CATEGORY

POSTED BY ライター&フォトグラファー 石黒アツシ 掲載日: OCT 5TH, 2019.

誠品生活日本橋の『工場十貨店』でセレクションが心地いい『産直生活』入門!

COREDO室町テラスにオープンした、台湾からやってきたくらしと読書のカルチャー・ワンダーランド『誠品生活日本橋』。日本のショップも入っています。その一つが『工場十貨店』(コウバジュッカテン)です。衣・食・住の領域を横断して、日本全国のファクトリーブランドを集めたセレクトショップ。 コンセプトの『産直生活』とは産地直送のプロダクトを取り入れる生活ということ。 開店したばかりのこのお店のセレクションをいくつかご紹介します。

工場十貨

シンプルな内装の明るい店内には、鮮やかな色彩がたくさん。日本全国からセレクトされたファクトリーブランドの商品が並びます。毎日の生活がうれしくなるようなファクトリーブランドからいくつか紹介します。

槙田商店の傘で自分の空を

槙田商店の傘

シンプルな内装の明るい店内には、鮮やかな色彩がたくさん。これは山梨県の槙田商店の傘。確かに、傘の内側ってあまり気にしていませんでした。でも、自分の頭の上、視線に入る位置にあるなら、やっぱり気分がよくなるデザインっていいですよね。自分だけの空を持って歩いている感じです。

カラフルでデザイン性が高い傘で、雨の日でも明るい気分になりそうです。折り畳み傘もあります。

>>>槙田商店

SOUKIで自転車をこいで作る靴下

チャリックス

店頭で目を引く自転車、その自転車はなにやら筒のような機器につながっています。

これは、チャリックスという機械。自転車・チャリで作る靴下・ソックスです。奈良県で靴下を作る(株)創喜は、靴下を作るワークショップを通して、奈良県広陵町のモノづくりを知ってもらう活動をしています。

自転車とつながっているのは、実際に工場で使われていた靴下の編み機。この筒の中で靴下が織りあがっていきます。

上下をきれいにしてもらってできあがり。糸の色を自分で選んで組み合わせるので、自分だけのオリジナルカラーソックスをつくることができます。なお、チャリックスはイベントや催事用なので、店舗で体験できるかはHP・SNSで確認してください。

>>>SOUKI

室内履きが気持ちいい理由

これはMERIという東京都墨田区にあるファクトリーブランドの室内履きです。形も縫い目も草履そのもの。でもとっても柔らかいんです。草履より厚みもあります。「布ぞうりを編む為に最初にジャージの長い紐を編みます。その紐を職人さんが一足一足草履のかたちに丁寧に編み込んでいきます。」と説明書きが。軟らかさもそうですが、足の指を自由にできる草履って、気持ちがいいですよね。そばに置いてあったSOUKI の指が分かれている靴下を合わせたくなります。

>>>MERI

室内履きのABE HOME SHOES。こちらは通常のスリッパに、シューズ型、それに草履型も。このファクトリーブランドがある山形の米沢織とのコラボの、絹でできたスリッパもあります。同じデザインでそろえてもいいし、色違いにして家族の誰のスリッパか決めておいても便利かも。

>>>ABE HOME SHOES

その他のファクトリーブランド

AMMUNEはデザインから編んで形にするまでを一人と一台でできるようにしています。この「ホールガーメント」という技術で作るニットウェアは、優しい仕上がり。こちらも山形県のブランドです。

>>>AMMUNE

BOTANICANONは鹿児島県からのナチュラルコスメ。天然由来100%、ハーブ栽培から抽出製品化まで一貫していて、「食べられる化粧品」だそうです。

>>>BOTANICANON

今回ご紹介しきれなかったファクトリーブランドもありますが、どれも工場十貨店のコンセプト通りに『産直生活』を豊かにしてくれるものばかりでした。

工場十貨店
HP: https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/1386154.html
所在地: COREDO室町テラス2F 「誠品生活」内
住所: 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3丁目2−1 日本橋室町三井タワー営業時間: 10:00〜21:00
TEL: 03-6262-1334
定休日: COREDO室町テラスに準ずる

[All photos by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro/ライター&フォトグラファー

旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事