CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: FEB 7TH, 2020.

「バター専門ブランド・カノーブル」種子島産熟成安納芋を使ったバターケーキ登場!

バター専門ブランド「カノーブル」が手掛ける初のバターケーキが2月10日新発売! 第一弾は種子島産1ヶ月熟成の安納芋をフィーチャーした「安納芋バターケーキ」です。焼いていないのに香ばしい、バター専門店がプロデュースする新感覚のバターケーキの登場! オンラインショップでは先行予約受付中。

焼いていないのに香ばしい!?バター専門店がプロデュースする新感覚のバターケーキが登場

安納芋が甘くなっていくさまをグラフィックで表現したパッケージデザイン

これまで数々のバター製品を生み出してきたカノーブルが2020年に挑むのは「今までにないバターケーキ」。バターケーキと言えば、小麦と卵や砂糖をバターと混ぜてオーブンで焼き上げるのが一般的ですが、今回発売するバターケーキは、小麦も卵も使わずオーブンでも焼かず、バターそのものをケーキに仕立てるという逆転の発想で生み出された珍しい一品です。

焼いていないのに香ばしさを出す秘密は「焦がしバター」

生地を焼かずに香ばしさを出すために、しっかりと焦がしたバターを使用することで、フレッシュな素材に火を通さなくても、どんな素材でも香ばしいバターケーキにしてしまうという新しい発想。生地はしっとりリッチな生タイプなのに、焼き菓子のような香ばしさを味わえるのがバター専門ブランドならではの製法です。

第一弾は種子島産1ヶ月熟成の安納芋をフィーチャー

収穫後1ヶ月熟成された種子島産の安納芋
糖度45度にまで高められた安納芋の焼芋

今回フィーチャーした素材は、1ヶ月以上熟成させた種子島産の安納芋。安納芋は、高温から低温に段階的に温度を下げていく逆ステップ加熱により、低温でじっくりと焼き上げて糖度45度まで味を濃縮し、焦がしバターとあわせて岩塩でアクセントを付け、バターのコク、焦がしバターの香ばしさ、安納芋の甘味、すべてが絶妙なバランスで組み立てられています。焦がしバターと安納芋をあわせた今までにない濃厚な香ばしさ。ケーキやアイスクリームのように、もちろんバターとしても、様々な楽しみ方ができますよ。

安納芋バターケーキ
内容量:1個入り(約70g)
価格:1,580円(税込)
賞味期限:冷凍保存(-15℃以下)未開封で60日間
※開封後はお早めにお召し上がりください
>>>オンラインショップ(先行予約受付中)

発売予定
岡山店・東京店:2月10日〜
>>>店舗詳細

PR TIMES

>>>大人気プレスバターサンドの「バターサンド〈黑〉」はもう食べた?

>>>500円で買える!映えるご褒美スイーツ&パン11選

>>>【入手困難なお取り寄せスイーツ】即完売!幻の「ミスターチーズケーキ」実食ルポ

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

スイーツ/パンの記事