果汁を合わせることでワインの果実味に深みを持たせ、コアントローとヴェルモットロコを加えることで味わいに深みをプラスしています。

おしゃれなデザインで、全部飲み切れないときにも便利なスクリューキャップ缶入りがうれしい商品です。

開栓すると「シュッ」という小気味いい音。スパークリング好きとしてはワクワクする瞬間です。
グラスに注ぐとシュワシュワと泡立ちました。香りはまろやかでフルーティー。

すぐに泡が消えてなくなり、ゴクリと飲むと微炭酸が喉をくすぐります。たっぷりとしたパイナップルとオレンジの果汁と、どっしりとした赤ワインの深い味わいが広がります。
個性ある果汁とワインの味わいをリキュールのスパイシーな香りとスパークリングが軽やかに仕上げています。ゴクゴク飲めてしまう本格サングリアに、目を閉じればそこはもうワインバー。

成城石井 スパークリングサングリア レッド
内容量:290ml 399円(税別)

スパークリングサングリア ホワイト

グレープフルーツ果汁を合わせることでワインのすっきりとした酸味を引き立て、コアントローとヴェルモットブランコを加えることで味わいに深みをプラスしています。

色合いが爽やかでスッキリしたデザインがいいですね。こちらも便利なスクリューキャップ缶入り。

こちらも小気味よいシュワっと音で開栓。グラスに注げば弾けるスパークリングがもう爽やかです。

口に含むとスッキリとした白ワインのおいしさと、少し遅れてグレープフルーツのジューシーな味わいが広がります。リキュールが風味に幅をもたせ、スッキリとしながら豊かな印象です。
目を閉じれば、澄んだ海と白い砂浜が広がるような爽やかさ。

成城石井 スパークリングサングリア ホワイト
内容量:290ml  399円(税別)

成城石井のスパークリングサングリアは、自宅に居ながらワインバーに居るような本格的な味わいが楽しめるスパークリングワイン。フルーティーでジューシー、ワイン本来のおいしさも楽しめます。お好みで、フレッシュフルーツを加えてアレンジしてみるのもいいですね。これからの季節大活躍しそうなサングリア、お一ついかがですか?

◆今回のアイテムを購入した店舗
成城石井 芦花公園店
住所:〒157-0062東京都世田谷区南烏山2‐31‐26 ウテナ本社ビル1F
電話番号:03-5315-5622
営業時間:10:00-23:00
【営業時間変更】
当面の間、土日祝のみ20時閉店
https://www.seijoishii.co.jp/shop/details/58

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。

[All Photos by Komori]

>>>成城石井マニア100人が選んだ人気リピ商品ランキング【実食おすすめ30選も】2020最新版

>>>【成城石井】「りんごバター」実食ルポ。アップルパイにするとプロの味に!?

>>>【成城石井desica】和えるだけでおいしい!「マリネの素」

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

家飲みの記事