CATEGORY

POSTED BY 副編集長/フードアナリスト 山口彩 掲載日: OCT 10TH, 2020.

【大人もハマるキッズトイ】可愛いカメの快眠グッズ!波の音と映像に癒される「アクアタートル」

メディアでも紹介され、赤ちゃんの寝かしつけグッズとして話題の「アクアタートル」。アメリカの小児科医と睡眠専門セラピストたちが開発したこちらの商品、見た目も可愛く、波の音と映像に癒され、いつしか眠りの世界へ・・・。ベビーグッズにしておくのはもったいないスグレモノなのです。大人だってカメさんに癒されたい〜!大人の快眠グッズとして愛用中のアクアタートルを体験ルポでご紹介!

Cloud B クラウドビー アクアタートル

波の音をBGMに入眠したくて・・・

そもそもの始まりは、ビーチリゾートに旅行に行ったとき、「波の音がBGMだと気持ちよく眠れるなあ」と思ったこと。毎晩の入眠用に、幸せなお昼寝用に、ぴったりの波の音BGMはないかなとネット上を徘徊していたときでした。

波の音を流し、波の模様を天井に投影してくれる可愛いカメさん、「アクアタートル」に出会ったのです。

子どもの寝かしつけグッズとして話題

Cloud B クラウドビー アクアタートル 日本国内販売  ターコイズブルー

アメリカの小児科医と睡眠専門セラピストたちが開発したという「アクアタートル」は、子どもの寝かしつけグッズとして話題。人気グッズのため、公式サイトでは現在在庫なし。筆者も数年前、定期的にサイトをチェックし、やっと手に入れた品です。

海外には別のカラーもあるようですが、日本国内で販売されているのは、こちらの「ターコイズブルー」。

なんとも言えないゆる〜い表情

アクアタートルには、どんな機能があるの?

アクアタートルは、甲羅の下の部分に並んでいるボタンで操作します。

上段左が電源、中が音、右が波模様投影のスイッチです。下段は音のボリュームを操作します。

電源を押すとアクアタートルの中央が光り波模様が投影されます

アクアタートルには、2種類の音が収録されています。1つは海の音(波の音)、もうひとつは明るい曲調のヒーリングミュージック「 海辺のセレナーデ(オリジナル)」です。音スイッチを押すことで、音の種類やON/OFFが切り替わります。

筆者の場合、「 海辺のセレナーデ」を退屈に感じるときは心身ともに好調、癒しに感じるときはお疲れモード、と自身の調子を知るバロメータにもなっています。波の音は、いつ聴いてもいい〜♪

Cloud B クラウドビー アクアタートル 波投影
波を映し出すアクアタートル

波の投影は、明るい部屋ではうっすらとしか見えません。暗い部屋で真価を発揮します!波ボタンを押すと、投影されていた静止した波模様が、ゆらゆらと動きます。

天井に映し出すと幻想的な海中空間に

音と映像はおやすみタイマー設定になっていて、23分で自動終了します。続けて聴きたいときは、もう一度スイッチをON。子どもの寝かしつけの場合は、親がよきタイミングでそれをするのですが、大人が使う場合は・・・自分でやるしかありませんね(笑)。眠くなってきたかも、というときのその手間は、ちょっと面倒。2回押すと46分、3回押すと69分というタイマーボタンもあるといいのにな〜。

実際の音と映像の様子は、動画で見てみてくださいね。

単三乾電池3本で動きます

乾電池を入れるときは、裏から。カバーが付いていて、マジックテープでとまります。

右上は主電源。下部のつまみで、波投影の光量を調節できますよ。

ぬいぐるみとしても、快眠グッズとしても◎

ただ部屋にちょこんと居るだけでも十分癒される可愛さのアクアタートル。ギフトにもぴったりですね。公式サイトの次回入荷は12月頃の予定。通販サイトでは偽造品もあるそうなので、ご注意ください!

アクアタートル 6,380円(税込)
本体重量:450g 
総重量: 650g 
箱サイズ:185x265x100mm
本体サイズ: 220x310x90mm
対象年齢: 0ヶ月 
主な素材:ポリエステル・ABS樹脂
電池部分/ ABS樹脂、お試し用乾電池3本” 
原産国: 中国
http://cloudb.jp
>>>通販サイトで検索
[楽天][amazon][Yahoo]

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。

[All Photos by Aya Yamaguchi]

>>>寝る前に枕にシュッ! 好きな香りと共に眠る「ぴろま 枕用フレグランス」

>>>疲れているのに眠れない、寝ても疲れがとれない・・・快眠の鍵は寝室にあり!

>>>植木おじさんに聞く【6】癒しのインテリア、お手入れラクラク可愛い多肉植物。運気アップ効果も!?

山口彩

aya yamaguchi/副編集長/フードアナリスト

インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。旅と自由をテーマとしたライフスタイルメディア「TABIZINE」編集長を経て、姉妹媒体「イエモネ」を立ち上げる。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。引越し歴は15回。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

生活雑貨の記事