CATEGORY

POSTED BY ライター・エディター・ディレクター たい 掲載日: OCT 2ND, 2021.

47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権!【39】「紀の国仕立てカレー」|和歌山県

みなさんどんなカレーが好きですか? ビーフ? ポーク? チキン? 日本全国にはご当地食材を使ったクマやトマト、サクランボなど、ご当地カレーが目白押し! インパクトが強すぎてその味まで舌が追い付けないこともありますが!? お家で楽しめるお取り寄せご当地カレーの第39回目は、和歌山県の「紀の国仕立てカレー」を紹介します。

ご当地レトルトカレー和歌山県紀の国仕立てカレー

和歌山の名産! 梅干しを使ったご当地カレー

和歌山県の名産といえば、何といっても梅干し! 全国でも第1位の梅の生産高を誇り、そのシェアは70%に迫るほど。 

そんな梅干しの甘みと酸みを隠し味に生かしたカレーが「紀の国仕立てカレー」。ピンクの梅のイラスト内には“梅干し入”の表記が。“隠し味”というところが気になりますが、梅干しが丸々入っていたら驚きです!

ほのかに香る梅干しはどこだ? どこだ?

パウチを開けてふわっと甘酸っぱい梅の香りを期待したのですが、残念ながらスパイシーなルーに負けてそれはナシ。その代わりというわけではありませんが、予想をはるかに超える、食べごたえありそうなポークが2枚とろりと出てきます。

これは、おいしそう! 厚めにスライスされた三枚肉は、脂身もしっかり肉々してとろ~り。ところで梅干しは? ルーの海を探したのですが残念ながら見つからず、丸ごとの状態では入ってない模様。ルーにはタマネギなのか梅干しなのか判別できませんでしたが、果肉が溶け込んでいるよう。

食べ進めると後味など、ふとした瞬間にほのかに香る甘酸っぱさ。“梅干し入”と言われなければスルーしそうなほどですが、梅干し特有の甘酸っぱさは健在! カレーに奥行きとアクセントを与えています。

甘酸っぱい梅干しの風味は隠し味

梅干しが主役になることはありませんが、名脇役としてほのかな甘酸っぱさを奏でる「紀の国仕立てカレー」。まさに“隠し味”というように、絶妙な加減で梅干しのやわらかな香りを楽しめます。

食べているときはそれほど感じませんでしたが、食後に体の中からポカポカと熱くなるような、スパイシーさを秘めたルーも注目です。

【紀の国仕立てカレーDATA】
インパクト ★★☆☆☆
甘さ      ★★★☆☆
辛さ      ★★★☆☆
おいしさ   ★★★☆☆
(おいしさ/★リピートしない ★★1食で十分 ★★★おいしくて満足 ★★★★リピートしたい ★★★★★探してでももう一度食べたい)
※あくまでも個人的な見解なのでご参考程度に!

【紀の国仕立てカレー】
360円(税込)
内容量:200g
賞味期限:―
[わかやま紀州館]
[楽天]

[All Photos by ©tawawa]


>>>【神アレンジ】「かじるバターアイス」を「ココナッツサブレ」で挟んでバターアイスサンドを作ってみたよ

>>>【グランスタ東京】買えるのは10月29日までの毎週金曜日のみ!とらやの秋限定「栗粉餅<くりこもち>」実食ルポ

>>>【実食ルポ】約7倍!1人は絶対危険な「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」を食べてみた

たい

tai/ライター・エディター・ディレクター

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌などで豊富な取材を経験。お家で仕事をすることも多いライターだから、“家もいいよね”といえる「イエモネ」な居心地は大切! 読者やユーザーの案内役・ナビゲーター的な距離感を大切に、ライフスタイルにヒントやうるおいを与える情報を発信。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

お取り寄せの記事