CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー 石黒アツシ 掲載日: OCT 6TH, 2019.

85[ハチゴウ]で発酵する生活! もっとオーガニック・天然素材・無添加な毎日を

COREDO室町テラスの1Fにオープンしたセレクトショップ85[ハチゴウ]。そのメインコンセプトは「発酵する生活」です。発酵と聞くと味噌や納豆などの大豆の発酵食品や、チーズやパンが思い浮かびます。食品以外にも発酵染料で染める藍染めや泥染め、化粧品や洗剤など、微生物の力をかりたものがたくさんあるそうです。それにしても生活を発酵させるとは一体どんなことなんでしょう?

85のピクルス

『発酵』は酵母や細菌などの微生物が有機物を分解するプロセス。食品以外にもいろいろ使われています。「人の身体に、そして環境にも優しい、無くてはならない存在」である発酵に思いを込めて、健康や環境に配慮した衣食住、暮らしに関わる“もの・こと”を提案するのが85です。

まずは発酵食品がわかりやすい!

85の発酵食品

お店に行ってみた最初の印象は明るくてオープンなこと。通路に面して壁がないので、とっても入りやすい雰囲気です。発酵のお店と聞いていたので、大量の味噌や醤油、日本各地からのご当地発酵食品が並んでいるかと思ったらちょっと違いました。ここにある商品は85の「人の身体と環境に優しい」というコンセプトに合ったものばかりなんです。

85オリジナルの味噌、出汁、ピクルスも、セレクトされた商品も、もちろんオーガニックで天然素材の無添加のもの。もともと発酵食品は体にいいわけですが、安心できる素材と製法で作られた商品ですから、もっと心地いい食生活になりそうです。

もちろんオーガニックで天然素材・無添加の生活用品

ボディクリームや、屋外で虫除けに使うアウトドアスプレーなどのボディケア用品はもちろん、アロマもクレヨンも天然素材でオーガニック。毎日使うもの、部屋に置いておくものなら、やっぱりこの安心感がうれしいですよね。

またハンドタオルやフェイスタオル、お椀やエコバッグなども並んでいて、バラエティ豊かなラインナップですが、これらもすべてコンセプトに合った商品。シンプルながらもナチュラルな商品は、清々しく感じられます。

また、「長く愛用できる」もコンセプトの一つ。ガラスメーカーHARIOのガラス職人が一つずつ作ったガラスのアクセサリーのポップアップもありました。割れたらお直ししてくれるそうです。

エシカルな商品にも積極的

3322−06

牛革を使ったバッグや小物も並んでいました。動物愛護の観点とかはどうなのかな?と思ってお店の方にお話を伺ってみました。

「バングラデシュで年に1度の祭りで牛を食べるそうで、そこで出た牛革はこれまで廃棄されていました。それをきちんと利用するために、日本の技術を現地に持ち込んで製品化するようになった企業の商品です。」とのこと。

このプロジェクトによって、バングラデシュの人たちに仕事と収入が発生しています。こういった取り組みを商品を買うことによって間接的に応援する、そんな社会貢献っていいかもしれません。

他には、やはりコンセプトに合ったパン、飲み物、お弁当なども売られていました。ちょっと雑多な品揃えと感じるかもしれません。でも、その商品の向こう側にあるストーリーを知りながらのショッピングで、「生活を発酵させるって、なんとなくこういうことかも」と、ちょっと納得できましたよ。

COREDO室町テラス店
http://85life.jp/
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス1階
TEL 03-6452-3385 FAX 03-6452-3585
営業時間 10:00-21:00
定休日 COREDO室町テラスの休みに準じる

[All photos by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

RECOMMENDおすすめ記事