CATEGORY

POSTED BY ライター・エディター・ディレクター たい 掲載日: SEP 19TH, 2020.

47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権!【13】フォン・ド・ヴォー仕立ての「100時間かけたビーフカレー」|兵庫県

みなさんどんなカレーが好きですか? ビーフ? ポーク? チキン? 日本全国にはクマやトマト、サクランボなど、ご当地食材を使ったご当地カレーが目白押し! インパクトが強すぎてその味まで舌が追い付けないこともありますが!? お家で楽しめるお取り寄せご当地カレーの第13回目は、兵庫県の「100時間かけたビーフカレー」を紹介します。

ご当地カレー100時間かけたビーフカレー

神戸の香りをまとった100時間カレーのこだわり

“100時間”というネーミングインパクトをもったカレーは、神戸で作られているということも手伝って、どこか洋食の香りをまとう洗練されたパッケージ。

100時間とは・・・ 「カレールーの焼き上げ・熟成」に23時間、「仔牛骨等のロースト・フォンの煮出し」に32時間、「野菜のソテー・熟成」に44時間・・・ 全部合わせると118時間もかかっているではありませんか! しかも化学調味料は一切使用せず、食材本来のおいしさを引き出すことにこだわったのだとか。

パッケージを開けてパウチを取り出すと、パウチにもイラストが! 多くのレトルトカレー、パウチまで気は払われず飾り気のない単色が多いのですが、コ、コ、これは、かなりのこだわり! その味への自信が伺えます。

牛骨・野菜・果物が重層的で豊かな風味

パウチの封を開けると立ち上る、バターや野菜、果物の甘くて重層的な香り。仔牛骨などからとられたフォン・ド・ヴォーに、飴色になるまで煮詰められたタマネギ、バナナピューレ、リンゴピューレ、トマト、マンゴーなどのフルーツペーストが加わり、一晩寝かせて作られるルーは、濃厚さある濃いこげ茶色。

ピューレ状の野菜や果物も感じることができ、じっくり3時間かけて煮込まれた、牛肉ブロックが3~4個入っています。

牛肉の風味に加え、野菜や果物の甘みや酸みが押し寄せ、後味にスパイスがほのかに立つバランス感は、何度も口に運びたくなるおいしさ! “100時間”の名の恥じぬ豊かな風味をもっています。

100時間シリーズで楽しめる素材のおいしさ!

なんとこの「100時間かけたビーフカレー」には、「100時間かけたスパイシーチキンカレー」「100時間かけたハヤシ」などの兄弟分も。手間を惜しまず、素材の旨みを引き出し、化学調味料を使わないその味は、“100時間シリーズ”で楽しむことができます。

【100時間かけたビーフカレーDATA】
インパクト ★★★★☆
甘さ      ★★★☆☆
辛さ      ★★★☆☆
おいしさ   ★★★★☆
(おいしさ/★リピートしない ★★1食で十分 ★★★おいしくて満足 ★★★★リピートしたい ★★★★★探してでももう一度食べたい)
※あくまでも個人的な見解なのでご参考程度に!

【100時間かけたビーフカレー】
429円(税込)
内容量:200g
賞味期限:―
http://www.mcc-tuhan.jp/
[楽天][amazon]

[All Photos by (C)tawawa]

>>>「47都道府県お取り寄せご当地カレー選手権」バックナンバーはこちら

>>>【食のプロが食べ比べ】永遠の定番もシェアNo.1商品も!レトルトカレー定番5品を比較

>>>無印良品のレトルトカレー人気ランキングTOP10位発表!実食ルポもね

たい

tai/ライター・エディター・ディレクター

10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌などで豊富な取材を経験。お家で仕事をすることも多いライターだから、“家もいいよね”といえる「イエモネ」な居心地は大切! 読者やユーザーの案内役・ナビゲーター的な距離感を大切に、ライフスタイルにヒントやうるおいを与える情報を発信。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

お取り寄せの記事