CATEGORY

いよいよ秋も本番。そろそろ厚手のニットやアウターなどが、ワードローブで活躍しだす頃ですね。みなさんは、衣替えは済みましたか?Tシャツや薄手のニットなど、シーズンオフとなった洋服や小物たち。クローゼット奥底にしまう作業は結構な重労働ですよね…。今回は、そんな衣替えを楽チンにしてくれる、100均アイテムと収納方法をご紹介いたします。

衣替えにビニールバッグが使える
©kansugi

今回用意したもの

写真左からビニールバッグ、荷札、防虫剤
©kansugi

今回は100円ショップの「can★do(キャンドゥ)」でアイテムをそろえました。衣替えには、ファスナー付きのビニールバッグが扱いやすくて便利!プラスチックの衣装ケースなどに比べ、ビニールバッグはとても軽いのでクローゼット上段にも楽々しまうことができます。

  • ファスナー&マチ付きのビニールバッグ
  • 荷札
  • 衣類の防虫剤

※全て100円アイテムです。100円ショップ「can★do(キャンドゥ)」で購入。

ビニールバッグは、100円ショップによってサイズやデザインのラインナップが異なるので、お好みをチョイスしてくださいね。

衣類を畳んでからバッグへ

結構な大容量…!
©kansugi

シーズンオフの洋服や小物たちは、きれいに畳んでからバッグの中に重ね入れましょう。畳むことでコンパクトにまとまり、バッグにたくさんしまうことができます。

防虫剤を入れる

防虫剤を忘れずに
©kansugi

お気に入りの洋服を久しぶりに出したら、虫食いができていた…というショックな事態を避けるためにも防虫剤をイン。防虫剤の有効期限は長くても1年なので、入れっぱなしにならないようご注意を(こちらの商品の有効期限は6ヶ月でした)。

取っ手を結ぶ

上から見た図
©kansugi

バッグに付いている取っ手は、クローゼット内で引っかからないよう結んでしまいます。写真のように、中心でゆるく一つ結びにするだけでOKです。

荷札をつける

ファスナーのところに荷札を
©kansugi

バッグが同じデザインだと、中に何が入っているかいちいち開けて確認しなくてはなりません。そんな面倒を避けるために目印をつけましょう。

目印には文房具用品の「荷札」が活躍。マジックやボールペンでカテゴリーやアイテム名を大きく記し、荷札が正面を向くように取り付けます。

我が家では青が旦那さん、赤が私とバッグを色分けしています
©kansugi

クローゼットへ

クローゼット上段へ
©kansugi

クローゼットの上段にしまっても、荷札が付いているから中に何が入っているか一目瞭然。「そういえば、あの洋服はどこにしまったっけ?」というような場面でも、いちいち奥から取り出したりファスナーを開けたりせずに済みますよ。

いかがでしたか?衣替えの際は、ぜひ100均アイテムを活用してみてくださいね。

商品名:多用途バッグ 大(タテ約36×ヨコ53.5×マチ29cm)
価格:100 円(税別)
>>キャンドゥ

商品名:荷札 大12×6cm 40P
価格:100 円(税別)
>>キャンドゥ

商品名:ピレコング引き出し・衣装ケース用2P(衣類の防虫剤)
価格:100 円(税別)
>>キャンドゥ

◆今回のアイテムを購入した店舗

東急ストア駒沢通り野沢店
住所 東京都世田谷区野沢3-1-1東急ストア駒沢通り野沢店2階
電話番号 03-3795-1318
営業時間 10:00-21:00
https://www.cando-web.co.jp/shopinfo/shop-1980.html

姜 淑伊

Kan sugi/Webコンテンツクリエイター

ライティングから写真、動画、デザインなど、マルチにこなすWebコンテンツクリエイターkansugiです。2014年に株式会社タップスを設立し独立。DJ歴は約16年、2015年には調理師免許を取得し料理家としても活動しています(2019年にはママになりました)。さまざまな経験から培ってきた感性や知識を活かし、皆さんの暮らしに役立つ「+1アイデア」を発信いたします。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事