CATEGORY

POSTED BY ライター/食育インストラクター こもり 掲載日: JUN 17TH, 2020.

【鳥取県お取り寄せルポ】舌でとろける!<あかまる牛肉店> 和牛ベーコン

山陰地方の鳥取県は、温暖な気候で四季の移り変わりがあざやか、美しい自然に恵まれています。そんな鳥取県からお取り寄せしたのは、鳥取和牛専門店「あかまる牛肉店」の「和牛ベーコン」。鳥取和牛の最高級部位「三角バラ」から作られた和牛ベーコンは「オレイン酸」を多く含むA5ランクの和牛を使用した霜降りの入った高級ベーコンです。さらっとした上質の脂とろけるベーコンを実食ルポ!

【あかまる牛肉店】和牛ベーコン

超高級! 【あかまる牛肉店】和牛ベーコンをご紹介

はるばる鳥取県から届いたのは、今話題の健康成分「オレイン酸」を多く含むA5ランクの和牛を使用した、霜降りが入った高級ベーコン。鳥取和牛専門店【あかまる牛肉店】からのお取り寄せです。ベーコンというと、通常は豚のバラ肉が一般的ですが、【あかまる牛肉店】では焼肉店で「特上カルビ」として出される極上部位『三角バラ』という、和牛の中で最も柔らかく霜降りの多い部位のみを使用して作られています。

独自に配合したソミュール液に2週間漬け込んだ後、柔らかさ、ジューシーさを損なわないように低温でじっくりと加熱。香り高い桜の燻製チップを使うことで、和牛のココナッツミルクのような甘い香りと、それを邪魔しないような桜の上品な香りをまとわせています。内容量160gで7,020円(税込・送料別)。

冷凍で届いたベーコンを一晩冷蔵庫で解凍してから袋から取り出すと、燻製のよい香りが漂いました。

見て下さいこの霜降り具合を!ベーコンの側面は芸術的に美しい霜降り模様です。

見るからに高級感があり、なんだか切るのがもったいない!

腹を括って恐る恐る切ってみると・・・何という美しいピンクなんでしょう!

実食! 【あかまる牛肉店】和牛ベーコン

まず最初はそのままいただいてみたいと思います。紺色のお皿に移すと、その美しさが際立ちます。

口に入れると広がる燻製の香りは強すぎず上品です。塩気も控えめてちょうどよい。そして何より広がる脂の旨味は極上。舌の上でフワーッととろけていきます。しつこさがなくさらっとしています。

焼いてみました

表面がカリッと香ばしくなるまでサッと焼き、相性のよいわさびや醤油とご飯にのせて食べるのがおすすめと書いてありました。

白ご飯とわさび、醤油を1滴垂らしていただきます!噛みしめるとベーコンの表面はサクッとしていて、上品な味わいの脂が洪水のように溢れ出します。わさびと合わさることで爽やかさが加わり得も言われぬ旨味が広がりました。

わさび

先ほどの炙ったわさびのせベーコンがあまりにもおいしかったので、もう一度そのままのベーコンに戻り、わさびをのせていただきました。
わさびの爽やかさを纏ったベーコンは牛刺しのようで、舌の上でとろけながらスッキリと旨味を広げ潔く去っていきます。燻製することで牛肉の旨味が凝縮されていて、はぁ〜、美味!

じゃがいもと焼いてみました

先ほどベーコンを炙ったとき、上質な脂がフライパンに流れ出るのを見て、貧乏性な筆者が思ったことは「もったいない!」でした。あの溶け出た脂もおいしかろうとじゃがいもと一緒に焼いてみることに。
ベーコンに火が入りすぎないようにじゃがいもは一口大に切った後レンチンして火を通しておきました。
これがとってもおいしい! ベーコンから溶け出した脂をじゃがいもに絡めて一塩。食べれば燻製の香りと上質な脂でじゃがいものおいしさは極上に。
このベーコンは、溶け出た脂も無駄にできない!

【あかまる牛肉店】の和牛ベーコンは、鳥取和牛専門店の技術と熱意を感じられる絶品ベーコンでした。「日本に和牛あり!と世界に知らしめる加工品を」という思いから作られたとのこと。鳥取和牛の凄さ、感じることができました!
特別な日や特別な人と味わいたいベーコン。お取り寄せしてみませんか?

高級 厚切り鳥取和牛 和牛ベーコン約160g
内容量:160g
価格:7,020円(税込・送料別)
サイズ/寸法/重量約:40mm×95mm×55mm
賞味期限:冷凍で1年、解凍後は冷蔵で2週間
https://www.47club.jp/34M-000063mdz/goods/detail/10135457

※時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。

[All Photos by Komori]

>>>【鳥取県お取り寄せまとめ】和牛ベーコンから白いかまでおすすめグルメ土産12選

>>>【石川県<加賀の國>お取り寄せまとめ】海鮮グルメから和菓子までおすすめ土産19選

>>>【ランキング】人気お取り寄せグルメ&スイーツTOP15!おいしくおこもり。

こもり

Komori/ライター/食育インストラクター

東京の片隅で夫・娘2人・黒猫と暮らしている新米ライター。広告代理店制作部、デザイン事務所などでのグラフィックデザイン仕事を経てフリーランスに。食べる事が好き過ぎて、遂に!食べ物への愛を文字に乗せて発信することに。美味しい!と思ったものは何回も食べてしまうタイプです。特にいか・エビ・寿司・ラーメンに目がない。

関連するカテゴリの記事を読む

RECOMMENDおすすめ記事

お取り寄せの記事