CATEGORY

POSTED BY 副編集長 山口彩 掲載日: NOV 7TH, 2019.

ブルーノ生活【6】Starter Meal Giftで本格パエリア

おしゃれ家電の代表格、「ブルーノ」のホットプレート。手頃なサイズのコンパクトホットプレートは、100万台以上売れている大人気商品です。平面プレートとたこ焼きプレートがセットになっていて、カラーバリエーションも豊富。この連載シリーズでは、プルーノのコンパクトホットプレートを使ったレシピやアイデアを紹介していきます。第6回は、本格パエリア。Starter Meal Giftを使えば、簡単にプロの味になります。

今回は、一度は挑戦してみたいパーティーメニュー、パエリア。ブルーノ公式サイト限定の「Starter Meal Gift」のパエリアソースを使えば、簡単に本格的な味わいに。ちょっとスパイシーなので、お子さま向けではなく、大人味ですよ。

ブルーノ パエリア

「Starter Meal Gift」はアヒージョ、パエリア、パンケーキのセット

「Starter Meal Gift」はアヒージョ、パエリア、パンケーキのセット
ブルーノ公式サイト限定の「Starter Meal Gift」

「Starter Meal Gift」はアヒージョ、パエリア、パンケーキが楽しめる、初心者向けのセットです。可愛い箱にパッケージされていて、ギフトにもおすすめ。

パエリアソースは、1本で2回分のパエリアが作れます。

>>>ブルーノ生活【1】簡単アヒージョでおもてなしも家飲みもおしゃれに
>>>ブルーノ生活【5】Starter Meal Giftのパンケーキが絶品!

【材料】パエリア1回分

  • 米 300g
  • パエリアの素 1/2本(100mL)
  • 白ワイン 50cc
  • 水 350cc
  • あさり 100g (今回は8個で作りました)
  • ムール貝  6個 (今回は8個で作りました)
  • エビ 4尾(ブラックタイガーなど)
  • 赤パプリカ 1/2個 (今回は赤黄1/2ずつで作りました)
  • ブラックオリーブ 6個
  • レモン 1/2個

【作り方】

下準備をする

ムール貝は流水解凍する。パプリカはみじん切り、レモンはくし切りに。

具材を炒める

プレートにオリーブオイルをひいてMEDで熱し、あさり、ムール貝、エビ、パプリカを軽く炒めます。白ワインを加えて煮詰めたらこしょうを振り、一度別皿へ取り出しましょう。

米を炒める

ちゃんと炒めた方が米の芯が残らない

プレートにオリーブオイルを足して米を炒めます。米に油が絡んだらパエリアの素を加えて混ぜ、平らにならします。

具材をのせて炊く

別皿に取り出した具材を平らにした米の上にのせ、250ccの水を加えて、HIで一度沸騰させます。

フタをして、MEDで20~25分加熱。時々中を見て水分が飛びすぎている場合は調整しましょう。

盛り付け

炊き上がったら、オリーブとレモンをトッピングしてできあがり!

魚介のうまみを堪能。オリーブとレモンがいい仕事をしてくれる!

魚介のうまみがぎゅっと濃縮され、スパイシーなパエリアソースと共に全体を引き締めます。お酒がすすむ味です。サングリアとともに、とか相性よいと思います。オリーブとレモンは飾りかと思いきや、なくてはならない名脇役。この2つ、絶対材料から割愛しないでください〜。

おこげもあります

魚介類などの材料は高くつきますが、意外と簡単にできるのに、かなり豪華に見える、ブルーノパエリア。プレートごとテーブルに出して、みんなの前でフタを開ければ、誰もが「海の宝石箱や〜」と言いたくなるほど盛り上がります。まさにパーティーメニューやおもてなしにぴったり。

Starter Meal Giftは、サフランや野菜、調味料をいろいろ準備することを考えると、簡単にプロの味を再現できるので、意外とお得かもと思いましたよ。

>>>【連載】ブルーノ生活〜レシピとアイデア〜はこちら

>>>おうちごはんのおすすめ記事をもっとチェック!

ブルーノ(BRUNO)
https://idea-onlineshop.jp/BRUNO/
[楽天] [Amazon]

Starter Meal Gift 2,916円 (税込)
https://idea-onlineshop.jp/item/01700507.html
パエリアソースの賞味期限 筆者が購入したときは、約9カ月でした。

※店舗や時期により商品の品揃えや価格が変わる恐れがありますので、ご注意ください。

山口彩

aya yamaguchi/副編集長

インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。旅と自由をテーマとしたライフスタイルメディア「TABIZINE」編集長を経て、姉妹媒体「イエモネ」を立ち上げる。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。引越し歴は15回。

RECOMMENDおすすめ記事