CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: FEB 27TH, 2022.

お取り寄せクッキー缶図鑑【8】まるでパリの石畳のような「アンリ・シャルパンティエ」

【毎週日曜12:00配信】食卓の片隅に置かれたクッキー缶。今日はどの種類を食べようか、そんなワクワク感を覚えた幼い日の思い出を今でも覚えています。そのワクワク感は大人になった今でも変わらず、クッキー缶と共に過ごすティータイムは、忙しい一日にホッと一息つける時間を届けてくれますよね。今回は、1969年阪神芦屋駅前に誕生した「アンリ・シャルパンティエ」のクッキー缶をご紹介します。個性豊かな9種のひと口クッキーで、素敵なティータイムを!

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【6】素材のおいしさそのままに!ノワ・ドゥ・ブール「サブレ・アソルティ」

兵庫・芦屋発「アンリ・シャルパンティエ」とは?

多くの文豪や知識人を魅了してきた風光明媚な地・芦屋に誕生した「アンリ・シャルパンティエ」。1969年4月、当時ではまだまだ珍しかった「スイーツも食べられる喫茶店(サロン・ド・テ)」としてオープンしました。

古くから外国文化を取り入れ、創造性豊かにアレンジしてきた街で生まれた、お菓子を囲む笑顔のシーンを象徴するキャンドルマークが目印の洋菓子店。お菓子を通して人の心に「幸せ」「喜び」「驚き」を灯し続けるお店です。

今回ご紹介するのは、そんな「アンリ・シャルパンティエ」のクッキー缶「プティ・タ・プティ Mボックス 44コ入り」。キャンドルマークの包み紙に、上品なリボンのワンポイントが素敵です。

貼られた一枚のシールに、こだわりを感じます

「アンリ・シャルパンティエ」のクッキー缶「プティ・タ・プティ」はどこで買えるの?

「プティ・タ・プティ」は、店舗とオンラインショップで購入できます。今回は44個入りを購入しましたが、他にも1,000円台で手軽に試せる26個入り、70個入りとサイズ展開されています。Sボックスのみ紙箱で、あとは缶入り。焼き菓子とセットになったアソートもありますよ。

プティ・タ・プティ」サイズ展開

  • プティ・タ・プティ Sボックス 26コ入り ¥1,296(税込)
  • プティ・タ・プティ Mボックス 44コ入り ¥2,160(税込)
  • プティ・タ・プティ Lボックス 70コ入り ¥3,024(税込)

洗練されたイメージの「アンリ・シャルパンティエ」。そのイメージとは裏腹に、手書き風イラストがどこか素朴なクッキー缶に、ほっこり癒されます。さあ、いよいよ開封の儀! 以前から「アンリ・シャルパンティエ」の焼き菓子のファンである筆者は、ワクワク感もひとしおです。

パリの石畳を思わせるモダンアートのようなクッキーたち

ワクワクしながらフタを開けると、薄紙から透けて見えるクッキーはすでに個性豊か。思わず「わー!」と声が出てしまいます。

同封された商品紹介の紙にはフレーバーの紹介が書いてありました。どれもおいしそう!

さっと開けてしまいたいのもやまやまですが、薄紙越しにクッキーを眺めつつ、フレーバーを見ながら味わいを妄想。これもクッキー缶の醍醐味の一つ。

いよいよ薄紙をめくると現れたクッキーたち。茶色の濃淡に白やピンクの差し色が美しく、まるでパリの石畳。シンプルな中に個性を感じる、モダンアートのような風格です。クッキーを取り出しにくいときに使うピックは、エッフェル塔の形。可愛い!

あふれる個性にワクワクが止まらない!「プティ・タ・プティ」

一種類づつお皿に移して実食スタートです。なんという贅沢! 素敵なティータイムのはじまりはじまり〜。

【食感で楽しむ】ガレット・ブルトンヌ/フロマージュ

左:フロマージュ 右:ガレット・ブルトンヌ

風味豊かなチーズを練り込んだ、軽やかな食感のサブレ「フロマージュ」と、ホロリと崩れる軽やかさと、バターの風味を楽しめる「ガレット・ブルトンヌ」。どちらも味も食感も楽しめる一品です。

このクッキー缶で一口目となる「フロマージュ」をいただくと、思わず小躍りしたくなるおいしさ。上品に広がるチーズのコクと、ほんのりとした塩味を楽しめるサブレです。その軽快な食感はクセになる。ティータイムはもちろん、ワインにも合いそう。一口目からおいし過ぎる!

「ガレット・ブルトンヌ」は打って変わってクッキーらしい甘さとバターの風味を楽しめる一品。軽やかな食感ですが、厚みがあり満足感たっぷり。

【チョコの魅力が詰まった】ショコラ・ブラン/ショコラ・ノワール

左:ショコラ・ブラン 右:ショコラ・ノワール

ホワイトチョコレートのミルキーで上品な味わいを楽しめる「ショコラ・ブラン」と、スイートなチョコレートを練り込んだ、とろけるような食感の「ショコラ・ノワール」は、正反対の色味が洗練されたモダンな印象のクッキー。

まずはホワイトが目にまぶしい「ショコラ・ブラン」を。なんだかもったいなく思えて小さく一口かじってみました。ほどけるような食感とミルキーで濃厚な味わいが広がります。甘さとミルキーさに隠れて、フワッと香る凛とした風味が高級感のある一品です。

スイートなチョコレートを練り込んだという「ショコラ・ノワール」は、全然スイートじゃない! カカオの旨味とほろ苦さをしっかり感じられる大人のクッキー。甘さ控えめでチョコレートのように濃厚な味わいですが、チョコレートでは実現できない軽やかな食感が魅力の一品。こちらもお酒のお供にぴったり。

【宝物が隠れている】フランボワーズ/サブレ・バニーユ/プラリネ

左:フランボワーズ 中央:サブレ・バニーユ 右:プラリネ

木いちごジャムを包んだ、しっとり甘いクッキー「フランボワーズ」、リッチなチョコレートをサンドしたバター風味のサブレ「サブレ・バニーユ」、プラリネクリームを包んで焼いた香ばしいクッキー「プラリネ」は、中に宝物のようなジャムやクリームを隠したクッキーです。

まずは「フランボワーズ」から。しっかりとかたさのある木いちごジャムは甘酸っぱさがぎゅっと詰まった、どこか懐かしい味わい。ホロホロ食感のクッキー生地と相性抜群で、後味にバターの風味が広がります。

リッチなチョコレートをサンドした「サブレ・バニーユ」は、ミルキーなチョコレートの味わいをしっかり楽しめる一品。サクッとした食感のバター風味の生地が、チョコレートの味わいを引き立てています。

香ばしく、軽い食感のクッキー生地を楽しめる「プラリネ」は、ホロホロと崩れ消えていくクッキー生地と、濃厚なプラリネクリームのハーモニーを味わえる一品。小さくても、存在感のある味わいです。

【香りを楽しむ】フレーズ/スペキュロス

左:フレーズ 右:スペキュロス

最後は、甘い香りとともに味わういちごのサブレ「フレーズ」と、シナモンが豊かに広がるザックリとした食感の「スペキュロス」。

いちごのサブレ「フレーズ」は、いちごそのものような香りと、少しかためで歯応えのある生地の食感を楽しめます。突然現れたいちごの香りがとっても爽やか。

シナモンが豊かに香る「スペキュロス」は、ザクザク食感の生地が食べ応えと満足感を与えてくれます。シナモンの香りに、コーヒーが格別にあう。

クッキー缶で大人のたしなみを!

「アンリ・シャルパンティエ」のクッキー缶「プティ・タ・プティ」は、クッキー缶と過ごすティータイムの喜びを教えてくれる逸品。子どもの頃感じたワクワク感もさることながら、大人になってからのクッキー缶とのティータイムはもっと特別感に満ちています。

日々頑張る自分へのご褒美というニュアンスが強いせいか、クッキー缶と過ごす時間がとても楽しみになっている自分を発見しました。これはもう、ワインのような「大人のたしなみ」と言っても過言ではない……と思います! 「アンリ・シャルパンティエ」のクッキー缶「プティ・タ・プティ」で、ティータイムに「大人のたしなみ」を楽しんでくださいね。

プティ・タ・プティ Mボックス 44コ入り
内容量:フロマージュ 8コ、フレーズ、サブレ・バニーユ 各6コ、ショコラ・ノワール、ショコラ・ブラン、プラリネ、フランボワーズ、 ガレット・ブルトンヌ、スペキュロス 各4コ
価格:¥2,160(税込)
箱サイズ:W15.4×L15.4×H4.6cm
賞味期限:発送日から14日以上(発送日含む)
https://www.suzette-shop.jp/shop/g/g1004/

取扱店舗
店舗詳細
https://www.henri-charpentier.com/shop/

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。

[All Photos by Aya Yamaguchi]

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【1】粋でレアな手土産「よねむらオリジナルクッキー」

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【2】銀の森「プティボワ」で不思議の世界に迷い込む

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【3】ウィーン王室御用達!「デメルアソートクッキー」

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【4】上品で王道!「パティスリー ラ・マーレ・ド・チャヤ」

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【5】まるで劇場のよう…マリベル「ワンダートレジャー 」

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【6】素材のおいしさそのままに!ノワ・ドゥ・ブール「サブレ・アソルティ」

>>>お取り寄せクッキー缶図鑑【7】可愛さ最強!サブレミシェルの「ケーキサブレ」

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事