CATEGORY

POSTED BY ライター 林美由紀 掲載日: NOV 15TH, 2019.

鳥好き用ラーメン「インコラーメン」11月15日<いいインコの日>に発売

11月15日といえば、子どもの3歳、5歳、7歳の成長を祝って社寺に参詣する「七五三」の日であり、「昆布の日」や「かまぼこの日」「きものの日」でもあるようですが、日付の語呂合わせをすると「いいインコの日」でもあるのです。そんないいインコの日に、愛知県西三河のご当地ラーメン「キリマルラーメン」からインコ好きの為の「インコラーメン」が発売されます。

インコラーメン 鳥好き用ラーメン インコ  キリマルラーメン キリンラーメン ブンチョウラーメン 文鳥ラーメン

>>>可愛すぎる動物モチーフのグルメ&雑貨をもっとチェック!

幅広い世代から愛される「キリマルラーメン」に新しい仲間「インコラーメン」が登場します!

キリマルラーメンとは

最近では雑貨店やセレクトショップなどでも取り扱われていたりするので、目にしたことがあるという方も多いかもしれません。昭和40年に愛知県碧南市の小笠原製粉株式会社が、愛知県の中部に位置する西三河地方を中心に発売したご当地ラーメンです。

当初は「キリンラーメン」として発売されており、その後、名前を「キリマルラーメン」に変更。

現在では、「イルカラーメン(塩とんこつ味)」「アザラシラーメン(ごましょうゆ味)」「カレイラーメン(カレー味)」「チンアナゴラーメン(みそ味)」などの生きものをモチーフにしたラーメンを始めとして、「キリマルラーメン」をモチーフとしたおやつやTシャツなどのアイテムを販売しています。

それ以外にも、さまざまなコラボレーションラーメンも作っています。

平成10年に一時生産を中止しましたが、熱い要望で復活したという、 地元のみなさんのソウルフードなのだそうですよ!

キリマルラーメンのこだわり

復活を遂げたキリマルラーメンは、地元に恩返しがしたいと、原材料を外国産から国内産に変更し、大半を地元産にしたといいます。地元農家の方が小麦以外にも、大豆や米を二毛作で作っていたので、麺に豆乳・米粉を混ぜて使用するようになったのだそうです。

麺をゆでたときに豆乳が溶け出しまろやかになり、米粉が入っているので「もっちり」とした食感を実現しています。

インコラーメン

そんな「キリマルラーメン」の新しい仲間として、11月15日のインコの日に発売されるのが「インコラーメン1食詰クリーミー塩とんこつ味」です。

今年5月に発売して以降、鳥好きの心を鷲掴みにしている「ブンチョウラーメン」に続き、鳥好き用ラーメン第2弾となる「インコラーメン」は、東京・台東区にある「ことりカフェ」とコラボレーション。

インコのふんわりとしたクリーミーな香りをイメージした塩とんこつ味のラーメンです。

11月2日(土)~11月3日(日)「鳥フェス名古屋2019」のことりカフェのブースで、小笠原製粉株式会社のオンラインショップでは既に先行発売が開始しています。

「キリマルラーメン」はカラフルでレトロなパッケージも、なんだかウキウキしちゃいますね!

色々な種類があるので、まだ食べたことがない人は、好きな味を見つけてみてはいかがでしょう。

「インコラーメン」はいいインコの日、11月15日に発売です!

>>>可愛すぎる動物モチーフのグルメ&雑貨をもっとチェック!

商品名:インコラーメン1食詰クリーミー塩とんこつ味
価格 (税別): 238円円
個数/容量: 1個
URL>>> https://ogasawara.shop-pro.jp/?pid=145906843

[@Press]

林美由紀

Miyuki Hayashi/ライター

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスライター。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、クモの巣、絵本、漫画、子ども、ヘンテコなもの。いつか絵本作りに携わりたい。大きくなったらなりたかったものは考古学者とコピーライター。子は男の子2人。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事